こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

断熱材の配置

長さLの円管の外側に熱伝導率がそれぞれλ1、λ2の断熱材を施工する場合。一定量の断熱材がある場合、どちらの断熱材を外側に施工したら断熱効率がいいのでしょうか??ただしλ1>λ2です。理由も含めて教えてください。

投稿日時 - 2009-03-15 22:17:58

QNo.4799871

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

熱伝導率は熱の伝わりやすさを表します。熱伝導率が大きい方が熱が伝わりやすい。
断熱は熱を伝えにくくするのだから、熱伝導率の小さい材料で保温/保冷すればよい。
式を書けば、
q=(t1-t2)/(l/λA)
です。
q:熱流量[W]
t1:高温側温度[℃]
t2:低温側温度[℃]
l:断熱材厚さ[m]
λ:熱伝導率[W/(m・K)]
A:伝熱面積[m^2](円管なら対数平均)
断熱はqを小さくしたいのだから、λが小さい方がよい。

投稿日時 - 2009-03-15 23:06:28

補足

どちらか一方ではなくて、必ず両方使わないといけないのです。内側にλ1、外側にλ2のものを施工するか、内側にλ2で外側にλ1を施工するか。どちらが効率がいいのでしょう??

投稿日時 - 2009-03-16 06:51:32

お礼

解けました。なるほど。どうもご丁寧にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-16 20:20:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問