こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

確定申告で必要なため

『~所得税源泉徴収簿の年末調整欄の給与所得控除後の給与等の金額』ほかの計算および記載について
教えてください。



給与月額約16万円、扶養親族3人
毎月の源泉徴収が0円、年収が1,695,000円です。


所得から基礎控除38万円、扶養控除114万円を引き、
社会保険料や生命保険、損害保険はは支払っていないため、
社会保険料控除などは0円でよろしいでしょうか?

~所得税源泉徴収簿の年末調整欄

●給与所得控除後の給与等の金額 (9)

給与所得控除後の給与等の金額の表から、
  
 1,695,000-1,015,200=679,800

●配偶者控除額、扶養控除額、基礎控除~の合計額  (16)

       1,140,000+380,000=1,520,000

●所得控除額の合計額 (17)
       1,520,000

●差引課税給与所得金額 (18)

       679,800-1,520,000=-840,200→ -840,000
                    (1,000未満切り捨て)

(19) 算出年税額  -840,000×5%=-14,950

●年調年税額  -14,950→マイナスなので、0

●差引超過額または不足額  0

以上のような計算でよろしいでしょうか?
初歩的な質問ですが宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-02-26 19:07:16

QNo.4751519

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ひとつ違うんですよ。

●給与所得控除後の給与等の金額 (9)

給与所得控除後の給与等の金額の表から、
  
 1,695,000-1,015,200=679,800

でなく

 給与所得総額1,695,000円
 給与所得控除額678,000円
 給与所得控除後の給与1,017,000円

御覧になられた表は、給与所得控除額を示すことなく、いきなり給与所得控除後の額を示してますので、初心者だと誤りやすいです。

A→b→C

A→C
と表示してあります。

質問者様は
A-Cとしてしまってますので、Bの額つまり給与所得控除額が出てしまってます。

そこだけ訂正すれば、あとは順次数字が変更されるだけです。

投稿日時 - 2009-02-26 23:34:33

あなたにオススメの質問