こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ある病院での出来事、お力をお貸し願いたいです。

「骨折」という事で家族が入院。
「股関節の手術」をすることで・・現在寝たままになっている状態です。

尿も自然に出る「管」から。
「便」はおむつで「看護師さん」がチェックしにきて大変御世話になっています。

今朝病院からの電話で・・
早朝4時頃に「下血」があり、6時の時点で300ccくらいの下血だったという事から「骨折の手術」は先に延ばすことになったのですが・・。

「下血」の原因および「何かの異常、病気?」という点から「整形外科」より「消化器外科、外科」の方で今日午前中に「大腸内視鏡」の検査をさせていただきました。

その様な状況だったので「通常の内視鏡の検査」とは違い、そのままの状態で急遽・・内視鏡をして頂きました。

勿論「下剤」で腸を空にしていない為「完全なる通常と同じ検査」はできないだろうとは私も判っていましたが・・。

結果的に・・どこからの出血かわからない、原因もわからない・・
そして検査終了後30分くらいで下血はなくなったという事です。
まめに看護師さんがチェックしてくれましたが、もうすっかり下血はしていないとの様子です。

何も「飲み食べ」不可能なので4日後に更に「内視鏡検査」をするとの事ですが・・確かにきちんとした状況での内視鏡は、医師側としてもやりづらく、判断もしにくいことが予測されます。

しかし・・その「下血」に関してのある程度の原因や細かい判断を聞いてから、そしてその状態を普通の「腸」に戻す方向に治療などしてから、最初の一番の目的の「骨折の手術」をして頂きたい方向に進んで欲しいのです。

でも・・このような下血などが起き、4日後の更なる内視鏡検査でもわからないときはわからない。
そのような状況がよくある・・などと言われました。

その場合「骨折の手術をすること」が、心臓への負担、麻酔、その他の「内臓的なリスクを伴うことが多い」・・という事を考えると、

骨は固まり痛みも無くなるので「車椅子の生活」で退院して過ごす事を進めるような言葉を医師から頂きました。

私は・・そんな先の話より、今現在の「腸」に関しての部分の細かい結果や説明をきちんと聞いたうえで「骨折の手術」をできる方向に少しでも持って行って頂ける流れで進んで欲しいと思っています。
まだ、この先書きたいことがあるのですが・・。
ここまでの状況で・・この進み方などから考えた流れは果たして適切な方向としてのやり方なのか??
是非・・ご意見やアドバイスをお願い申し上げます!!

宜しくお願い致します!!

投稿日時 - 2009-02-16 23:58:55

QNo.4724126

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

nononorikoさんが考えるよりも医師はまじめです。
特に細かい事に念を押さなくても、患者さんのためには何が最良か、
色々と考えているものですよ。
個々の医師の性格とは関係なく、そう考えるようにトレーニングを
受けています。

むしろご家族から色々と細かい指示を受けると変なプレッシャーを
感じて肝心の処置が上手く行かなくなったりする事さえあります。
毎日病院に行って担当医に病状を尋ねるのも良い結果を生みません。
一般の病院だと1人の医師が大体10~20人の患者さんを担当しますが
十分に説明をしようとすれば最低30分は時間がかかります。その準備
も入れれば十分な説明がどれぐらいプレッシャーになるか判ると思い
ます。

ご本人からでも細かい指示が来ると担当医の調子は狂っちゃいます。
いくら指示が的確でも調子が狂うのは一緒で、だから、「医師が患者
になると担当医にとっては最悪の患者になる」という諺があるぐらい
なのですよ。

患者さんの病状を複数の家族が別々に主治医に尋ねるのも良い結果に
はなりません。例えば主治医が同じ事を患者さんの息子さんと娘さん
に言ったつもりでも受け取る側の印象が異なることは良くあります。
そうなると「あの医者はお兄ちゃんに言ったことと私に言ったことが
違う。きっと裏表のある不正直な医者に違いない」と言った話になり
話がこじれるのです。
病状を複数の医師に別々に尋ねるのも同じで良い結果にはなりません。

入院後に下血というアクシデントもあったのでご不安はわかりますが、
今ご家族が入院している病院の担当者は整形外科の担当医も消化器外科
の担当医も医師の目からみて適切な判断をされているように思います。

「病状がどうなっているか判ったら、家族も交えて説明して欲しい」
主治医の先生にはこれだけをちゃんと言っておけば十分あなたの心は
伝わると思います。
もちろん「相手の医師がまったく信頼できない」と言うことであれば
取る対応は違ってきますが、できれば担当医は信頼してみて下さい。
後は病状説明のときに心配しているご家族が連れ立って話を聞くのが
良いと思いますよ。

投稿日時 - 2009-02-20 00:14:11

ANo.4

救急で入院となるとその間は当直医が主治医代理になることが多いです。つまり休み中は次々変わります。しばらく空白はそう言った事なのでしょう。
月曜日になって割り当てられた医者が主治医なのでしょう。診療計画書にちゃんと主治医と受け持ち医などが書かれてきます。
要するに「翌日からも、病棟ではすべてその医師に御世話になっています」はその医者が自発的或いは整形外科医局として貴方の御家族への治療への配慮から継続して対応に当たっている可能性が高いです。日本の医療システムの腐った所ですが、かといって彼らは無給で奉仕している状況と承知いただければ、彼らの自発的姿勢がご理解頂けるのでは無いでしょうか。そうで無ければ当直医のリレーで診療を行えと言うのが日本の貧乏医療システムです。もっと医療給付をあげて人件費を出さないと人は雇えません。医者不足と言いつつ実は人件費さえも払っていない現実をかいま見られたのでは無いでしょうか。
あと、外来をしていないと言うことは専攻医などの非常勤医者の可能性が高いです。よって主治医が専門医などのサポート付きなのでは無いでしょうか。未熟な面も有りますが(多分説明の至らなさもその辺なのでしょう。慣れてくると口は達者になります・・・。)、かといって職務を超えて患者のために働く姿を知っていますので(経験してきましたので)、その面は理解してあげて欲しいです。要は主治医が顔をだして貴方かたを安心させる必要が有るように思います。
少なくとも整形外科入院中であり、消化器科から言えば勝手に物を申す立場では有りません。
よほど急ぐ場合やそれこそ命に関わる場合は土俵なんて無視する事も有りますが。

投稿日時 - 2009-02-17 23:03:25

補足

こんばんは!
御礼の文字数を超えてしまう為・・この場に御礼と、その他を書かせていただきます!
申し訳ありません!!
またまたのアドバイス!
そして、専門家様という立場からのお答えを感謝しています。

NETPC様のお答えのように・・その急患で初めてお会いして、今でも関わってくれている。
色々、わかる範囲で教えてくれているA医師さんは・・。
とても頑張っていらっしゃる様子に見えます。

そのA医師が・・どのような力を持っているのかわかりませんが・・。
信じていながら私も行動しています。
実際・・医局で3年目ということですし、まだまだ未熟な点もある・・などという医師ご自身の気持ちもあるようですが・・。
私は・・めぐり合った時・・その瞬時、もしくは接していてのその医師から、本人は「未熟」といっても信じる方向に見える医師ですので今回は信じます。

病院全体があまりにも色々あるようですが・・どこも同じかな?
もしくは・・病院そのものより、関わることになった医師(個人)との流れだと思っております。

あとは・・更なる「下部内視鏡の検査」の結果により、本来の整形外科のほうの進み具合を考える時が来るのだと思っています。

NETPC様は・・ちなみに何科の専門医なのですか??
たぶん・・整形外科?でしょうか?

金曜日に行われる再度の・・消化器外科による「内視鏡検査」を受ける前にあたり・・。

A医師にでも、消化器外科医の方にも、こちらから
「こういうところをきちんと・・」とか
その他・・検査する前に・・
悪い、意地悪な言い方かもしれませんが・・。
徹底的にきちんと検査してもらえる「決定的なお願いを含めた、それでいてきちんと意識を持ち、責任を考えて行える様な言葉、台詞」

それを教えていただきたいです。
私は・・自分の命をかけて・・とまでは言えませんが・・。
同じくらいに家族を守りたいです!
ですから・・医師が「きちんと検査を細かくやる!そしてきちんと患者側に報告しなければならない!!!!!!」
・・と思うような言葉を優しく告げてから検査を始めてほしいのです。

なぜなら・・前回も書きましたように・・私の家族が以前イマイチわからない言葉、説明に流されながらも悲しい思いをした病院とその医師群が今回の検査をするからなのです!
大げさな書き方で、しかも御礼の言葉を述べる部分に・・大変失礼な、このような「逆質問」的なことを書いてしまいましたが・・。
それだけ・・ある意味では「賭け」に近い状況の病院ですので・・。
申し訳ありませんが、更なる知恵をお貸し願えたら有り難いです!!

そして改めて・・今回も沢山のアドバイス、知らない事、お答え・・。
本当に有難うございます!!
沢山お書き下さって・・さぞ、お疲れになった事でしょう!
でも・・私にとっては本当に心から有り難いアドバイスである事と心から感謝しています!!
本当に有難うございました!!!

投稿日時 - 2009-02-19 01:20:48

ANo.3

通常主治医がいる場合は話を混乱させるので、必要な場合にしか横やりを入れません。
この場合、出血源が見つからなかった、そう言ったことは良くある、次回は上部消化管内視鏡と言われています。
非常に明確な結論であり、出る必要がまだ無いと感じている可能性があります。
それでも実際に聞きたければその様に進言すると良いです。
ただ、専門医の意見を最終的に統合するのは主治医であり、今度はそう言った総合的な「流れ」を言う立場では無いことを理解しておいて方が良いです。

投稿日時 - 2009-02-17 02:24:32

お礼

お答え有難うございます!
まず・・「主治医」の件ですが・・。
これもまた不思議で・・。
今回「骨折」に関しては救急で運ばれたまたま当直で居た医師が「整形外科」というところから、
レントゲン、その他の検査を夜にやり即、入院という形になりました。
翌日からも、病棟ではすべてその医師に御世話になっています。
どうやら外来ではなく「手術」や「入院患者さん」のほうを主に担当している様子に思われます。
入院のベッドに「主治医」と「担当看護師」の名前が書いてあるはずがしばらくの間は名前の部分が空白になっていました。
でも・・その医師と看護師さんはよく来てくれる方に御世話になっています。
しばらくして名前が書き出されましたが(ベッドのボードに)
主治医は別の医師の名前が書かれてあります。・・が
その書かれてある先生は一度もご挨拶ができたこともなく、お話や伝達・・そして実際の手術も、最初の医師がするとの事で流れが進んでいます。
そんな時・・消化器系のこのようなことが起こってしまったわけです。
ですから・・本当の主治医は??・・と言う感じです。
専門家様・・と言う立場からお答えを有難うございました!!
感謝しております~!!

投稿日時 - 2009-02-17 22:20:56

ANo.2

状況を客観的には書いて頂いていないので推測するしかないですが、
おそらくご家族はかなり高齢で骨粗鬆症になっておられますね。
何かの拍子に転倒して大腿骨の頚部辺りを骨折されたのでしょうか?
体重が支えられないし今は完全に寝たきり状態のように見受けます。
当初は折れた骨と股関節の部分を金属性のものに置き換える手術を考えておられたように思います。

ところがご家族の方は、脚腰は痛いし手術があると聞いてストレス一杯
(ちゃんと看護してもらってもストレスは感じます)
小腸か大腸かは判らないけど消化管出血で下血をしたわけですね。
腸からの出血は比較的止まりやすいですが、自然に止血する保証はないので、
この場合、不完全でも良いので出血場所を調べる努力をするのですよ。
幸い一時的に止血はしたようですが、また出血するかもしれないし、
出血するような病気(大腸がんとか)もあるかも知れないので、
落ち着いてから内視鏡の再検査は必要ですね。
担当の消化器外科の先生は再検査したら結果を説明するつもりなので、
ご家族の腸が今どうなっているかなど自分でも判らない話はしません。

骨の手術は身体に負担がかかるし出血もするので先延ばしすることになったようですね。
そうすると骨折の方は不完全ながらくっついてしまいそうだし、
寝たきり状態が長く続くと筋肉が落ちて歩くことも出来なくなるかも知れません。
それより車椅子にのってでも快適な生活を過ごした方が良いかもしれませんね。

今までの話を総合すると整形外科と消化器外科の担当医の先生方の
勧める方向は極めてまっとうだと思いますよ。

あなたの希望どおりにあなたのご家族(おばあさんでしょうか?)の身体が良くなれば一番良いのですが、
いつもそんなに希望どおりに行くわけではありません。

今の状況で何がご本人にとって最良かを考えながら担当医の先生に相談するのが一番良いと思いますよ。

投稿日時 - 2009-02-17 01:38:31

お礼

長文にわたるとても有り難いアドバイスをほんとうに感謝いたします!!

確かに「リスク」の面で考えると・・2つから選択・・と言う形になりますよね~!!

でも・・今日の段階では「出血」も止まっているみたいですし・・。
・・かといって油断はできませんし・・。
とにかく金曜にもう一度「大腸内視鏡(下部内視鏡)」を再度行う事になっておりますので・・。
その結果によって、これから先の更なる選択が決まってくると思います!!

その医師も・・確かに先のことではありますが、今の段階から
「こうなるかもしれないので・・・」という感じでお話くださったのかもしれません。

とにかく、再度の検査(内視鏡)によりどのような状態になっているのかを詳しく教えていただくように心がけ、先の方向へ向かう事・・。
そして、本人の希望を中心にして色々決めて行きたいと思っています!

沢山のアドバイスを書いていただき本当に有難うございました!!
感謝しています~~~!!!!

投稿日時 - 2009-02-17 22:28:14

ANo.1

担当医が、整形外科医なら、消化器系は解らないと思います。その専門医で、判断していただくしかないのでしょうね。その病院は、消化器内科医は、お見えにならないのでしょうか?

投稿日時 - 2009-02-17 00:16:19

お礼

お答え有難うございます!!
勿論・・今日「内視鏡検査」をしていただいた医師は「消化器外科医師」です。

しかし・・入院病棟が「整形外科」
そしていま実際にかかっている、入院本来の目的は「骨折の為の股関節の手術」でした。

この手術が何日か後に控えている間にこのようなことが起こったのです。
ですから・・「消化器外科」の医師からの説明が聞きたかったのですが・・。
今日は・・とにかくいつもの「整形外科医師」からの伝達。
たぶん「消化器外科医師」からの伝達の伝達だったのだと思います。

その整形外科医師は「この骨折の手術はできますが・・」とおっしゃっていました。

でも「内科的のリスクを考えると・・」というところから・・。
整形外科医は「骨が固まって痛みが無くなる」
なので・・痛みが無く、車椅子生活でこの先過ごす・・と言う方向の内容を突然おっしゃってきたので・・。

ずいぶん話が飛びすぎる!!!と感じてしまったのです!
4日後にもう一度内視鏡をやります。
このときは外科医師から説明して頂きたいとお願いいたしました!

整形外科医が消化器系がわからない云々・・ということより
今日こちら側に医師から言われた内容があまりにも・・
もっと先の方向へ進んだ上で、色々な結果や、原因になるものなどの話をしてくれた上でなら・・また別に考えたかもしれません。

要するにこの流れについてお聞きしたかったのです。
医師側(病院側)から患者側への・・。

早速のお答え有難うございました~!!

投稿日時 - 2009-02-17 00:51:21

あなたにオススメの質問