こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本 韓国

どなたかご教授下さい。

お隣、韓流ブームといわれ始めてから、もう既に数年たちます。日韓ワールドカップや韓流スターの来日など、友好的な事もあれば、反日的なニュースを目にすることもあります。(私個人的には韓国のことをもっと好意的に知りたいなと思っています。)

そこでふと思ったのですが、

 !質問です! アジア一部の『反日感情はどの時代からあったのだろうか』と。

私個人的な 『反日』的な事を目にするたびに思うことは、

戦前はどんな関係、感情だったのだろうか。

戦争という悲惨な出来事を軽視する意味ではないのですが、
ものすごく長い目で歴史を見ると、島と大陸とはいえ、隣同士なので歴史、文化、宗教、文法が似ているとか、互いに影響しあわないはずがなく、良い関係、悪い関係ともにあったはず。
元寇では攻められ、秀吉では攻めてるわけですし。 

日本側と韓国や中国などの 戦争の教育 の内容があまりにも違うので戦後世代の人達は 伝聞による情報のみです。私もその一人です。
どちらの国も、マインドコントロールの感(日本は被虐的、韓国は反日教育)があるようにも思えます。

江戸は鎖国、明治以降も言論の自由が現代とは比較にならないでしょうが、詳しい方がいましたら意見をいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-03-18 01:23:50

QNo.4806016

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>文明を共有する「われわれ」と異なる文明をもつ「彼ら」という構図は、人間の歴史にはつねに存在する。文明の内部と他文明との間でこのように態度が異なるのは、以下の理由による。
1.自分たち非常に異なると認識される人々に対する優越感(また、ときに劣等感)
2.そのような人びとに対する恐れや信頼の欠如
3.言語の正しいとみなされる行動の相違から生じる、意思疎通の困難
4.他の人びとの前提や動機づけ、社会的関係、社会的慣習に関する知識の欠如

以上はサミュエル・ハンチントン『文明の衝突』の一節です。
民族、社会、宗教が異なればつねになんらかのすれ違いはおkるものです。何でも”反”の冠をつけて考えないほうがいいと思います。
 人間、民族の多様性を当然として相互理解を図るようにされたほうがいいと思います。

投稿日時 - 2009-03-18 13:01:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問