こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本がロシアと同盟を組む意味はありますか?

北方領土などの問題も抱えているためにロシアに対して反感を抱く日本人は多いでしょう。しかし、アメリカのように日本を下僕としてしか扱わない偉ぶった国よりはロシアと組んだ方がまだマシかもしれません。アメリカだって最近は中国に擦り寄ってきているそうですから、だったら日本はロシアと組んだ方がいいと思います。
最近はロシアも日本に擦り寄ってくる動きがありますし、日本人に対して友好的なロシア人も多いと聞きますから。

というよりも、ロシアは歴史問題や国際問題などで周辺諸国からボロ糞言われて蛇蝎のごとく嫌われてますからね。最近では親露国家と言われたベラルーシすらロシアから離れて国際的に孤立する傾向にあります。周辺国家から歴史問題でボロ糞言われてるという点では日本も同じような立場ですし、似た者同士という事でロシアと組むようなお人よしな国があってもいいというのが本音ですが。

そこで少し質問です。
・日本とロシアが同盟を組んだら国際的にどのような動きが見られますか?またメリットやデメリットを教えてください。また、そのデメリットに対する対策はないでしょうか?
・日本とロシアが同盟を組むのに不都合があるとしたら、それは何でしょうか?また、そのような不都合に対処する方法はないでしょうか?

投稿日時 - 2009-03-17 07:27:45

QNo.4803458

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アメリカ・中国が指をくわえて見てるってコトは無いと思います。

中国は、軍事面では、ロシアに遠慮し、それほど目立った行動を起こすことは無いと思いますが、日米同盟を破棄する段階で、日本にラブコールを送ると思います。(当然、アメとムチでしょうけど。)

これを蹴ってロシアと組めば、対日制裁は予想されます。

アメリカは、それどころじゃないでしょう。

対日制裁を、あらゆる面でかけて来ると思われます。ヨーロッパなども、イギリスを中心にアメリカに追随するでしょう。

アジア諸国など、他地域は不透明ですが、この結果、日本国内は、米・中・欧などの主要各国との貿易が閉ざされ、経済・内政面では大きな混乱を迎えると思われます。

更に、アメリカ主導で軍事行動を起こす可能性があります。
最悪の場合、日本再統治化が進行する可能性まで考えねばなりません。

ロシアは、地政学的には日本を手に入れるメリットはありますので、食糧・エネルギー面や、軍事面では支援はしてくれると思います。

しかし、日本経済は、現在の主要貿易先との取引ば大幅に減少し、世界2位のGDPの立場では居られません。
日本人は、現在と比べると、相当なビンボー暮らしが強いられることになると思います。

対処としては、ロシアを中心に経済圏を確立・繁栄させ、世界経済の主軸としていくしかありません。
ロシアにはポテンシャルは充分ありますし、日本が太平洋のデパート的な役割を担えば、ロシア経済圏の重要な役割も果たせそうです。

ただ、そうなるまでに、数十年単位の時間が掛かりますし、その間の日本の大混乱・大変革は、想像を絶するものになると思います。
それに日本が耐えきれる保証はないので、現実的な選択肢では無いと思います。

現状の位置で、ロシアとの関係も深め、米・ロの重要なバイパスとなる道の方が、リスクが少なく、お得感があると思います。

投稿日時 - 2009-03-17 11:01:22

お礼

やはりアメリカが黙っちゃいませんか・・・。
あの国は日本の事を犬か奴隷かとしか思っちゃいませんから、勝手に主人に逆らうような事は許さないのでしょう。
だから私としてはあのような国に従うぐらいならロシアに擦り寄った方がまだマシだとは思うのですが、それすら許さないのですからアメリカのやる事は本当に徹底しています。アメリカも中国も日本に対しては妙に高圧的というか、礼儀知らずな態度をとりますね。

投稿日時 - 2009-03-17 20:08:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

共通の「敵」がいる場合に限られるでしょう。
基本的に隣国同士は国境問題を抱えているので同盟を組むことはありません。ありうるとすれば「共通の敵」がいる場合です。
 たとえば、ドイツが巨大化し対抗するイギリスが宿敵フランスと組んだのが三国通商の始まりで、その後、第一次世界大戦になりました。
 日露同盟がありうるとすれば、中国が脅威になったとき、あるいは「米中同盟」や「中印同盟」が成立した場合などに限られるでしょう。その場合は北方領土は棚上げされるでしょうね。
 現状においては日露同盟の必要性は少ないでしょう。

投稿日時 - 2009-03-18 11:55:21

お礼

やはり共通の敵というものが必要なのでしょうかね。
最近は米中同盟というものも絵空事じゃなくなってきているそうですけどね。

投稿日時 - 2009-03-18 17:07:48

ANo.5

意味は全くありません。
アメリカは日本を下僕としてと書いてありますがロシアはどうなのですか?
ロシアが近隣諸国にとった態度をみれば、アメリカの方が全くまともです。

日本人に対して友好的なロシア人が多いと聞いているようですが、
質問者の耳は結構都合のいいことしか聞かない耳ですね。
ロシア人は日本に友好的だから同盟を組むという思考をするのなら、
アメリカと真っ先に組くという思考でなければ辻褄があいません。
だって日本人に対して友好的なアメリカ人のほうが遙かに多く、ロシア人の比ではありません。

よく世論調査でどの国が友好的かというのが発表されますが、
その結果をみればロシアと組むという選択肢は全くありません。

ロシアと組む意味は、単なる反対のための反対を唱える場合に意味があるだけです。

投稿日時 - 2009-03-18 00:19:03

補足

少なくとも今のロシアの国力からすれば、今のロシアに日本を下僕扱いする力はないと思いますが。ましてや世界から孤立状態にある国ですから恩を売ることだって可能なのでは?

そもそもアメリカは自分以外の国を下に見ている気質があります。
その上原爆や東京大空襲を正当化するだけならまだしもそれを正義とみなしていますし、それで世界の警察を名乗ってはイラクに戦争を仕掛けています。
それに、ブッシュ&オバマとプーチンではどちらが日本に友好的かと聞かれたらプーチンの方が私的立場でも公的立場でも友好的でしょう。ブッシュも親日的だとは聞きますが、日本に対する態度は強行的でどうも下に見ている嫌いがあります。

餌を与えられて頭を撫でられるのが友好的だと信じている人は別に今のままでかまわないのでしょうが、日本はアメリカの属国状態から脱するべきだと思います。

投稿日時 - 2009-03-18 05:03:20

ANo.4

まずロシアの同盟国といえば中国が上げられますが、ほかに同盟国ってのは見当たりません。
 米国の同盟はインド、オーストラリア、英国と西側を中心に構成されています。
 対して、日本が東側につくとあれば条件があるんです
 それは『情報の規制が条件』なんです
 中国もロシアも自国のTOPに対して反対の意見を言うことは許されません
 それを忘れないで下さい

まず日本とロシアが同盟を結ぶとなれば米国との戦争や日本が焦土を化すのは覚悟してください
 米国にとって日本は英国に次ぐ最重要同盟国です。日本の技術力や資本力、そして米国が今まで提供してきた軍事機密が全てロシアにわたることは米国にとって許されない行為です
 米国は間違いなく軍事行動に出るでしょう。又日本の米国資産凍結も可能性は大いにあります。日本が外国に投資している資金は膨大ですし、米国を初め英国を中心にEUで貿易制裁を受けるでしょう
 まぁそうならなくとも、そのような可能性のニュースが出るだけで日本に投資している外国資本がこぞって撤退しますので東証株価は数千円以下にまで下落するでしょう。
 又、日本の食料や鉱物資源も米国やオーストラリアにかなり依存してますから食糧に対する規制も受けるでしょう
 日本の大部分の企業は倒産し・・・
 日本に食料不足が発生し・・・
 まさにボロボロです

投稿日時 - 2009-03-17 15:14:16

補足

日本が中国と組んでいるからといって中国のTOPに反対意見を言ってはならないなどという話は聞いたことがありませんが・・・。

ですが、アメリカをはじめとする諸外国が日本に愛想を尽かす可能性はありますね。
外国の反露政策に日本を巻き込むなと思います。

日本が日露戦争でロシアを倒した事で、日本に好感を持つ国があると聞きます。確かに日本もシベリア抑留などでロシアに恨みがある国ではありますが、だからといって外国の反露思考で日本に好感を持たれても正直嬉しくありません。

投稿日時 - 2009-03-17 20:12:48

ANo.3

・同盟を組むところまで行けば、さすがにアメリカと中国から大きな牽制を受けるでしょう。現在、軍事力・経済力の世界No.1はアメリカで、近い将来No.2の座を確保するのが中国です。多少、資源と軍事力が大きいロシアと組んだところで、米中からの軍事的圧力に抗しきれないでしょうし、米中への輸出を拡大させ続けることが日本の繁栄維持に最も重要なことですから、それをあえて困難にする日ロ同盟は現実的ではないと思います。

ただ、日ロ関係を緊密にすることで、現在の日米・日中関係を維持しながら日本の立場を強くすることは有望な外交政策だと思います。

日ロ関係の緊密を図るメリットとしては、こんなところだと思います。
(1)ロシアの資源&日本の技術というwin-winの関係が築けお互いの経済発展に適した相手であること。
(2)ロシアは歴史的に軍事大国として周囲の警戒心も強いし、ヨーロッパから完全な仲間として見られないこともあり、周囲に真の友邦国が少ない。そのため、日本が貴重なパートナーとして重宝される可能性が高い(実際に親日感情も意外に高いので、素地は十分ある)。
(3)経済的に結びつきが深まれば、戦争ができない。ロシアの軍事力の脅威が消えることはないが、現実問題として戦争のリスクはかなり低くなる。

デメリットは、
(1)ロシアの歴史的なお家芸である気まぐれ外交に振り回される。
(2)米ロ、中ロが対立した時の立場が難しいものとなる。

と言うところだと思いますが、経済的メリットの方が断然大きいと思います。

パートナーとしてあるていど信頼していくにはまだ時間をかける必要があるでしょうが、少なくとも対米・対中・対EUとして利害が一致している間は紳士協定的な友好関係を維持していくのが良いと思います。

投稿日時 - 2009-03-17 13:46:53

お礼

アメリカと同盟を組みながらロシアとも同盟を組む、という形を実現するのが一番理想だとは思いますね。もし片方の国が何かしでかせばもう片方との仲を利用して牽制する事もできますし。そう考えるのは私が外交に関する知識に乏しいからでしょうか?

ロシアは世界中から嫌われてる分日本が友好国として名乗り出ればいい外交が築き上げられると思うんですけどね。やはりあなたのいうメリットはかなり大きいと思いますし。

投稿日時 - 2009-03-17 20:12:22

ANo.1

北方領土が、全て帰って来てから、検討する問題でしょう。

投稿日時 - 2009-03-17 10:00:59

補足

ふと思ったんですが、ロシアから北方領土を返す代わりに同盟を組むという条件を提示されたら日本はどうすべきなんでしょうね?

投稿日時 - 2009-03-17 20:38:27

お礼

北方領土問題に対して解決策が見いだせないうちは難しいですね。

ましてや全島返還に拘るあまり二島すら取り戻せないうちは無理かもしれませんね。

投稿日時 - 2009-03-17 10:36:11

あなたにオススメの質問