こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

私は悪性リンパ腫を患っています。主人は治療を反対しています。

私は30代の主婦です。
悪性リンパ腫という病気を抱えています。
私の病気がわかったのは去年の11月頃でした。
わかってすぐに主人に話したのですが「俺は医者が嫌いだ。医者にまともな人間なんかいない」と言われました。
悪性リンパ腫という病気は癌の中でも最も抗がん剤が効きやすく、適切な治療をおこなえば比較的生存率が高いとされています。
私の家族、主治医は「ちゃんと入院して治療をしなさい」と言っていますが主人は私が抗がん剤治療をすること、入院することなどに反対なようです。
『環境を変えて空気の良いところで体に良いお茶を飲んでいれば癌は治る。抗がん剤を使うから死ぬ。』などと言っており、私が入院し抗がん剤治療をすることを良く思っていません。
しかし私はそんなこと(空気の良い場所でお茶を飲む)をしても助かるとは思えませんし主治医も「あなたの病気は抗がん剤治療をしなければどんどん進行していく。すぐに治療をしたほうが良い」と言われております。
病気がわかってすぐの時は私もパニックを起こしてしまいましたが今は適切な治療を受けたいし放置して死にたくなどありません。
入院の手続きは取っているのですが、主人は相変わらず「俺の言う事を聞かないんだったら俺は知らない。お前の親にでも面倒をみてもらえばいい」と言われています。
先週末、病院から連絡があり来月に入ってすぐに入院が出来ると言われました。
主人に入院して治療すると伝えたところ不機嫌になり暴言を吐かれてしまいました。
それでも私は「このまま放置してたら取り返しのつかない事になるのよ」と言ったのですが話にならず、一方的に暴言を吐かれ「好きにすればいいだろうが!!」と怒鳴られました。
その日から一切口を聞いてくれません。
主人の母親が主人と似た考えの持ち主です。
2年前に主人の父親が肝臓癌で亡くなったのですが、その時に抗がん剤治療をしたものの義父は助かりませんでした。
そういった事情があり余計に頑なになっているようです。
主人と姑は抗がん剤や病院に嫌悪感を持っている為、私が入院することや抗がん剤を使用することが嫌なようです。
あと数日で私は入院です。
このまま険悪な雰囲気のまま入院するのかと思うと悲しくて苦しいです。
主人は病院にも来ないと言っています。
副作用で苦しい時や髪の毛が抜けて恐怖を感じていても主人に頼ることさえ出来ないのは辛いです。
主人とどうすれば和解できるのか私にはわかりません。
私の両親の電話も無視していますし、私の兄弟がメールをしても返信もありません。
このままでは夫婦としての関係も危うい状況です。
私はどうしたら良いのでしょうか・・・・・苦しくてたまりません。

投稿日時 - 2009-02-23 20:31:45

QNo.4743240

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

大変お辛いですね。お疲れにならないでください。
貴方様は、体の状態という現実が大変、
御主人は、受け止める気持ちの解釈が大変、なのだと思います。

貴方様は何としてでも体を大切にして良くすることが一番大事ですね。
御主人には、人間は全員あなたも私もいつか必ず何かの理由で絶対に死ぬのは当たり前だけれど、でも今は奥さまの命を先に延ばす手段があり、それはする価値がある、ということをよく理解してもらいたいですね。
現実から逃げていらっしゃるのですよね?今までいろいろお辛かったからまだ気持ちが整理できていない状態のまま今に至るのかもしれませんね。心の底ではお優しいかたなのだろうなと思います、弱すぎるのかもしれませんが。

普通は、家族が明日死のうが40年後に死のうが同じ、とは考えられないはずです。
もっと頼んでみてはいかがですか?
今、自分は体も心も辛い、あなたは気持ちが辛いかもしれないがここを頑張るために今は支えてほしい、今は弱っている状況の私を困らせないでください、病気も怖いがそんなあなたが怖い、解釈だけの問題で体が健康なあなたは冷静にしっかりしてください、と。
お茶を飲んだり空気を吸ったり壺を買ったり宗教に入ったりして病気が治った話は聞いたことがないです。それで治ればいいな、とは思います。本当に治るなら誰が治ったのかその人に会って役立つ治し方を教えて欲しいですね。人が真剣な時に面倒くさい嘘は止めてほしいところですよね、イライラします。

私は離婚をし子供もおらず兄弟姉妹なく父親も他界、母は生きてはいるけれど病気です。
世の中の大部分の人は物事を頼める人がいるんだな、って時々思います。
今は頼める人を使っていいときですよね。

投稿日時 - 2014-02-28 04:05:25

ANo.17

大変お辛い状況ですね。質問者様だけでなく、ご家族も傷ついている事と思います。
病気で不安であるにも関わらず自分の無知な考えを押しつけてくるとは困ったものですね。
ご主人や姑さんは、先生から直接説明を受けていますか?医者嫌いという事はそれもされていないのでしょうか。
大変失礼なのは承知ですが、ご主人も姑さんも学習していないように思います。
お義父様が亡くなられた際の説明などもきちんと理解出来ていなかったのではないでしょうか。
また、質問者様のお命はご主人様の私物ではないですから、本来協力してしかるべきをされないのは
本気で向かい合っていないか、あまりに無知か、どちらかではないでしょうか。

無知の場合は難しいですね。カンフル剤となるような話をしないとなかなか動いてはくれませんから。
ましてや考えを変えるにはよっぽど気丈な態度で毅然と振る舞わないと、向こうもずっとズルズルする事でしょう。

同じような状況で先日APPLEのCEOが亡くなりましたね。
彼は膵臓ガンだったので、質問者様とは全く違うものですが、例としては使える話かもしれません。

病気は医者に任せるのが一番ですよね。
入院される事は正しいというより、当然のことですから質問者様の決断に間違いはないと思います。

実は私も立場は逆ですが似た環境でして、病気である相手とその父が医者嫌いで医者に通うことを認めないタイプでした。
そうこうしているうちに、病気の彼が激しい症状を起こし、生活が困難になり、そこでやっと病院に行く事が決まりました。
そこまで約3カ月の説得でした。検査の結果、本人がしっかりと話を聞き、危険な状況だった事を学び今はきちんと通院もしています。

結局最後の決断は医者からの説明でした。

副作用の危険性や、放置した場合の危険性については、なかなかお医者様は話されないので(患者にプレッシャーを与えすぎるため)、ネットなどで調べて心配要素をある程度本人に説明し、危険性を知ってもらったうえで治療を続ける事を説得しました。

堂々とされた方が良いですよ。
なかなかご病気でエネルギーも沸かないかと思いますが、入院中の不安を増幅させないためにも、そうされた方が。

また、良い環境でお茶を飲む質問者様のどういう症状の何が改善されるのか、建設的にお話してみるのも良いかもしれません。

早く元気になってくださいね~!

投稿日時 - 2011-12-14 18:13:59

ANo.16

40代男です。
7年前に義兄を悪性リンパ腫で亡くしました。やはり40代でした。
妻も子宮頸癌を5年前に患い手術しました。

ご主人の事はこの際、無視して治療に専念して欲しいです。
治療し完治してしまえば、ご主人も納得するでしょう。
癌はご自身に体力がある内に戦わないと抗がん剤に負けてしまいますよ。
義兄は治療開始時は80キロくらいあった体重も最終的には40キロ代になり、抗がん剤に負けてしまいました。。。
今のうちに!一刻も早く治療して下さい。頑張って下さい!

投稿日時 - 2009-02-26 10:10:49

ANo.15

回答者のほとんどの方が言われているように治療に専念してください。
他人ごととは思えず投稿させていただきます。

実は私の娘が昨年7月スキル癌(進行型胃癌)ステージ3と宣告を受けました。宣告のときは、娘婿が病院に付き添いました。内科で宣告を受けました。40歳です。
娘が外科で診察待ちの間に娘婿が私達に泣きながら連絡をくれました。
「あなたがしっかりしないといけないよ・・」と彼を励ましながら私も
「何で?何であの子が?」と涙が止まりませんでした。
あなたのご両親も、ご兄弟もおそらく同じ思いでしょうね。

もし、私があなたの親であればそんな旦那(失礼)に娘の命を預けられません。すぐにでも、実家に帰していただきます。そして十分な治療をうけさせます。親にとっては子供はいくつになっても子供ですから・・
娘婿は宣告を受けてから娘の心が落ち着くまで約20日程は会社を休んで傍に付いていてくれました。「二人で癌と向き合う」と言ってその後3ヶ月間の抗がん剤治療を通院で受けて10月に胃の全摘出手術でした。

当初主治医の先生からは「二群のリンパ節まで腫れているので昔なら即手術。今は抗がん剤で癌を小さくして手術をすることが出来ます。ただし抗がん剤は人により効き方がちがいますから、抗がん剤治療をしても五分五分と考えてください。どうするかは、ご家族で決めてください」と言われていて五分でも可能性があるならと抗がん剤治療を受けたのです。手術後の病巣を私も見せていただいたのですが、結果は主治医も驚くほど、癌は小さくなっていてその後の細胞検査でも癌細胞は死滅していました。五年後の生存率は97%との診断で、術後抗がん剤投与もなく、2ヶ月に一度の検査をしています。

娘の入院中は婿が毎日会社から帰宅後に着替えを持って病院に行き、夜の間に洗濯をしていたと聞いています。「世話は私達にさせてほしい」と言っていたのですが、婿が「会社にも理解していただいているから私が面倒みます」といってくれました。そのとおりに毎日病院で、娘の写真をとり、食事のメニューなどを添付してメールを送ってきて私達が心配しないように配慮をしてくれました。遠く離れていても、娘の様子が手に取るようにわかりました。婿には心から感謝していますし、娘は安心して彼に託することができます。

夫婦はどちらか一方が病んだ時、また不幸になったときなどの不遇の際にその本質が見えるのではないか?と強く感じた昨年の出来事でした。
親は心配するばかりで、先祖のお墓に手を合わせたりするだけで何もできませんでした。
そして、何より大切なのは、助かりたい!生きたい!と強く思うこと。
娘は「親より先に死にたくない」と最初に言ったそうです。

今のあなたの苦しみはよ~くわかります。でも、考えをかえましょうヨそういう旦那様や、姑さんだったのです。あなたの人生まだまだ50年以上あるのですよ。
万一今旦那様が言っているとおりの態度がこの先も変わらないのであれば、早く本質が見えてラッキーと・・・
病魔に負けないために、精神力を強く持ち、くよくよしない、自分が楽しいと思うことをする。
どうか頑張ってください。まだ若いあなたの人生です。心から平穏に病気と向き合う治療ができますように心からお祈りしています。

投稿日時 - 2009-02-25 14:39:47

ANo.14

乳がんの妻がいます。
昨年春発見され、ステージ2初期ということで、切除→放射線治療、をしたところで、自律神経免疫療法に出会い、以来、鍼治療、食事療法、サプリメント摂取、運動、積極的に笑う、などをするようになりました。地方からですが、東京の免疫療法のお医者さんに月2回通っています。

最初の病院の予定では、放射線治療の後、ホルモン剤経口投与の予定だったのですが、していません。乳がんは抑えられても子宮ガンになる恐れが非常に高いことを知ったからです。放射線の先生が漏らした一言がきっかけで知りました。先生にも縄張りがあり、わかっていても主治医に逆らうことは言えないようです。放射線治療もしなければ良かったと今になって思っています。

こんな程度ですから、あなたの役に立つには頼りないのですが・・。

従来の西洋医学(つまり、手術、放射線、抗がん剤)の立場からみたたぶんもっとも冷静な本は、近藤誠さんではないかと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E8%BF%91%E8%97%A4%20%E8%AA%A0

西洋医学以外の医療(代替医療)を力説されている筆頭は、阿保徹さんでしょう。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%88%A2%95%DB%93O

欧米と違い日本ではまだまだ代替医療は一般的でないので、今かかっているお医者さんとトラぶる恐れもありますが、興味を持たれましたら、まずは以下などに相談されたらいかがかと思います。
湯島清水坂クリニック http://yushima-s-clinic.com/index.php?FrontPage
素問八王子クリニック http://www.somon-clinic.com/

投稿日時 - 2009-02-24 18:35:26

ANo.13

すぐに治療すべきです。はっきり言って医療に無知な御主人とは

今すぐ別れてでも治療に専念すべきでしょう。私もよく経験しますが

患者様或いは御家族の中には、早期癌も進行癌も末期癌も全て同じ様

に考えられていて閉口する場合があります。医師は治らない癌(厳密

には悪性リンパ腫は癌ではありませんが)を治る、治療効果があると

は言いません。それだけの責任を負っているのです。あなたの御主人

のようにいい加減なたまたま知り得た民間療法と専門医の豊富な経験

に裏付けられた治療法を比較する事はナンセンスです。子供の意見と

大人の意見くらいの差があります。御主人があなたに治療の選択の余

地を与えないなら、それは消極的殺人に等しい行為です。

投稿日時 - 2009-02-24 16:22:43

ANo.12

ほぼ私と同年代かちょっと上の方とお見受けしますが、大変でしたね。
私は去年母を肺がんでなくしたのですが、一昨年の3月に倒れその後末期だったとわかったんです。転移も進んでいたようで母も強い抗がん剤の副作用に苦しみながらかなり頑張っていましたが最後は抗がん剤が効かなくなってしまいました。
弱っていく母を見るのが精神的にかなりしんどかったですね。
(父も気丈にはしていましたが、かなりしょんぼりしていました)

悪性リンパ腫というと血液のがんということになると思いますが、早く見つかっていればちゃんと治る確率はあると思います。
旦那様は身内をがんで亡くされた故の不信感が強いのでしょうし、パニックになっているところはあるかもしれませんが、だからと言ってきちんと治療したいあなたの気持ちを尊重しないのは良くないですよね。
抗がん剤治療は相当体力がいるし精神的にもきついと思います。
副作用が半端じゃないですからね。
その辛いのを旦那様も見ちゃってるから余計にかたくなになってるかも。
ただ、大事なのはあなたご自身です。
きちんと治療した方がいいですよ。

それから入院となると心細くなることも出てきてしまうかもしれないので、もしも持ち込みがOKならば、ポータブルのミュージックプレーヤーかCDプレーヤーと、リラックスできる音楽やちょっとほのぼのと笑えるCDとかのソフトを持っていってみてはいかがでしょう。
抗がん剤の治療の副作用が出るとしんどくて大変でしょうが、少しはいい気分転換になりますよ。

投稿日時 - 2009-02-24 15:53:31

ANo.11

ご主人が病院に来なかろうがなんだろうがあなたの命じゃないですか。

まずあなたが治らなければこの先ご主人と過ごす日々はどうなるんですか?

誰がご主人にお茶をついであげるんです?
誰がご主人に寄り添って生きるんですか?

あなたでしょう?

>環境を変えて空気の良いところで体に良いお茶を飲んでいれば癌は治る。

ご主人、あなたのためにすぐに環境を変えてくれましたか?
お医者様の許に通っているならそれすらまだしてないんですよね?
ご主人に確信がないからじゃないですか!

そんなことで悩む話じゃない。
これはもう即答で入院です。

優先順位をつけるならまずあなたの命が一番に来るはずです。

躍起になって別荘地探してお茶が飲めてもその時既に遅しかも知れない。

寝言は寝て言うものです。

お茶で癌が治るなら抗がん剤はこの世から消えています。

すぐにお医者様に連絡して病院に行って下さい。

あなたの親御さんはあなたを大切にはぐくんだのではないでしょうか。

親から貰った大切な命。

大事にしてください。

投稿日時 - 2009-02-24 14:15:51

ANo.10

私の親も悪性リンパ腫で他界しました。

>悪性リンパ腫という病気は癌の中でも最も抗がん剤が効きやすく、適切な治療をおこなえば比較的生存率が高いとされています。

そんな簡単なもんじゃないですよ。それって奇跡的な早期発見の
場合だと思います。
30代って・・・そんな若さでこんな所で悠長に質問してる
場合じゃありません。
すぐに治療してください。

投稿日時 - 2009-02-24 14:05:26

ANo.9

私の友人は治療が遅れ悪性リンパ腫で他界しました。
20代と若かったため進行も早くあっという間でした。
旦那さまがどうのこうのと言っている余裕はないと思います。
すぐに治療を開始してください。
また、別の友人は脳腫瘍で余命宣告をされましたが、入院での抗がん剤投与等の治療で奇跡的に回復し、先月職場復帰しました。
今は腫瘍も消え、定期的な通院は必要ですが元気にしています。
Dr.を信じて治療に専念されることを願います。

投稿日時 - 2009-02-24 12:52:56

ANo.8

はじめまして。

私はdoro999さんに入院をお勧めします。

甘えられる人には甘えて、頼れる人には頼ればいいのですよ。

doro999さん、入院なさって下さい。

doro999さんの心が壊れる前に。。。

投稿日時 - 2009-02-24 12:14:48

ANo.7

ご主人を階段から突き落とすとか車で撥ねてみて、大怪我しても「医者が嫌いなら自力で治したら?」と言ってみたら?
なんて冗談ですが、ちゃんと治療してそれでも効果がなかったらお茶飲めばいいじゃないですか。
「アンタ、自分の意地のために私を殺す気なの?もう離婚よ!」位言ってやりなさい。
ご主人のお父さんはお気の毒でしたが、そのお気の毒な目に奥さんをあわせたくないという思考の方向性が間違っています。

病気で一番まいっているのは患者本人。なのにそれを気遣うことも出来ず、自分のつまらない意地を通して命の危険に晒すなんて夫として人としてクズだと思います。
もしなにか事が起こってもあなたを守れる人物だとは思えない。一事が万事です。
これを機会に人生をやり直してもいいと思う。
もう別れるつもりで入院して、治療に専念してください。

投稿日時 - 2009-02-24 11:23:36

癌が転移されていないうちに早めに治療をすることをお勧めします。
私も元癌患者です。抗がん剤を受けた結果、再発せず10年が経ちました。
抗がん剤ははっきり言ってとても過酷で、質問者様の体力次第というところもあります。でも、乗り切れば健康な体を取り戻せるんですよ!
髪の毛が抜けて恐怖を感じても旦那様に頼ることができないと書かれていますが、主治医を始め、看護師さん、また大部屋なら同じような患者さんがいます。旦那様がいなくても、みんなに助けを求めれば大丈夫ですよ。旦那様の意見よりも治療が先だと思います。
頑張ってください!!

投稿日時 - 2009-02-24 00:45:05

ANo.5

とても不安な気持ちで過ごされているのでしょうね。
ただでさえ不安でいるところに、そういう暴言を吐く人の気が知れません。
ですが、治療をしないという選択肢はないです。
ご主人はリンパ腫のことを知らないからたぶんそういうことが言えるんでしょう。完全寛解となれば認識を変えるだろうと思います。
ただ再発の可能性はありますから、その後をどういう風に過ごされるかも大事なことだと思います。その時に『環境を変えて空気の良いところで体に良いお茶を飲んでいれば』をさせてもらいましょう。

いろいろ考えてもなるようにしかなりません。とにかく治療に専念されてください。良くなりますよ。

もしかすると治療中に薬のせいでとても気分が落ち込むことがあるかもしれません。そんなときはためらわずに先生に相談してください。ちゃんと心得ているはずなのでいいようにしてくれることと思います。

投稿日時 - 2009-02-23 22:22:00

ANo.4

お辛い状況ですね。

私も3年前に胃癌の手術をしましたが、ご主人と姑さんが医者を信じないお気持ちはなんとなくわかります。

私も月10万ほど ある癌に効くというお茶を数ヶ月飲んでましたが、
やはり効果は??でした。

昨日の日曜日 テレビ朝日で14時から「がん治療最前線SP」という番組をやってました。
癌治療は非常に進んでいて メスをいれなくても ほとんどの癌が治ってゆく、、、という内容の放送でした。

その中で 陽子線を使っての治療というのがありました。
茨城県つくば市 筑波大学病院での陽子線治療には感嘆しました。
昨年の夏から始まったようです。
メスをいれなくても治るなら、、、これはもう人類の希望ですね。

他に「ラジオ焼灼」という治療の紹介もありました。
   http://www.pi.hitachi.co.jp/Div/power/atom_report/2009463_17320.html

それにしても、ご主人はどういうつもりなのでしょうかね?
医療を信用しておられない気持ちはわからなくもないですが、、、。

貴女は御自分の気持ちを大事になさってください。
No.1さんも書いておられますが、
夫婦は結局 他人です。

離縁覚悟で治療してください。
命があってこその人生です。
貴女はまだ30代です。
また 素晴らしい相手もみつかりますよ。
女性の平均寿命まであと50年もありますよ。

自分の人生を優先してください。

でも、ご主人も貴女のことを心配はしておられるのだと思いますよ。

投稿日時 - 2009-02-23 21:22:59

ANo.3

自分の命が一番大切です。
悲しいがどうこうの問題ではありません。
そういうだんなさんとは「即離婚だ」と脅かしてあげなさい。
逆にびっくりしてお見舞いにも来るかも知れませんよ。

入院して治療に励んでください。

投稿日時 - 2009-02-23 21:06:38

ANo.2

旦那さんは、あなたを失うことが怖くてパニックになってるだけだね。
入院して、しっかり治し、元気になって帰って来ればいいですよ^^

「病は気から」あまり思い悩むのは癌を増長させる原因ですから
入院している間は世俗のことを忘れ、のんびり療養してください

頑張って治してくださいね。

投稿日時 - 2009-02-23 20:59:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
パニックになっているというより、何で俺のいう通りにしないんだという感じです。
私も病気が発見された11月はかなり動揺してしまいましたが、検査をしていっている内に病気と向き合う心構えができました。
私の病気には完治がありません。
一生付き合っていかないといけない病気であると主治医から言われております。
再発もあり得るとのことです。
いったんは元気になったとしても、再発があった時に主人から心ない言葉を言われるかと思うとつらいです。
あと数日で入院です。
治療はきちんと受けます。

投稿日時 - 2009-02-24 19:01:25

ANo.1

植物人間になってからの延命治療には疑問を持つ者ですが、現在の状況では医師の言われる「入院し、抗がん剤治療をする」が最善の対策と思います。
理解のない配偶者は元々「他人」ですから、離婚を覚悟してでも延命治療し、あなた自身を大切にしてください。

投稿日時 - 2009-02-23 20:53:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。
義母の話には影響を受けても、私の話には一切耳を傾けてくれない主人は他人ですね。

投稿日時 - 2009-02-24 18:56:59

あなたにオススメの質問