こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

新築内覧会について

新築住宅を購入いたしまた。 引渡し前の内覧会で第三者の一級建築士に同行してもらい見てもらったほうがよいのでしょうか? 仲介業者に第三者の同行を聞いてみたところ、施工業者の許可がいるとか、そんな前例はないとのことでしたが、どうなのでしょうか。内覧会は前もって誰が行くか先方に連絡しなくていけないものなのでしょうか。 また強引に連れて行った場合は、後々売主との関係が悪くなるなんてことがあるのでしょうか? 色々と確認する最後にチャンスですので、専門家がいたほうが、心強いと思っております。

宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-03-25 19:44:27

QNo.4826554

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

専門家に同行してもらった方がいいです。
 何か見つかった時と言うより素人でも必ず何か見つかります、そう言う時は結構相手に言い包められ、後で泣き寝入りなる事が結構あります。

出来上がった後では確認出来ない物もありますが。。。
・特に立て付けの悪さは、ドアを閉めた時、上のすき間と下のすき間が違う場合ある。
・ふすまを閉めた時、どこかにすき間が出る。
・耐震金物は、使われているか、固定もされているか。
・断熱材は、手抜き無く入れられているか。
・基礎にクラーク(ひび割れ)がないか。
・最初に、台所とかに地下収納あれば、新聞紙1枚入れて置く、帰りに新聞紙が湿っていれば、問題があります。家の下に湿気が溜まり易く、基礎が腐り安いです。
・家は見た目より中身が一番大切です、新築ですから、綺麗で当たり前と言い聞かせた方がいいです。クロスなんて後どうにも出来ますが、基礎・家の立て付けは後でどうにもならない事もあります。
・エアコン用の穴・電源があるかどうか、ない場合も結構あるようです。エアコン工事で明けると、1・2万取られます。

メジャー・水平機・ビーダマ・カメラ・メモ用紙は持っていく方がいいです、専門家に頼むなら問題ないでしょう。

>三者の同行を聞いてみたところ、施工業者の許可がいるとか、そんな前例はないとのことでしたが、どうなのでしょうか

手抜き工事が疑われますね、許可は必要ありませんし、最近では専門家に見てもらう事はよくある事です。行政も指導してますから問題ありません。指摘されるのが怖いのでしょう。無視しましょう。

内覧会に行くメンバーは事前に連絡する必要は販売会社によります。
私の場合は、そう言う物はなく、行った時に、サインだけしました。
必要なら家族1人の委任状で専門家に入って貰いましょう、代理ですから問題は出ません。
家族+専門家が良いかと思います。

> また強引に連れて行った場合は、後々売主との関係が悪くなるなんてことがあるのでしょうか?

質問者様は一時の関係悪化と30年40年住む事を考えればどちらが得か直ぐに分かりますよね?業者は引き渡せば一応は終わりです、ですが質問者様は末永く住み続けます。
強引とかそう言う問題ではありません。

家族+専門家が良いかと思います。例え専門家に10万かかったしても、住み続ける事を前提とした場合、10万で安心して住めるなら安いですよね。

投稿日時 - 2009-03-26 12:45:39

ANo.4

うちは、他のデベロッパーに勤めている知人(インテリアコーディネーターと建築士の資格も持っている)に同行してもらいました。
カーテン等を頼んでいたこともありますが、
素人目では見逃していただろう傷やクロスの仕上げの悪さを
指摘してもらって助かりました。

第三者に立ち会ってもらうのは、最近、多いと思いますが・・・。
前例がないなんて、ヘンですね。

高い買物ですし、普通のことだと思いますよ。

投稿日時 - 2009-03-26 10:52:38

ANo.3

ほぼ完成した状態で、WX46Kさんは、建築士にどんな指摘をしてもらいたいのか、どんな期待をされるのかという事も有るかと思います。
確認申請等の図面の仕様どおりにつくられているか、構造的な問題が無いか、手抜きなどが無いか、などの指摘を期待されているとしましたら、それは契約前かつ、まだ仕上げの下地ボードなどが張られる前にチェックしなくてはいけないと思います。
仕上がっている状況では、相当な問題が無い限り、重要な箇所は隠れてしまってその多くを確認する事ができません。
また、その相当な問題(例えば、図面と違っていて検査済証が無いとか、建物に傾斜があるとか。)が見受けられた場合、売主に調査・見解を文書で回答しこちらが納得するまで引渡し拒否ができるか、あるいは解約することも考えられるか。そういった覚悟を持った上で依頼をし、毅然と立ち向かわなくてはいけないと思います。
見た目のクロスの汚れや剥がれなどの指摘は、一般の方でも充分できます。建物の特徴などの説明を受けたいとかでしたら、例えば、その建築を設計・監理された方からの監理報告書の提出を求めるとかも必要でしょう。
内覧に誰が行くかなどは、特に定めがあるわけでもありません。人数を伝えておけば充分と思います。(今時は建築士が同行されることも多くなってきていますので。)
その後の売主との関係といいましても、建売などの場合、売ったら終わりという感じで、一般にはクールな関係になりますので、不信・不安なことが少しでもあるのなら、文書に箇条書きにでもメモを持って、一つ一つ確認し納得されることこそが大切ではないかなと思います。
一生に一度のことですので。後悔をしないようにすることが大切かと思います。
参考までに。

投稿日時 - 2009-03-26 08:32:44

ANo.2

1です。

親戚一同全員集合とかはさすがに迷惑でしょうけど。
ただ、何人以下じゃないとダメとかいう事はないでしょう。

皆さん色んな業者を連れて来られますよ、カーテン屋さんとかね。

投稿日時 - 2009-03-25 20:25:38

お礼

有難うございます。 もうひとつお聞きしたのですが、内覧会に行くメンバーは事前に連絡する必要はないのでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-25 20:38:20

ANo.1

当然専門家に同行をお願いすべきです。

施工業者の許可がいるとか・・・ありえないです。
うさんくさいですね。

投稿日時 - 2009-03-25 19:48:01

補足

早々のご回答有難うございます。 そもそも内覧会は何人いってもよいものなのでしょか。(しょうもない質問で申し訳ございません。)

投稿日時 - 2009-03-25 20:15:34

あなたにオススメの質問