こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

在宅ワークのe-taxによる確定申告

在宅の仕事で20年度は約62万円の収入がありました。個人事業の届出はしていません。
複数の会社から給与(報酬?)があり、いずれも源泉徴収はされていませんし、もちろん源泉徴収票はありません。
出産で医療費がかかり、医療費控除額で約17万円を計上できます。
源泉徴収税額がゼロなので所得税の控除にはならないはずですが、住民税の減額の対象になると聞いたので、これを申告したいと思います。

この私のケースは
(1)給与所得で申告するのでしょうか?事業所得で申告するのでしょうか?

(2)給与所得での申告の場合、所得控除額には基礎控除の38万円を入力すれば良いのでしょうか?生命保険控除はここに上乗せしてよいのでしょうか?

(3)事業所得での申告の場合、医療控除額や生命保険控除額はどういう扱いになるのでしょうか?(事業所得で申告することを想定していなかったので、電気代などの経費分の領収書を控えていません)

(4)0才の子供が扶養家族ですが、この扶養控除額は?

無知なクセに簡単に考えていて、子供を税務署には連れて行きにくいからe-taxで申告しようと準備をしてしまってから、いざ入力となって疑問だらけで困っています。かといって、勝手ながら今更会場に行って申告というのも避けたいです・・・。
恥ずかしながら本当に不勉強なので、ものすごく初歩的な事だったり、全くとんちんかんな事だったりを聞いているかもしれませんがお許しください。

詳しい方や、同じような状況でe-taxで申告された方等、どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-03-12 03:56:32

QNo.4789502

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>源泉徴収税額がゼロなので所得税の控除にはならないはずですが…

あのう~、個人の税金は後払いが原則です。
サラリーマンの場合に限って前払いさせられるだけです。
あなたはサラリーマンではないのですから、これから確定申告をして所得税を納めなければならないのです。
医療費控除がある場合は、これから納める税金の計算に当たって、所得を少なく見てもらえます。

>(1)給与所得で申告するのでしょうか?事業所得で…

『給与所得の源泉徴収票』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-2.pdf
をもらっているのでない限り、事業所得。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>(2)給与所得での申告の場合、所得控除額には基礎控除の38万円を入力すれば良いのでしょうか?生命保険控除はここに…

基礎控除も生保控除も「所得控除」のうちです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
「給与所得控除」は「所得控除」ではなく、「収入」からの控除です。

>(3)事業所得での申告の場合、医療控除額や生命保険控除額はどういう扱いになる…

サラリーマンの場合と同じ扱いです。

>(4)0才の子供が扶養家族ですが、この扶養控除額は…

これも、サラリーマンの場合と同じ扱いです。
38万円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-03-12 04:20:39

あなたにオススメの質問