こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

資格実務講座の受講料を返還してほしいのですが

こんにちは。
資格実務講座の受講料返還請求について教えていただければ幸いです。
私は、宅地建物取引主任者試験に合格しました。取引主任者として登録するには不動産業での2年間の実務経験が必要となり、私は4月までその資格がないので住宅新報社の「登録実務講習」に申し込みました。「登録実務講習」は実務経験が2年未満の者が受講し修了書を得ることで、実務経験と同じ資格を得られるものです。
講習内容はテキストが自宅へ送付され(自宅学習)、その後2日間のスクーリングがあり、修了試験を経て修了証が授与されます。
私は昨年12月に申し込みをし、今月スクーリングの予定だったのですが、仕事の都合が入ってしまい、いけなくなってしまいました。
スクーリングの日程は10月まで何回かあり、他の日に振り替えることは可能なのですが、3月に受講しても、私が4月で2年間の実務経験が得られてしまうので、実務講習は必要なくなってしまいます。
そこで、返金をお願いしたところ断られました。理由は申し込み時に返金できない旨の記載がある、他の人はそれでもあきらめてもらっている、ということだそうです。
当然、全額返金などは考えていません。教材は届いていますし、事務手数料なども取られて当然だと思います。ただ、当講習で一番重要なスクーリングと修了試験を受けていないので、一部返還くらいはあってもよいかと思います。
消費生活センターに相談したところ、大学受験において、昨今滑り止めの大学に支払った入学金が返還されたという判例もあるので、一概には何ともいえない、当事者同士で話し合ってくれとの回答でした。
提供するサービスの一部しか受けていない状態にもかかわらず、返金できないというところが納得いきません。
申し込み時に片隅に書いてある、申し込み後は返金できないという小さな文言がそんなに有効なものになってくるのでしょうか?
一般的に見れば難しいのかもしれませんが、最近はかなり消費者保護の傾向にあります。お教えいただければ幸いです。

投稿日時 - 2009-02-19 18:55:02

QNo.4731700

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

おはようございます。#1です。
再度回答します。
大学の件と一緒にして考えるのはいかがなものかと思います。
あくまで「滑り止め」「保険」の為の受験であって、そもそも入学を望んではいないことですよね。
資格講習の場合は、自ら望んでいるわけですから、申込書に記載している事項は了承していることと受け取られて当然ではないかと思います。
ただし、本当に小さく書いてあり、説明も受けていない。つまり、その事実を知らなかった場合、もしくは知ることが困難であると認められる場合は、その限りではないかもしれません。
いかがですか。

投稿日時 - 2009-05-24 09:11:51

ANo.3

>私は昨年12月に申し込みをし、今月スクーリングの予定だったのですが、仕事の都合が入ってしまい、いけなくなってしまいました。

先方さんの都合ではなく、自己都合ですよね

>スクーリングの日程は10月まで何回かあり、他の日に振り替えることは可能なのですが、3月に受講しても、私が4月で2年間の実務経験が得られてしまうので、実務講習は必要なくなってしまいます。

それなら、そもそも最初から受講申込する必要などないではありませんか。もともと不動産屋で働いていたのですから2年経てば勝手に登録できるのでしょう。
自分の行動の計画性のなさを暴露しているようなものではありませんか。

定食屋へ行って、食事を半分ほど食べて、半分残したから残した分を金にして返せ、と言っているようなものです。


>最近はかなり消費者保護の傾向にあります。

なんでもかんでも消費者は保護されるべき、という輩が世の中多いです。自分でした行動は自分で責任持つべきです。自己責任です。
そもそも「申し込み後は返金できないという」こと知ってて契約したのですから
ちとわがまま過ぎやしませんか?


あなたは、今度は業者として「消費者」相手に仕事するようになると思いますが、消費者から苦情きた場合、ちゃんとお金返す気になりますか?

先方さんはちゃんとサービスをしています、と。しかし、あなたの勝手な都合で行っていないだけですと。大学の件は、入学すらしていない場合ですと。だから返金に応じますと。
ごっちゃにしない方がよいのでは?


まあ、当事者同士でよく話し合ってください

お金戻ってくるといいですね。

投稿日時 - 2009-02-20 01:40:35

ANo.2

スクーリングが受けられないのも実務経験が得られてしまうから無駄になるになるのもすべて質問者さんの「一方的な理由」です。
大学授業料返金問題は「実際に入学していないのだから授業料は返還されるべき」という話です。
質問者さんのケースは「半年は授業を受けたが、自己都合で退学したので残り半年分の授業料を返してほしい」と言うことになります。
相手方が善意で応じれば返金されるかもしれませんが、それ以外では無理でしょう。

投稿日時 - 2009-02-19 22:59:01

ANo.1

こんばんは。
大学の件と一緒にして考えるのはいかがなものかと思います。
あくまで「滑り止め」「保険」の為の受験であって、そもそも入学を望んではいないことですよね。
資格講習の場合は、自ら望んでいるわけですから、申込書に記載している事項は了承していることと受け取られて当然ではないかと思います。
ただし、本当に小さく書いてあり、説明も受けていない。つまり、その事実を知らなかった場合、もしくは知ることが困難であると認められる場合は、その限りではないかもしれません。

投稿日時 - 2009-02-19 19:18:05

あなたにオススメの質問