こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

第二次世界大戦 米国の目的

第二次世界大戦時、米国は意図的に日本を戦争に誘い込んでいきましたよね、なぜ米国はそんなに日本と戦争がしたかったのでしょうか?
やはりアジアの植民地化が目的だったのでしょうか?
だったらなぜ日本に勝っておきながら植民地化しなかったのでしょう?

投稿日時 - 2009-03-18 09:27:42

QNo.4806388

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 アメリカは基本的に日本と戦争する気はなかったでしょう。
 強固に対応すれば、日本の国力から言って、負けることは必然ですから、きっと譲歩してくるに違いないとの読みが大勢を占めていましたでした。

<それまでの国際情勢>
 第一次世界大戦時、帝国主義列強の中で、アメリカと日本は、ヨーロッパの主戦場から遠く離れ、軍需景気に沸いて、大幅な国力増強を果たしました。

 第一次世界大戦後の世界平和の空気の中で、「中国に関する9カ国条約」1922年が結ばれ、(列強がヨーロッパの戦線に全力を傾けていた隙に日本が対華21カ条の要求をしたことが遠因)
 中国の門戸開放
 列強の中国に対する機会均等
 中国の国家としての主権尊重の原則
が確認されました。

 この結果、中国は独立国家であることが保障されたものの、ヨーロッパよりもはるかに中国に近いアメリカにとって、競合する国は日本しかなく、生産力・技術力・資本力で日本よりはるかに有利でした。
 従って、アメリカにとっては、各国が平等であると言うことは、中国に対して相当有利で経済支配が可能ということを意味していました。

 これに対して、経済恐慌で生産力に対して需要が極端に不足した日本は中国市場で優位を築くために、9カ国条約を破って、軍事行動に出たわけです。

(アメリカも日本も、自国の数倍もの人口を持つ中国を市場に出来れば、世界的経済戦争で圧倒的優位に立てますから。)

 第一次大戦後、植民地での独立化の流れが起きており、アメリカも植民地であったフィリピンンの独立を認めていました。
 これは、植民地の自治権要求や独立の動きが活発化して、政治的に植民地を支配し続ける費用・軍事負担が増大して、支配を続けるメリットよりデメリットの方が大きくなってきていたことによります。

 当時のアメリカは、イギリスを抜いて世界一となった経済力の上昇を反映して、他国を政治的に支配する必要はなく、経済力で圧倒すれば、経済的にアメリカを必要とする国家としてアメリカの経済圏に組み込まれ、アメリカに反対できない国家となるとの戦略を持っており、基本的には現在もその戦略は生きています。

投稿日時 - 2009-03-18 13:24:07

お礼

どうやら太平洋戦争は、日本が中途半端な武力を持っていたから起こった悲劇といえそうですね、アメリカも日本を甘く見すぎていたのもいけませんよね、
アメリカは言ってみれば武力で直接的に支配するのではなく、経済の中心となることで間接的に支配すると言う方針なんですね、なんとも平和的でいいではないですか、今まで私はアメリカに対して疑いの目を持っていましたが、これからは好意的に見ることができそうです、
そう言うことなら、世界平和のためにアメリカには世界のリーダーとしていつまでもしっかりしていてもらいたいものです、
興味深い話をありがとうございました

投稿日時 - 2009-03-18 14:34:21

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

No8
すみません質問して前半の所はほとんど米国の文化です
GHQ私の理解度占領軍軍事政府と理解してますが、間違いかも、知れませんのでお調べ下さい。
アメリカの犬とかアメリカの属国とか
中国との戦争に直接ではないが批判介入例中華空軍への協力義勇軍として、フライングタイガースの存在
ホノルルの日本大使館の最後通告が遅れた米国では日本人をジャプとかスネークアタックだまし討ちとか卑怯者とののしる
米国政府はこの奇襲を知っていたが
国民への戦争参加の世論高める為放置していた、第一撃をあいて国から
石油の禁輸されたので南方に資源求めたこれを軍事攻撃すると米国が黙ってみてるわけが無い
フィリッピンの米軍をたたくと米国の太平洋艦隊が出てくるので
ハワイ攻撃した
フィリッピンとハワイは同じ日攻撃ですが台湾にある台南海軍航空隊
はあの有名な故坂井三郎氏
日航機群馬の山中墜落事件の村の村長 黒沢村長もいた
天候が悪く出撃時間が遅くなった。
米国は戦争したかった訳ではなく、日本がこのままでは、ジリ貧になるので開戦にふみきった。
何故太平洋戦争が始まったか調べるのも良いと思います。
私の幼稚な知識より ご気分を害したなら謝罪します。

投稿日時 - 2009-03-21 12:56:26

お礼

いえこちらこそ、ただ、どんな意図のある回答なのか解りかねたのと、少々むきになって答えていた所があります、すみませんでした、

日本が外国にどう思われているかについて、
だいたい予想していた通りでした、どうせいい風には思われていないんだろうと、

とりあえず答えは出たし、あまりに複雑で奥の深い問題なのでだんだん頭が痛くなってきました、今回はこれで終了しようと思います、
ご協力くださった皆様、ありがとうございました、内容が内容なだけに気分を害された方がいましたらお詫びします、どうぞ素人の戯言とお聞き流しください

投稿日時 - 2009-03-21 17:29:46

ANo.8

*だったらなぜ日本に勝っておきながら植民地化しなかったのでしょう
クリスマスしますか
結婚式教会でしますかハンバーガー食べます
コーラ好きですか少しは英語習いましたか
進駐軍GHQはしってますか
アメリカに在日米軍に出て行けといえますかアメリカに右といわれたら左向けますか。
諸外国から日本はアメリカの何と言われいるか知ってますか。
*第二次世界大戦時、米国は意図的に日本を戦争に誘い込んでいきましたよね
国際法で開戦するとき宣戦布告は分かりますか、スネークアタック
の意味は分かりますか。
日米戦争の前に今の中国と戦争して他の知ってますか。
アメリカから石油を輸入して他の知ってますか。

投稿日時 - 2009-03-21 00:33:23

お礼

すさまじい質問攻めですね、おそらく偉そうな事を言っているので私の力量を確かめたいと思ったのでしょうが、正直、私は少し興味があったので歴史のほんの一部をかじった程度の素人です、
一部意図が解りかねる質問もありますが一応答えておきましょう、

>クリスマスしますか
しますね、ケーキが食べたいから、子どもの頃はプレゼントうれしかったですね、でも、別にあっても無くても良い文化だと思います
>結婚式教会でしますか
それは相手が望むのであれば考えますね、しかしこれもどうでも良い文化だと思います
>ハンバーガー食べますコーラ好きですか
食べます、売っていて食べたくなった以上買って食べますね、しかし、同じくあっても無くても良いものです、健康に良い食べ物とも言えませんし
>少しは英語習いましたか
一応高卒だと言っておきます、英語は超苦手ですが
>進駐軍GHQはしってますか
知りません、あとで調べます
>アメリカに在日米軍に出て行けといえますかアメリカに右といわれたら左向けますか
今の北朝鮮などの脅威がある時点では米軍にいてもらわないと少々まずいでしょうね、今の圧倒的な力を持つアメリカには逆らえないでしょう
>諸外国から日本はアメリカの何と言われいるか知ってますか
知りません、興味があります、なんて言われてるんですか?
>国際法で開戦するとき宣戦布告は分かりますか、スネークアタック
の意味は分かりますか
詳しくはないですが、真珠湾の時、日本は一応ルールにのっとった宣戦布告をするつもりだったらしいですね、不手際でまずいことになりましたが、スネークアタック、奇襲攻撃の事ですか?、宣戦布告(結果的に攻撃後になってしまったが)、した以上、奇襲も戦術の一つであり、卑怯だとも何とも思いません、米軍もドーリットル空襲とかやってますしね、そもそも、真珠湾の時、米大統領は日本空母艦隊の位置を逐一把握していたので奇襲も減ったくれもないのですがね
>日米戦争の前に今の中国と戦争して他の知ってますか
日中戦争の事ですか?、人並みには知っているつもりです、
>アメリカから石油を輸入して他の知ってますか
知ってます、そもそもアメリカからの石油輸入を断たれて、日本艦隊が鉄くずになりそうだったのも日本が開戦に踏み切った理由の一つですからね、

一応質問に答えました、これはいったいどんな意図があるんですか?

投稿日時 - 2009-03-21 10:14:53

ANo.7

アメリカと言ってもすでにご回答の通り色々な立場の人がいます。

まず政権の意図として、不戦を掲げて当選したルーズベルト大統領であったが、独英戦に参戦したい、と言うのが一番大きいです。
アメリカはイギリスに対しての債権国ですので、イギリスが負けると借金が焦げ付きます。
そこで自分から参戦できないルーズベルト大統領は日本に戦争を仕掛けさせたかった

次にそもそも戦争がしたかったというのがあります。不況の建て直しには戦争が一番と言うわけです。

さらにアジアを見ると、米民主党支持者は、中華民国政府に多大な支援をしています。これが焦げ付くと困るわけです。

あとブロック経済が各地で築かれていたので、ドイツ・日本の勢力権下が増えると、アメリカが市場(輸出先)を失うと言う問題があります。
これは植民地化したいわけではなく、ただ貿易で儲けたいわけです。しかし当時は実質的に植民地と宗主国との間でなければ、第三世界相手に貿易で儲けることがそもそも不可能な環境になっていたわけで、そのために日本勢力権拡大をのものを否定したかったわけです。

このように当時の政権関係者の私益と国益が複数重なり合っていますが、その多くが戦争に向かうものだったわけです。

投稿日時 - 2009-03-19 10:36:14

補足

もうすでに答えは出ましたが、これまでの問答で何か言いたいことがある人がいるかも知れないのでもう少し締め切らないでおきます

投稿日時 - 2009-03-20 16:56:04

お礼

どうやら一番の理由は独英戦への参加と言うことらしいですね、何にしろ、日本はいいように利用されたと言うことですね、
そもそも、日本が戦争相手に選ばれるほどの軍事力を得ることになったのも、元をたどればアメリカの黒船来航によるものですよね、それまで日本は自給自足でうまくやっていたのに、
そう考えると日本はもっと前からアメリカをはじめ外国に振り回されてきた感じですね、外国の刺激さえなければ今でも日本は裕福では無くても、自然豊かで美しい日本の文化の残る素晴らしい国だったのでは無いかなんて思ったりしてしまいます、
すみません、思わず持論に走ってしまいました

投稿日時 - 2009-03-20 16:52:32

ANo.6

戦争に誘い込んだのは中国だったと文芸春秋4月号に詳しく述べられています。
 また、日本の朝鮮支配で見られるように、日本が中国を占領すれば外国企業を締め出すことは明らかですので、中国の市場としての価値を重要視していたのです。外交交渉中に既成事実を作ろうとする前時代的な国家を放置することは許されないことでした。
 植民地化は採算がとれないことをイギリスの植民地経営の歴史をみて知っており、太平洋戦争で国連の委任統治領もほとんど返還しています。

投稿日時 - 2009-03-18 20:12:35

お礼

それって盧溝橋事件のことですかね、あれはでもいまだに日中どちらが先に仕掛けてきたのか決着はついていないようですね、あるいは第三国が裏でかかわっていた可能性もありますし、
しかし同じ東アジアで太古から関わりも深かったのにどうして日中は友好的になれなかったのかとつくづく思いますね、中国が日本を支援してくれれば日本もそう簡単に負けなかったのではないかと…、まあ、プライドの高い国ですから無理でしょうけど

投稿日時 - 2009-03-20 16:19:23

ANo.5

善か悪か、白か黒か、といった2極論で語れるほど歴史は単純ではありません。

投稿日時 - 2009-03-18 14:45:25

お礼

それは一応承知しているつもりです、こういったデリケートな話の場で安易に善悪と言う言葉を出したことは十分反省します

投稿日時 - 2009-03-18 15:05:37

ANo.3

国家の意図が単純なケースと言うのは極稀で、独裁国家であっても様々な個々人の意図が絡み合って、国家の行動が行なわれます。
神権天皇制と言う独裁国家であった当時の日本でさえ、様々な意図がぶつかり合って居た訳ですから、一応の民主国家である米国が単独の意図で行動していなかったのは、今回の対テロ戦争を見ても判ります。
但し、当時の米国の意図において、「植民地化」という要素は無かったと思います。
何故なら、第一次大戦までに「植民地化」が容認されると言うスタンダードは変わっていて、同盟国側だけが「ルール違反」となっている事に気付いていなかったと言う状態が発生していたからです。
謂わばフセインのクウエート侵攻の様な当時の日本の行動に対し、米国が「正義の鉄槌」を下そうとしたと言う事と、ドイツに脅かされている英国を助けたい、地政学的勢力地図を書き換えたいという意図が混じっていたというのが実態だったと思います。

投稿日時 - 2009-03-18 11:15:35

お礼

植民地化の野望はなかったのですね、私は米英は白人による世界征服を企んでいたと思っていました、英国の思惑はともかく、米国はとりあえず悪では無いと理解していいのでしょうかね、
一概には言えませんが、やはり悪はファシズムなのでしょうか、それらと組んでしまったのが日本の最大の過ちだったんですね

投稿日時 - 2009-03-18 13:50:05

ANo.2

当時のアメリカにアジア的な野心は殆ど無かったと思います。
アメリカが重要視していたのはやっぱり元々の故郷であるヨーロッパです。
ルーズベルトはヨーロッパ戦線に参加したかったが、アメリカ世論は
参戦に否定的でした。
その前の大一次対戦でアメリカは、ヨーロッパに対する武器供与で
戦争特需があり、国民はそれを覚えていました。
ヨーロッパがまた戦争をしているならまた儲ければいい。
そんな世論をひっくり返すには、日本の真珠湾奇襲が最も効果的です。
何しろ建国以来、本土が攻撃を受けた事が無いアメリカです。
国民世論は一夜にして参戦を支持しました。

こうして日本を相手にする口実を作ったルーズベルトは、次に本命である
ヨーロッパに兵を送る事が可能になりました。
何しろドイツは日本の同盟国です。ならば叩いてしまえ、となります。

アメリカがアジアに関心を寄せるのはソ連の共産主義がアジアを覆う事による
共産主義の台頭に恐怖を覚えたからで、元々同盟国の西ヨーロッパが
植民地を持っていたアジアに食指を動かす必要は無いと思います。

投稿日時 - 2009-03-18 10:11:15

お礼

なんと、ヨーロッパ戦線に参加するための口実を得る為に日本を利用したんですか、日本もとんだとばっちりを受けたものですね、やはり日独伊三国同盟は間違いだったのですね、
よくわかりました、ありがとうございました

投稿日時 - 2009-03-18 12:37:39

ANo.1

>植民地化が目的だったのでしょうか?
違います。経済的に台頭してきたことと、覇権主義による領土拡張路線に危機感を覚えたからです。特に中国大陸及び東南アジアにおいて、欧米の既得権益に対して脅威となったからです。もちろん、ヨーロッパ戦線に参加したいという思惑もありました。
第二次大戦に於いては、連合国側は「ファシズムとの対決」という大義名分を掲げ、「領土と権益の獲得を目的としない」という協定を結びました。

投稿日時 - 2009-03-18 10:05:49

お礼

別に米国にはアジアの植民地化と言う野望はなかったのですね、戦争関連で調べ物をしていると、よく、「日本と言う強い国があったからアジアは欧米列強による植民地支配を免れた」と言うようなことを目にするので、「日本ってアジアの英雄じゃん、かっこいい!」と思っていました、
でも、本当はただ単に杭が出たから打ったと言うところですか?、別にあの時日本が弱くても今のアジアの平和にはなんら変化はなかったのですかねぇ

投稿日時 - 2009-03-18 12:28:59

あなたにオススメの質問