こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

dawソフトの比較と、USB2.0とIEEE1394について

DAWソフト&オーディオインターフェイスの購入を考えていて、
ソフトが「Pro tools LE」・インターフェイスが「M BOX2」という組み合わせか、
ソフトが「Sonar 6 LE」・インターフェイスが「EDIROL FA-66」のセットにしようか悩んでいます。
双方の長所・短所・音質・操作性の違いや、同価格帯でのオススメ商品などございましたら教えていただけると助かります。

また当方のOSはWINDOWS VISTA 32bitなんですが、「Pro tools LE」は対応していないと聞いたのですが本当でしょうか?

そして、PC本体にUSBの端子はあるんですが、IEEEの端子が無い場合、
「EDIROL FA-66」を繋げるには何が必要でしょうか?
あまり高価なものになるのなら、USBで接続できる「EDIROL UA-25EX」の方も考えているのですが、出来ればIEEEの方が処理速度や音質が良いと聞いたので、、、
詳しい方どうぞ宜しくお願いします!

投稿日時 - 2009-03-01 19:30:28

QNo.4759942

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。
その玄人志向のカードであれば、背面に「IEEE1394a」用の6ピン端子がありますから、そっち使えば良いと思います。
ただ、私も玄人志向は好きなので、他の製品はいろいろ持ってますが、カードとインターフェース間で『相性問題』発生の恐れは若干有りますので、その点は一応は御覚悟の程を(^^ゞ
玄人志向の製品は、繋いで動かしてみないと、ちゃんと動くかどうかはわからない…のは、やむを得ないところです。

言うまでもないですが、FA-66側はIEEE1394a用の端子しか有りません。

転送速度の問題は、No.1さんの回答どおり、このクラスのインターフェースなら転送が速いか遅いかで音質に差がでることはありません。音質等は、転送速度以外の「インターフェース内の設計性能」で決まります(その点では、転送方式に関わりなく、音がええ奴ほど価格が高いとは言える)。
転送速度が高いのが活きてくるのは、「多チャンネル同時録音」する時くらいですね。
同時2チャンネルの録音/再生くらいなら、USB1.1でも十分なんです。
なので、USB2.0にしてもIEEE1394aにしても、単純理屈上は5~60チャンネル同時録音くらいして初めて転送速度がカツカツになってくる計算ですから、FA-66やMBox2くらいのチャンネル数では、転送速度の上ではIEEE1394aなら「余って余って仕方ない(^^ゞ」状態です…から、速い転送速度に拘る必要はないですね。

あとは、これは「今ごろ言うな!」だとは思いますが、私自身はSONAR党なので、SONAR LEユーザーが増えるのはうれしいんですが(^^ゞ、オーディオインターフェースでMIDI打ち込み系ではなく生音録音データ系でのDTMを考えられているなら、バンドル版ソフトの性能自体は、どっちかというとSONAR LEよりはProTools LEの方が勝ってます(ちょっと口惜しい(^^ゞ)。

また、これからDTMをやっていく上で、WEB上で初心者~初級者向けの情報が多いのは、口惜しいけど(^^ゞ Cubase系が断トツに多いので、Cubase系のバンドルソフトが付くインターフェースも、候補にはなると思います。
(個人的には、CubaseよりはSONARの方が上だと思ってるんだが(^^ゞ、ユーザー絶対数ではちょっと負けてるかもです(^^ゞ)

投稿日時 - 2009-03-02 10:57:35

お礼

まさしく生音録音データ系でのDTMを考えているので、
またまた迷ってしまいます(笑)
ですが、おかげさまで接続や使用環境などの不安や疑問点はスッキリしましたので、
あとは実際に触れたりしてSONAR LEかProTools LEに決めようと思います!
ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-03-02 14:53:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

以下に行って
http://supportapj.dell.com/support/edocs/systems/vos220/ja/index.htm

「サービスマニュアル」という圧縮ファイルで、マニュアルが供給されていますから、これを見たらPCIスロットに増設カードを付ける手順はわかりますよ。

上のマニュアルは、html形式なので、ハードディスク上のどこかに内容を解凍してやる必要がありますので、その点要注意。
また、パッと見は、凄くごちゃごちゃしていてわかりづらそうに見えますが、ゆっくり該当項目を探していけば、ちゃんとわかりやすい作業図解も出ています。

IEEE1394のaとbについては、候補の機種については気にすることはないですね。どちらもa規格です。
私自身は、EDIROL FA-66の現有ユーザじゃないですが、FA-66はこいつで動かしていたこと有ります。
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/pfw4h.html

そんでま、この価格帯のオーディオインターフェースなら、USB2.0モデルよりIEEE1394モデルの方が、今でも動作安定性に定評がある物は多いですね。
音質自体は、USBかIEEE1394か…という転送方式の違いとは、全く関係はないんですが、つい最近まではどこのメーカーでも、USBモデルよりIEEE1394モデルの方が「上位機種」という位置づけで、IEEE1394モデルの方が高価で高音質な製品ラインナップを敷いていたので、いつのまにかなんとなく「IEEE1394の方が高音質商品が多い」ということが「IEEE1394方式の方が音が良い」と誤った情報が流布するようになってしまってました。

MBOXのProToolsLEバンドル版は、今買えばVer8に無償アップグレードが付いてきて、Ver8なら間違いなくVista対応みたいな事を書いてありますけどね(ここは、私があんまり詳しくないので(^^ゞ)
http://www.digidesign.com/index.cfm?navid=3&langid=5&categoryid=35&itemid=36858

投稿日時 - 2009-03-02 00:36:46

お礼

返答ありがとうございます!
サービスマニュアルをすっかり見落としていました。。
SONAR 6 LEとEDIROL FA-66の組み合わせが自分的に使いやすそうなので、マニュアルを見ながら増設しようと思います!

どうせなら通信速度がより早い方をと思い、ちょっと前に「玄人志向」という所の「インターフェイスカード/IEEE1394b/PCI-Express x1 IEEE1394B-PCIE」http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1269というのを購入しておいたのですが、
これがb規格品(通信速度の速い方?)なんですが、
FA-66に適合しますでしょうか?
重ね重ねすみませんが宜しくお願いします!

投稿日時 - 2009-03-02 03:16:41

ANo.1

IEEE?IEEE1394の事だよね? (IEEEはISOやJISみたいな感じで番号が省略されると意味が分らない)

IEEE1394は「FireWire」って言われる接続端子だね。
通常6pinなんだけど小型の機材用に4pinの物も存在してるよ。S社が一方的に「iLink」って呼んでるのがその4pinの小さい端子。

それらが無いなら本体側で使えるようにする拡張をしないとだめだね。
ノートなのかデスクトップなのかでやり方が違うよ。


>IEEEの方が処理速度や音質が良いと聞いた
音質に関しては無関係だよ。
速度はIEEE1394の方が遅い。
ただ、USBは他の接続も有るから一般的にはそっちに処理が引っ張られてる事が多いしIEEE1394の方が(略)速くなる事が多いみたい。

USB接続のaudioインターフェースはそういう意味で遅延やらがあって宜しくないという話は良く聞くね。

http://www.google.com/search?lr=lang_ja&q=ieee1394%20%E5%A2%97%E8%A8%AD

投稿日時 - 2009-03-01 19:36:37

お礼

早速の回答ありがとうございます!リンク先拝見いたしました。
「DELL VOSTRO 420」というデスクトップを使用しているので、
PCのケースを開けて、PCIバスというところに、IEEE1394カードなるものを取り付けるようですね。
その作業は素人でも出来るのでしょうか?

また、IEEE1394にはaとbというのがあって、bの方が速いとどこかで書かれていたのですが、今の時点で特に気にすることではないのでしょうか?
繰り返し質問してしまいますが、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-03-01 19:58:33

あなたにオススメの質問