こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

競馬の出走馬は、いつレース日を自覚するのでしょうか?

  競馬場で、いつも気になっていたことですが、出走馬は何日前くらいに、
レース日を自覚するものなのでしょうか?(あるいは、させる)
 自分なりに、クイズ形式で考えてみました。
A, レース何日か前、出走馬・馬主・調教師等がそろって儀式をするので。
B,   ゛      、餌が急に豪華になるので。
C,   ゛      、トレーニングがレース用メニュウーに切り替わるので。
D, 競馬場のパドックに引き回されて、はじめて自覚する。

以上はたして、当たっているものがあるでしょうか?
ご存知の方、ぜひ、教えてください。 
 また、人間の陸上中・長距離レースでは、ゴール後よく倒れこむ選手がいますが、
競走馬の場合は、ゴール後も余裕(?)でコースを流しています。
あれは、レースで精一杯走っていたのでしょうか? 
それとも、馬のダメージのことを考え、やや抑えて走らせているのでしょうか?
合わせて、教えていただければ幸いです。
 なお、競馬会のホームページでも、質問してみようと探したのですが、
どこから質問に入ってよいのかわかりませんでした。
 

投稿日時 - 2009-02-19 11:41:26

QNo.4730558

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

一流馬はレースに合わせ自分で体重をコントロールすると
言います。
厩舎はレースに合わせ同じパターンで調整してきます。
2週前には強めの調教をしたり、開催週には大レースなら取材記者の
数が増え、緊張感が違います。
それで分かってくるのだと思います。

また、陸上の100mのレースもゴール後にすぐ止まれません。
リラックスして流すように走るのです。
ゴール後よく倒れこむのは5000mなど長距離です。
大レースでの大金と種牡馬になってからの価値の大きさから考え、
勝つチャンスがあればゴール前は目いっぱい追います。
ただ、掲示板に載るのが無理となれば、騎手は馬に負担が掛からないように
追うのはセーブします。
なお、餌を急に豪華などしてはお腹を壊します。
動物は結構デリケートです。

投稿日時 - 2009-02-19 22:25:11

お礼

 貴重な情報、ありがとうございました。
>開催週には大レースなら取材記者の数が増え、
>緊張感が違います。
なるほど、それもありましたね。

>ゴール後よく倒れこむのは5000mなど長距離です。
馬にして見ればそのサイズからして、陸上競技の300m前後のレースとおなじ距離なのでしょう。それなら、へたる馬がいないこともわかります。

>動物は結構デリケートです。
たしかに、普段と違うことは禁物でしょうね。

皆様のお話をお聞きしてつくずく思うのですが、動物は、とりわけ勘が鋭いと聞いており、まして競走馬はレースのために、生まれてきたようなものですから、状況判断は我々の考えるはるか上をいっているのかも知れません。
わざわざ、馬に自覚などさせなくても、きっとそれを自ら感じとることでしょう。
  色々とご丁寧に、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-20 12:41:10

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

馬によるでしょうね。
周りの人間のぴりぴりしだしたムードに反応する馬から、ゲートに入る時点で分かる馬。普段の調教とレースの違いも分からない馬もいるでしょうね。

ゴール後の馬の息遣いはすごいですよ。決して余裕じゃないです。クールダウンでしょう。
それに、競馬はせいぜい4000メートルくらいまで。馬にとっては、人間で言う長距離にはあたらないでしょう。

投稿日時 - 2009-02-19 18:17:34

お礼

  早速の返信、ありがとうございました。 
いままで、ずっと気になっていて、周りの人に聞いてもなかなか
相手にされなかったので、たいへんうれしく思っております。

 >馬によるでしょうね。
そうですね。人間と同じくさまざまでしょうね。

 >クールダウンでしょう。
そういったことが必要なのだろうと、自分も思ってきました。
 ただ、ごくたまには、人間の競技者のように、「もう、これ以
上はとてもーッ」とへたり込む馬があってもよさそうなものと、
考えていたものですから。(^^)
 
 >競馬はせいぜい4000メートルくらいまで。
  そういえば、モンゴルのナーダム祭で、草原で行われる少年
同士の競馬を(かなりの長距離走)、以前テレビで見たことがあ
るのですが、よりによって、テレビが追い続けていた少年の乗っ
た馬が、ゴール直後オーバーワークで急死したのですが、それは
おそらく、馬にとって過酷な、また、専門的なトレーニングを受
けず、そのクールダウンをしていなかったのかも知れません。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-19 19:16:17

あなたにオススメの質問