こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ハード環境変更時のWindows VISTA のバックアップ機能

Windows VISTA のバックアップ機能を活用しています。
アプリケーションの追加などの折り目折りに「Windows Complete PC バックアップ」を実施し、外付けHDD(SATA接続)に保存しています。
思わぬトラブル時に、この機能に2度救われました。

パソコン環境(自作)の概要は次の通りです。
Windows Vista(Business)SP1  DSP版
マザーボード M2N-SLI DELUXE
CPU AMD Athlon 64×2 5200+

Windows 7の話も聞こえていますが今のところ興味はありません。
当分Vistaで十分と考えております。

ただし、マザーボードやCPUを弄くりたいという浮気心がいずれ出てくるかも知れません。

で、質問ですが:
現在のHDDに保存してあるWindows Complete PC バックアップは、ハード環境を変えて(マザーボードやCPUの変更)も、有効に機能するでしょうか?
(DSP版なのでWindowsの再認証手続きは当然必要ですが)

投稿日時 - 2009-03-06 19:39:46

QNo.4774100

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

認証とは別問題。長い体験だけで基本知識ない私の考えでは、
今使用しているHDDを新しい環境にしたPCで 問題なく起動できる場合のみ
「Windows Complete PC バックアップ」も効くと思います。
環境変化していないマシンでも「Windows Complete PC 」の戻しがうまく行かない場合すら、多々あります。HDDの大きさ、区画の切り方の違い、他不明な原因で。
例えば---昨日のことです---
使い古しのHDDから新品同容量のHDDに換えるための作業です。
Dドライブ=myデータHDD 空き100Gにバックアップ。
(注WindowsImageBackupホルダーがあるドライブはリストアの際の「ホーマット除外」を忘れても温存されるので大事なデーターと共にしている)
そこから別の新しいsATAに戻そうとしたら、
「データディスクがアクティブだからBIOSで変更しろ」などとエラー。
これは初体験です。BIOSを見たり、区画を修正したり、eSATAなのでSil3132のでComplete PC画面でFDからドライバを毎回入れなければならず、試行錯誤実験は深夜まで。でも解決できず結局USB接続の 遅い外付けHDD にBupして、新しいsATAにOS移動できました。
(VISTA のバックアップ機能は起動中で他の作業しながらBup取れるのは良いのですが、リストア先のHDDの容量なども関係するらしく 戻しに失敗があります。
WindowsNTの時代に(HDD破損名人なので)数十日もかかって見つけた起動できるクーロンHDD作り-----
(NTで区画切りやホーマットせず仲人のWindows98でやっていた。System Volume Informationを除外しなかった。初回起動の際旧NTを外さなかった等が解ら、膨大な時間浪費=ハマル性格。その後雑誌でも紹介が出た。 いまやVistaの時代。これのみブート修復必要)
------の方が HDDの容量を気にしないので良いかな、とも思います。(当然同一マシンでしか起動しません)

投稿日時 - 2009-03-07 10:00:17

あなたにオススメの質問