こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アスペルガーの医師の診断について疑問があります。

過去ログなどをみて見ましたが、同じような質問を自力で探せませんでした。
もし過去に同様の質問がありましたらゴメンナサイ。

私の彼は仕事でミスを繰り返し鬱と診断された後、
精神科医に障害の検査を薦められ、結果アスペルガーと診断されました。

相談1・確かに忘れやすかったり、人の気持ちが読めないなどアスペルガーの特徴と多々当てはまりはしますが、
親しい友達は少ないながらも、どちらかといえば社交的です。
その場を盛り上げようともしますし、お世辞等も言えます。
また、看病をしてくれないなどの意見もネットでよく目にしますが
彼は全くの逆で、私が体調を崩すと物凄く心配してくれます。
毛布をかけてくれたり薬を飲ませてくれたりもありました。
これも“アスペルガーであるけれども個人差”で済むのでしょうか?
他の障害(例えば注意欠陥多動性障害)なのでは?と思ってしまいます。

相談2・大学生の時は一人暮らしもちゃんと出来ていました。
部屋は汚かったですけど、火の消し忘れなどのような重篤なミスはありませんでした。
(ライターを失くしやすい、授業の時間を間違えるなどは多々ありました。)
普段も、ナルシストだと思っていたくらい行動全てにかっこつけていました。
しかし、アスペルガーと診断され実家に帰った後、
今まで無かったような重篤なミス(火の消し忘れ・財布を落とす等)をしてしまうことが少なくないようなのです。
約3ヶ月に1回程度で会っていますが、会うたびにボーッとしていき、
どんどん生気が無くなっている印象を受けます。
服装もだらしなくなり、若干ですが奇行(多動?)といえる行動も起こします。
医師は「障害を自覚したことで症状が出やすくなった」と説明しているようですが、私はイマイチ納得できません。
そんなことはありえるのでしょうか?
ただ、医師や母親に頭ごなしに「障害者なんだ!」と言われているようなので
思い込み(洗脳?)や、精神安定剤の過剰投与などの原因も可能性あると思うのです…。
実際、めまいを内科医に訴えたところ、精神安定剤の量が多すぎるためと言われ、最近減らしたようです。
その後、奇行が少なくなったと感じています。

自分なりに勉強してきたつもりですが、まだ足りないようです…。
アスペルガーについて詳しい方、ご教授願います。
下手な文章でスミマセン。。。

投稿日時 - 2009-03-05 04:56:34

QNo.4769549

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして.

ご指摘の疑念をもたれるのは当然です.

アスペルガー(AS)とADHDは,個別のものではなく,
それぞれが連続した自閉症圏の発達障害(広汎性発達障害)と考えられているからで,
確固たる判断境界がない所に,診断の難しい部分があるからです.
つまり,「ここからここまではASで,ここからここまではADHDだ!」と,
境界が確定されているわけでは有りません.

診察・検査~診断に至る場合,受信者の心身の状態を,
医師との会話時の応答や,ペーパー検査などの結果を用いて推し量って診断するのですが,
当然AS領域とADHD領域が重複しており,どちらとも診断しがたい面があります.
それは先述した理由から,
病名にはご質問者さまの言われるように,複雑多岐に分かれた境界域を含んでおり,
さらに,ASとADHD領域が重複する場合が含まれ観察されるのは普通です.

医師の診断(書)の場合,
下記の様な但し書きが含まれているはずです.

「ただし上記記載条項は,現症より診た所見であるため,検査の進展,症状の変化,本人の治療状況,体質及び内外の生活状況により自ら異なる事が有り得るものである.」

発達障害と診断されたのは,医師の診断当時をさしているのです.
どこの医師でも同じ判断です.
つまり診断名を変えても『うつ病などの精神病』と違い,
広い意味で『広汎性発達障害』であり,特に意味は無いと言うことです.

問い1:
多弁の件についても,既に専門家の間では認知されている事実です.
50代後半の友人も同じように「ASの診断を専門医からうけました」多弁です.
彼は知的好奇心は素晴らしく強く,IQは検査時に120もあったようです.
故に行動との間に差が有りすぎるため,幼少時より周辺から乖離されたとの事でした.
私の私見ですが,それを埋めようとする心理的な結果ではないかと思われます.
つまり,本人も悩み「愛されたい」と努力をされていると理解すべきです.

問い2:
医師の説明は合理的であり,私には納得できます.
私の友人のASの場合には「長い間の疑問が解決した」と,
診断結果を電話で伝えてきた第一声を忘れられません.
すごい安堵感からハツラツと話していたのをはっきり記憶しています.
それでもその後の第三者との心理的な距離感を取る事については,あまり変化があまりありませんが….
ゆえに「障害なのです」から…
しかし,自身の言動に注意を払うように自覚することができる場合,
その弱点を知れば人生経験を積む中で徐々に克服できる可能性が出てきます.
ただし友人の誇りのために申しますが,その兆候は見られます.
友人は診断以前から他者に対する気遣いも人並み以上です.

ASと診断されたのなら,安堵すべきで恥じ入る必要はまったくありません.
ノーベル賞受賞者や,学者・研究者にはASの方が非常に多いのです.
ASの特性を生かすべく励ましてあげてください.

親御さんは『ASを(知的な)馬鹿(不適切かも知れませんが)』と同一視しているようですが,
それは完全な誤りです.
確かに「脳機能の一部に気質的な原因で発達障害があるのがASです」が,
結構世の中にはASの方が多いのも事実です.
成人ASの多くの方は,
自身がASであるとの自覚が無い事の方が多いといわれています.
その正確なデーターも現在まで私の確認した範囲では,
データーとして採用できるほどの物は知りません.
ただし現在の義務教育の現場では,
「16人に一人程度がASである」「クラスには必ず一人はASの児童が居る」
と言う発生比率はこれまで研究現場から伝えられており,
現在の教育現場ではこの認識はほぼ常識的なものになっています.

最後に,
発明王と言われるトーマス・エジソンもASと言われます.
確かに彼の伝記を読むと,ASの友人に似ている所を多々感じます.
近年ノーベル賞を受賞した日本人男性もASだそうです.
他に居ますが省略します.

ASについては「アスペルガー症候群」:
http://search.live.com/results.aspx?q=%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E...
で検索すると,
多数のURLが出てきます.
掲示板も沢山ありますので,ぜひ覗いてみることをお勧めします.
ここでの質問より専門の医師が監修しているところまであり,
予断を持たずにASを直視する良いきっかけになると信じます.

最後にご質問者さまが,彼の心の悩み,いや!叫びを,
心行くまでお相手をされて最後まで聞いて頂けるよう望みます.

長文になりましたが,参考になさってくだされば幸いです.

投稿日時 - 2009-03-06 16:41:11

お礼

>広い意味で『広汎性発達障害』であり,特に意味は無いと言うことです
とても納得しました。
やはりアスペルガー等はきっちりとした特別な症状があるわけではなかったんですね。
なかなか全てを知るのは難しそうですね…。
しかし16人に1人・クラスに1人とは、なかなかの高確率ですよね。
これは「自分だけが特別」と思い込んで自信をなくしている彼に
同じような人はたくさん居るからと伝えれば元気を出してもらえそうです!
回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-07 02:50:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

私もアスペルガー症候群について詳しいわけではありません。
ただ、精神疾患は専門家がみても判定が難しいことが多々あるようです。複数医師で病名の付け方が分かれるようなことも。こんな具合なので、質問者さんが違うのでは?と言っても、精神科医の診断の方が信頼されてしまうのは仕方がないことだと思います。セカンドオピニオンとして、他の精神科医にも診断してもらうというのがベターだと思いますが、投薬されている中での診断は不能ですし、投薬を止めると症状が悪化してしまう恐れもありますし、自分に都合のいい診断をしてくれる医師を探すのもいかがななものかと思います。そもそもただの交際相手だとそこまでする権限はないですから、どうしようもないのかもしれません。
ご本人や彼のご両親にセカンドオピニオンを説得することができればいいのかもしれませんが、ひとつ間違えば出来上がっている信頼関係を壊すことになりかねませんので、ご注意ください。

投稿日時 - 2009-03-05 08:29:21

お礼

確かに私の意見は素人判断に過ぎませんですし、
やはり、判断って難しいようですね。
信頼関係とかはもう良いので、セカンドオピニオン等、全て伝えてみるのもいいかなと思いました。
回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-03-06 01:52:06

あなたにオススメの質問