こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外在住者のネットショップ開業について

現在ドイツに在住しています。
現地で人気のある育児グッズを日本へネットで販売したいと思っていますが、不明点も多くネットショップ開業につき教えてください。

現在の計画です。
・販売商品は、育児グッズ(抱っこ紐、人形、絵本等)
・ネットショップはドイツで運営
・販売先は日本。ユーザーへの直売(個人輸入)
・日本にも銀行口座はありますが、Paypal利用を検討

質問内容
1.日本での住民票は現在除籍となっていますが、販売先が日本の為、納税は日本でする必要がありますか(確か2カ国(ドイツ・日本)で納税が必要になると思うのですが)? また、日本での納税義務は売り上げ幾らから発生するのでしょうか?

2.販売商品は現地で入手しますが、各メーカーに販売許可を取得する必要はあるのでしょうか?
→ドイツのネットショップで通常に購入した商品を自分のネットショップで日本へ転売する事はできますか?
→ドイツのドラッグストア、百貨店等で購入した商品をネットで販売できるのでしょうか?

3.将来、ドイツのフリーマーケットで見つけた物(木の玩具、絵本等)を日本へネット販売したいとも思っていますが、可能でしょうか?古物営業法、食品衛生法があるようですが、海外からの販売でも許可が必要ですか?

長い質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-03-12 05:43:42

QNo.4789548

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

10年以上前に、そのようなことをしていました。

ドイツ在住でドイツから販売するということですので、会計申告と納税は基本的にドイツで行います。日本側でかかるのは関税ですので、ユーザーに直接販売する形だと、関税は受け取り時にユーザー負担ということになります。

一応ドイツでのビザと(自営業の)営業許可があるものとして書いていますので、無い場合は役所で聞いてください。

個人輸入の代行サービスのようなものですので、法律で禁止されていないようなものであれば、特に問題は無いでしょう。

為替レートだとか送料だとか、インボイスの準備とか手間と費用だけかかって、販売するものの単価と数量によってはなかなか儲けが出ないこともあり得ますので、そのあたりは前もって十分に考えてください。

投稿日時 - 2009-03-13 07:42:24

お礼

早速の回答有難うございました。
営業許可については、既にこちらで手順を確認済みです。

ドイツ在住で運営もドイツであれば、日本での営業許可申請および確定申告は必要無いということなのですね。

販売商品と仕入れルートにつきもう少し練ってみたいと思います。
貴重なアドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-14 21:51:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問