こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

かわいいと思う意識

よく小さな子供や動物などを見ると、かわいいと思うのですが
私がそういった感情を確かに持つようになったのは30才代になってからです。
今の人達と比べると余りにも遅すぎた感じがします。
こうした感情を持つ年令は個人差とか時代差とかがあるのでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-13 19:03:25

QNo.4793831

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 かわいい、いつくしむ。
 などは、男性ではありますが、私もそんなに皆さんほど若いときはありませんでした。
 ぎらぎらと生きることに一生懸命でもありましたが。
 でも姉(10上)の子達は20代の頃よりかわいがりました。
 小さい子はかわいがりましたが、かわいいと思っていたかどうかはあまり実感はありません。
 今は72過ぎですが、小さい子や動物、鳥たち、昆虫などもかわいいとか、微笑むとか自然に思います。微笑みます。
 感情って変わります。同じかわいいも若いときと、お父さん時代と、この年齢では、その感情の内容って違います。
 今はみんなに距離がありますので、いろんなことが直接押し寄せません。だから、かわいいも、昔のとは違います。
 一つの言葉で言っても、決してその内容がこうでなければならないって事にはならないと存じます。
 今の貴方のかわいい、昔もかわいいという感情はあったのですよ。
 それを自覚したり、思い出したり出来なくても。
 それでいいのですよ。
 と私は今は、思っていまして。

投稿日時 - 2009-03-15 13:57:13

補足

ありがとうございます。
大変に味わいのあるお答えを頂戴させていただきました。
年齢による感情の内容の変化というものは確かにあると思います。

私は今55になりますが
この頃は昔を振り返ってしまうことが多くなってしまいました。
いつのまにか、知らず知らずのうちに記憶から消えてしまった感情も数多くあると思います。
そして、それはそれでいいのだと言うご意見は
大変にふところの深いお心を感じます。

もし、差し支えなければ
回答者様の静かな心に
生命のかわいさ、が今どのように写っているのか
教えていただきたく思います。

投稿日時 - 2009-03-15 20:01:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

 回答番号:No.6 《生命のかわいさ、が今どのように写っているのか》
 自分と同じだ、どの鳥も虫も、嫌いなダニも、人に嫌がられるネズミさんも(彼(ら)が月明かりに、写る頭と胴、尻尾って丸くてかわいいですよ)、この中に自分と同じ自分という者がいるのだ。
 一生懸命生きているな。いろんな困ることや何か経験している世界があるなぁ。などと思うのです。
 ことばではでないですね。感情ですね。

投稿日時 - 2009-03-16 16:27:34

お礼

再度のお答えありがとうございました。
《かわいさ》もここまでくると生命の共感といった感じがいたします。
また《自分と同じ》とおっしゃられているところに、慈しみの心も感じとれたりもします。

さまざまな生命を等しく、とらわれずに明るく見つめる知恵といったものを感じます。

私の場合はまだ少し偏りがあるような気がします。
いつかは回答者様のようになっていくのかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-16 19:48:55

かわいいと思うのは、相手から癒してもらってる事です。相手にやさしくするのは、癒してあげてる事です。人がリラックスして、心が癒されてると思う時は、人が神、大自然の心、情緒と交流している時です。だから物事の判断基準は、癒しが有るか、無いかが、大事です。世界中で日本人だけが、自然の情緒、癒しに敏感らしいです。だから日本の伝統文化は、脳を休めて自然の情緒、癒しを追求しています。禅、茶道、能、文楽、民謡、演歌、日舞、日本画、俳句、短歌、落語など

投稿日時 - 2009-03-15 13:01:23

お礼

ありがとうございます。
自分では自覚していなくても、リラックスしていて
やさしさを与えている、っていう事があるんですね。
このワンちゃんの時も
知らず知らずのうちに
自分が癒されていたのかもしれません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-15 19:57:27

子供や動物がかわいいのは、脳が発達していないから、自我がないからです。だから自然の情緒と交流しています。だから心が癒されます。人が大人になる事は、脳が発達する、自我が確立する事です。しかし脳が自我が、人の心と、自然の情緒との、交流を遮断するので、癒しがなくなり、ストレスが多くなります。だから自我が確立した人が、無我の人をみるとかわいいし、心が癒されます。あなたも自我が確立したのでしょう。だけど自我は無い方がいいんですけど、

投稿日時 - 2009-03-13 23:13:41

補足

もう一つお聞きしたいのですが
やさしい、と感じる心はどうなのでしょうか

私が昔少しショックを受けた事があります
それは
学校で頼まれて仕事をしていた時のことです
お茶の休み時間に、おとなしい野良犬が近付いてきてお茶菓子を欲しがるので与えていたのです
すると、近くにいた子供達が、あ~やさしい、と皆が言うのです。
私はあれっ、と思ったのです
今まで自分が、やさしいと言われた事がなかったので驚いたのです
あ~俺はやさしいんだ?
俺はやさしいのか?
そうなのか?
やさしいってこんなことなのか?

子供達が普通にいう言葉が驚きでした
ちょっとショックでした。
人の本当のやさしさとか情けとかを知ったのは、それからだいぶ先の事でしたが
今でもその時のことは覚えています。
勿論、その頃はかわいいと感じる気持ちもありませんでした
かわいいとか、やさしいとかを感じるのも同じようなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-03-14 09:26:25

私見ですが、かわいいという感情は支配欲が無害な形で満足されている状態と考えています。私の想像では貴方は30代までかなり難しい問題を解決するのに忙しかったのではないでしょうか。その後自分の世界がしっかり確立された時にかわいいという感情も生じたのではないかと思います。要するに自分の世界が確立されるまでは、どういうものでも自分の世界を脅かす可能性があるのでかわいいとは思えないのだと思います。幼い子供でも小動物でも自分の世界を脅かすようでしたらとてもかわいいとは思えません。駄々をこねて泣き叫んでいう子供とか自分が大切にしていた器物を壊してしまう犬などは憎悪の対象にさえなってしまいます。これらの事態は自分が支配出来ないからだと思います。個人差や時代差についても各個人が自分の世界を確立できる時期から考えられないかと思います。

投稿日時 - 2009-03-13 22:16:21

お礼

ありがとうございます。
ご推測当たっているかもしれません。
振り返ってみれば
心の起伏の大きかった時には
かわいいと感じる余裕も無かったように思います。
小さな救いとでも言うのでしょうか
そうしたものを身の回りに見い出す事ができるようになったのは
心が落ち着いてきてからだったように思います。

今の子供達からは
かわいいとか、やさしいとか
そういった言葉をよく聞きます。
私だけがそうした感情に目覚めるのが遅かったように思ったのです。
個人差や時代差では無かったかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-14 09:21:49

ANo.2

私が小さい子供がかわいいと本気で思えたのは、妹の子供が出来てからです。それまでは子供がかわいいなんて、実感無かったですね。
ちなみにそのときの年齢は26歳です。
私の場合は、年齢よりきっかけですね。気にしなくてもよいと思います。

投稿日時 - 2009-03-13 19:42:33

お礼

ありがとうございます。
私も思いだしてみると
姉の子供ができて、かわいいと思ったのが20歳台末でした。
何か自分の子供のような気がしたものです
やはりきっかけでしょうかね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-14 08:57:15

ANo.1

あなたはロリコンです。

投稿日時 - 2009-03-13 19:13:52

補足

ロリコンと言われるとそうなのかなとも思ってしまいますが・・
若い女の子を見れば、一時的に性的な感情がおきる事もありますが
年に数回ぐらいでしょうか・・・(笑)

私が感じる、かわいさとは
何か、生き生きとした命そのもの、といったものです
かわいさを感じるとき、不思議に自分も救われるというか
癒される感じがします。
性的な対象にはなっていないのですが
子供に限らず動物や草花や植物にも感じるときが多くあります。
心理学ではこうしたこともロリコン?なのでしょうか

投稿日時 - 2009-03-14 08:04:57

あなたにオススメの質問