こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い分けについて

最近の若い人の言葉使いについて疑問があるのですが。

自分の考えが古いのかもしれませんが、終業時に年下・部下の人間が自分に対して「ご苦労様です」と言う若者が増えているのですが、それって言葉使いが違ってはいないかと感じる時があります。

「ご苦労様」「ご苦労さん」は自分より年下・部下に対して使う言葉ではないのかと、47年間生きてきた経験からそう思ってきたのですが。

自分が思うには、目上の人・上司への挨拶は「お疲れ様です」「お疲れ様でした」ではないのかなと思うのですが、
・自分の考えが古いのですかね? 
・それともなめられているのかな? 
・それともまだ言葉の使い方が分らないのかな? 

「そんな事いちいち気にして、ケツの穴が小さいな~!」と言われそうですが、どうも違和感があるのですが、自分の考えは間違いですかね?

皆さんのご意見次第では、その若者達に指導していきたいと思います。
自分の考えが間違いなら考えを改めたいと思います。

ご意見お待ちしております。

投稿日時 - 2009-03-29 14:19:03

QNo.4836213

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私は、昨年ある本を読んでいて、帰り際の目上の人にお疲れさまは失礼だという文に接し考えを改めたばかりでしたので回答しました。
質問者さまの言う通り眼下の人間に「御苦労サン」と声をかける上司もよく見かけるのですが、「お疲れ」のほうが「御苦労」よりもいたわりの気持ちが弱い表現と感じませんか?
 確かそんな内容の文だったと思います。取引先の同じくらいの社会的な立場の人の悩みを聞いた時、それは疲れることですねとは言わず、それはご苦労されますねと答えると思います。
 言葉の持つ意味から上司に「お疲れ様」はかえって失礼になるとの文意でした。
 古くはあまり「お疲れ~」などと語尾を飛ばした挨拶はなかったのですが最近は「お疲れ」と語尾を言わない挨拶が普通に行われるようになってきました。「本来はお先に失礼します」の前置き言葉がそのまま挨拶に使われるようになってしまったんだと思います。

投稿日時 - 2009-04-05 13:37:43

お礼

こんにちは。

なるほどですね。
日本語って難しいものですね、部下が先に退社する場合は「お先に失礼します」で良いと思うのですが、同時に退社する場合には、
上司 →「お疲れ様」「お疲れさん」「ご苦労様」「ご苦労さん」
部下 →「お疲れ様でした」
で良いと思うのですがどうですかね?

その場、その場での状況もあるし、一概にどれが正しくて間違いとかではなく、どの場面で使っても相手に不快感を与えない言葉使いを指導していけば良いのではないかと思っております。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-04-05 14:54:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

22人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(24)

ANo.23

日本語の正しい使い方を知らない人が増えているだけではないでしょうか。特に社会経験のない人はこの使い分けまでは考えていないのでは?

様が付こうがつかまいが、御苦労様は目下に使うことばです。
目下が目上に迷惑をかけて、問題解決までしてもらったら、「ごくろう」ではなく、「申し訳ありませんでした。ありがとうございました。」では?

28歳女で、受付などしたこともありませんが、やっぱり気になります。ご本人、会社のためにも、ご指導してさしあげた方がわたしはよいかと思いますが。

投稿日時 - 2009-04-05 12:55:23

お礼

こんにちは。

賛同意見誠にありがとうございます。
新人指導は現在進行形ですが、採用試験だけでは見抜けないものがあると、実感している所であります。
幸い自分は職務内容が若干変わりまして、外回りの仕事が増えましてこの悩みから少しは離れています。

>ご本人、会社のためにも、ご指導してさしあげた方がわたしはよいかと思 いますが。
はい! ここに質問して沢山のご回答様に頂いたご意見を活用して、現在も指導(人生の先輩として)している所でございます。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-04-05 13:45:40

ANo.22

元人事労務です。

自分宛に対する言葉かどうかで考えるかどうかだと思います。
押し付け・・・・。とありますが、営業職や納品業者とかなど社外の人と多くの接点を持つような職務である場合、質問者さんの感じられた違和感が社外の人にとっては「○○社員の応対はなってない。」「○○社の社員と話すと気分が悪い」等と他の者に与えてはならないと思いますので、何らかの形で指導すべきだと思います。
毎日、長い時間顔を突き合わせている気心知れた相手ではなく、短時間にその会社の唯一の相手となり、会社の顔とも大げさに言えばなることもなりますから、その会社の顔として誰に対しても不快に思わせない挨拶をさせるのは押し付けでもなんでもなく、とても必要なことだと思います。

言葉自体は、双方「様付け」していますから、確かに「ご苦労様」の言葉に杓子定規的におかしいとも思えず、特に問題はないかと思います。要はその発言のシチュエーションによっても変わってきます。
直属の上司部下で、職務を共有し、その事案が解決したときに部下が「本当に○○部長、ご苦労様でした」等の発言であれば、何らおかしくはありません。
しかし、部下が外出先から戻ってきた上司に向かって「ご苦労様」とはありえませんし、外出先からの上司の電話に向かって「ご苦労様」と言われたら、「ああ、ご苦労ご苦労、ご苦労様でした!」と嫌味の一発でもかまします(汗)

因みに以前私がいた会社では「誰が誰に対しても”おつかれさまでした”」というように指導していました。誰が目上で目下等で挨拶を変えるようなことは、あってはならない。誰に対しても敬意を持って挨拶はするようにという考えからです。

投稿日時 - 2009-04-01 19:54:26

お礼

こんばんは。

元人事労務様の意見という事で、大変中身の濃いお話を頂き、感謝しております。

>誰が目上で目下等で挨拶を変えるようなことは、あってはならない。誰に対しても敬意を持って挨拶はするようにという考えからです。
この様な考えは大賛成でございます。
現状はその様な会社の方針に反発する若者や社員が増えているのも現状ですが。
実際自分も、会社では新入社員に対しても、「お疲れ様」と言う様に心がけています。
名前を呼ぶ時も呼び捨てではなく、部下で年下の場合は「○○君」女性の場合は「○○さん」と、部下で年上の場合は「○○さん」と呼ぶようにしています。
自分がそうすれば、部下達も真似てくれるのではないかと思うのです。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-04-01 21:33:07

ANo.21

人生の先輩方が回答される中、僭越ながらchihoabe23歳一言、言わせ
て下さい。

上司に対して部下が「ご苦労さん」=NG 「ご苦労様」=OK

同じく「お疲れ様です」=OK 「お疲れ様でした」=OK

同じく「お疲れさん」=NG

結局、私 思うのは部下が上司に対しては

(お疲れ OR ご苦労でも)XXX様はOK

(    同じく    )XXXさんはNG

ではないでしょうか?
また、「お疲れ様は」終業とか何かを終えた時に使われる事が多いですが「ご苦労様」は例えば仕事中に上司の方から電話があったりしたら一番最初に「ご苦労様です」と私は言います。

質問者様は特に、古い訳でも・舐められている訳でも・使い方が分からない訳でも・お尻の穴が小さい訳でも、ないと思います。

私は会社では問題児扱いされておりまして今、新入社員と一緒に教育を受けておりますが、その怖い教育係りの方にも「ご苦労様」と言いますが教育係りの、お姉様も「ご苦労様」と返してくれます。
仮に私が「ご苦労さん」と言えば、お叱りを受けると思います。

年上の方に対して失礼かと思いましたが私の考えを述べさせて頂きました。

投稿日時 - 2009-04-01 18:55:02

お礼

こんばんは。

実体験のお話大変参考になりました。
言葉遣いは難しいもので、「ご苦労○○」の ○○部分が違うだけで、乱暴にも、丁寧にも変わるんですよね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-04-01 21:13:03

ANo.20

日本語うんぬんの正確なところはまったく分からないのですが
私の解釈では

「ご苦労様」→上司が部下に
「お疲れ様」→部下が上司に

だと思っています。
誰に教わった訳でもなく、今までの会社ではすべてこのように
使われていたので周りの真似をしただけなのですが…
会社の中である程度傾向がまとまっているようであれば
そのように教えられてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2009-03-31 13:01:05

お礼

こんにちは。

>誰に教わった訳でもなく
自分も同じでありまして、特別に指導されたわけでもなく、自然と身に付いて知識です。
でも最近それが正しい知識なのかが、?に思いましてここで質問させて頂きました。
様々なご意見を頂きまして、様々な解釈があるのだなと大変参考になりました。
今後それを弁えて指導していこうと思っております。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-31 13:47:05

ANo.19

以前に同じことが気になって、ネットで調べまくった経験から申します。
厳密には(他にも同じ回答が出ておりますが)、「お疲れさま」と「ご苦労さま」は、同様に「目上から目下へ」掛けられる言葉であって、つまりどちらも目上に対して使うと失礼な言葉なのであって、これを「お疲れさま」は目上に対しても使っても非礼ではないが、「ご苦労さま」は目上に対して使うと非礼である、などと知ったような顔で言う人間は、言葉を知らない。
のだそうです。
ですので、これだけを踏まえるのであれば、注意などすると、このようなことを知っている人から見ると、「あの人はバカだな」と思われますよね。
ですが、実際に社会人マナーとして、「ご苦労さま」は目上に対しては失礼、と言う概念は、定着していると言えるでしょうから、私は目上の方に対しては決してこれを使いません。そして、「お疲れさま」は使っても良い、とする説は浸透していますから、こちらは使います。
その上で、あなたが、「ご苦労さまと言われると、不快だな」と思われるのであれば、誰にどう思われるかはともかく、注意すればよろしいのではないでしょうか。
そうでなく、「ご苦労さまと言われると、不快に思う人間が居ることは事実なのだから、言葉の性質上は問題が無いが、実社会でそれを使うと、あらぬ評価を受けることがあるよ、と、年輩者として助言してあげたい」と思われるのであれば、これを行えば良いのではないかと。
マナー=正しい言葉
とは限らない、と言うことを、知っているといないとで大違いですね。
ですので、お考えが間違いと言うよりは、ご理解の不足かと。
ただし、私は学者ではございませんので、この情報そのものの正当性は保証致しかねます。あしからず。
あと、全然関係無いかもしれませんが、自分が先に帰る時に、「お先に失礼します」と言わずに「お疲れさまです」と言って帰る人は、目上であっても目下であっても最低だと私は思います。
ご参考まで。

投稿日時 - 2009-03-30 16:17:56

お礼

こんばんは。

そうですね、ここで沢山の皆様のご意見を頂き分りました。
もう少しで自分は若者に「押し付け」するところでした。
時と場合によってはそれも必要かも知れませんが、「助言」と言う形で教えてあげれば、彼達も受け入れてくれるかもしれませんね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 20:41:29

ANo.18

#12です。お礼ありがとうございました。

>だから「叱られ慣れない」の表れではないかと思います。

それもですし、人間関係を構築する機会が少なくなっています。
避けて通れば、通れないでもないのです。人間関係。
部活に入らなければ敬語を使うこともそんなにないし
先生をやってる友人の話では、
先生に敬語を使わない生徒もいるそうです。
それでも何もいわない先生もいますし、注意する先生もいます。
そして叱られたら叱られたで
親が怒鳴り込んできたりもするらしいので妙な世の中です。
このサイトでも、比較的近いところでの人間関係に悩む質問多いですし
「こじれたらこじれたでいいからいいたいこといったらいいんじゃないの」
と私は思います(^_^;)
「自分はこういう人だ」という主張は大切だからです。

そして、大切なのはその会社でどうか、ということです。
取引先や上司に失礼のないような言葉遣いは
面倒かもしれませんが社員教育の一環になると思います。
叱り付ける、という言い方では伝わりにくいので
「場所によって色々らしいけどうちの会社では
目上の人に『ご苦労様』は失礼だから
『お疲れ様でした』っていうように」
というのを伝えたらいいのでは。
他の回答者様の回答にもあるように、「ご苦労様」のほうを使う、
という場合もあるわけなので、あくまで「うちの会社は」とか
「大体は」と付け加えるといいと思います。

私は先に得た情報のため
(「お疲れ様」も労をねぎらう言葉で上→下の言葉)
極力いわないようにしています。
変に意識してしまうようになったからです(^_^;)
でもそれも相手に押し付けたりはしません。
場に相応しい言葉遣いは、その場所によって違うからです。

47年間生きてきた経験、とても大切です。
それが正しい、という自信も。
ただ、それは「絶対」ではないと思います。
人や場合や状況によって相応しい対応があると思います。
そして、20年間生きてきた経験、若者当人にとってはそれがすべてです。
そこの「経験値の差」を踏まえたうえで
大人の対応をなさるといいと思います。

投稿日時 - 2009-03-30 15:07:45

お礼

再度のご回答ありがとうございます。

>20年間生きてきた経験、若者当人にとってはそれがすべてです
そうなんですよね、彼らは知らないから当たり前のように、それが正しいと思い遣っているのかもしれません。

>大人の対応をなさるといいと思います。
上記の事を踏まえた上で大人の指導をしていきたいと思います。

大変参考になりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 16:11:00

ANo.17

えー! 私は逆に目上の方に「お疲れ様です」といって、「それは目下の人にいう言葉だ」と怒られたことがあります。

なので、目上の方にはできるだけ「ご苦労様です」というように気をつけていたのですが…。

他の回答者さまの意見をみていると会社などによっても違いがあるようですね。
勉強になります。

投稿日時 - 2009-03-30 14:25:50

お礼

こんにちは。

じゃぁ! 言い方を変えて表現してみます。

貴女が後輩から
「お疲れ!」と「ご苦労!」と「様」抜きで言われたとします。
どちらも「様」を抜けば失礼な言葉だと思いますが、
どっちが「偉そうな!」「生意気な!」「不愉快だ!」と思いますか?
自分は「ご苦労」だと思います。

ただ、人それぞれで捉え方は有ると皆様のご意見でわかりました。
それを自分の観念で押し付けてはいけないと言う事も解りました。
今更ですが、人との付き合いは大変ですね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 15:11:20

ANo.16

これは、私がファミレなんかで、「コーヒーでよろしかったでしょうか?」と言われた時に感じる、イラつきと通じるものがあり、共感を覚えます。

しかしながら、他の人が若手に対して、「『ご苦労様』は目上の人に使う言葉ではない!」なんて説教しているのをきいたら、「じじいが器の小さいこと言っているなー」と思う気がします。

悲しいことに、言語は数十年単位で見た場合、少しづつ変化していくもののようです。「情けは人のためならず」に、「安易な親切はその人のためにならない」という意味が追加されるなんて話が出るくらいですので、言葉遣いに関しては、大らかな気持ちを持つことが肝要な気がします。

個人的な感覚としては、顧客に対しての「ご苦労様」はアウト、その場での叱責の対象になります。一方、社内の目上の人への「ご苦労様」は不問という感じでしょうか。本当に常識がない人であれば、結局、周囲の人間からそれなりの評価しかされないので、いちいちに細かいところに突っ込みを入れて職場の空気を悪くする必要はないように思われます。

投稿日時 - 2009-03-30 12:28:26

お礼

こんにちは。

>言語は数十年単位で見た場合、少しづつ変化していくもののようです。
確かにそれはあると思いますが、自分が考えるには「言語の基本」というものがあり、変えてはいけないものがあると思います。
それを学んで欲しいのです。

>本当に常識がない人であれば、結局、周囲の人間からそれなりの評価しかされないので、いちいちに細かいところに突っ込みを入れて職場の空気を悪くする必要はないように思われます。

そうでしょうか? すみません、否定する訳ではないのですが自分の意見としては、折角仲間になったのですから教えてあげた方が本人の為にもなるのではないでしょうか?
注意して雰囲気が悪くなるより、生意気な口をきかれながら我慢をしている雰囲気の方が空気を悪くすると自分は考えます。
注意しなければ永遠に続きます、でも注意すれば無くなる事も考えられます。

すみません、ご回答頂いたのに否定文みたいに書いてしまいまして。
自分の意見を素直に書かせて頂きました、またご意見ありましたらお願いします。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 14:20:12

ANo.15

こんばんは。

私も新入社員のときに「ご苦労さま」は目上が目下に、「お疲れさまでした」は目下が目上にと習い、そのように使い分けてきました。
ある時、若い女性のお客様からお帰りの際に「ご苦労さま」と言われて少々驚きました。
恐らくご両親が使われていた言葉を、場に応じて使用されたのかもしれませんが、立場の差こそあれ、あまり気持ちの良いものではありませんでした。

また当時20代の後輩が、搬入業者として出入りしていた初老の男性に「ご苦労さま」と声をかけたとき、見かねて事後に注意を促しましたが
彼はその態度を変えませんでした。

話しは反れますが、飲みに行った帰りの別れ際に、
同僚ではなく同窓の友達に「お疲れさま~」と声をかけられた時、
友達とのチャットを終えるときに「お疲れ~」と書かれた時も
「え、疲れてたの?」と思いました(笑・これは少々皮肉めいた冗談です。)

些細なことですが、私は意外と気にするたちです。

投稿日時 - 2009-03-30 01:07:49

お礼

こんにちは。

>見かねて事後に注意を促しましたが
 彼はその態度を変えませんでした。
確かに聞く耳を持たない、反抗的な、若者も居ますね。
でもそう言った人間に限って、仕事の覚えは悪いし、ミスが多いですね。
学習能力が無いと言うか、プライドが高いのか手を妬いております。
因みにその様な人間は出世も出来ませんがね。

>些細なことですが、私は意外と気にするたちです。
自分もそれ程神経質では無いと思うのですが気にします、そうでないと相手に不快感を与えてしまうと思うからです。
自分がされて嫌な事は、人も嫌がるんだと常に考えます。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 13:52:58

ANo.14

んっ?う~ん?

40代半ばの男ですが
質問者である貴方と回答者の方々の
文面を読ませてもらいましたが、正しいのは正しいのですが
何かスッキリしませんね?

賛同の回答が殆どなので、私の考えは少数意見かもしれません。

まず質問のタイトルにある
「ご苦労様」と「お疲れ様の」使い分けですが
どちらも"様゛をつけていますから
「相手に敬意」を表していますよね?
つまり、年上・年下でも立場上の都合などで「ご苦労様・お疲れ様」を使う事が有り
年下とか、余り気を使わない相手には「ご苦労さん・お疲れさん」を使い分けると
私は考えますけどね?

さらに、「ご苦労様・さん」と「お疲れ様・さん」の使い方の違いは
距離感、親近感の違いで使い分けると思いますが………
一概には言い切れませんが
社内、仲間等の同じ側?(こちら側の人間という意味合い、知っている人)に使うのが
「お疲れ様・お疲れさん」で
「ご苦労様・ご苦労さん」は向こう側?(上手く表現出来ませんが、余り面識の無い人)に使う事が多いと思いますよ?
(例、郵便配達・新聞配達の人など)
言葉は時代と共に進化しますし、若者に誤った言葉を使わせているのは、私を含む年上の人間の責任です。

投稿日時 - 2009-03-30 00:52:00

お礼

こんにちは。

確かに物事には、どれが正しくて、どれが間違いか、100人集まれば100通りの・・・・・。
があるように、答えは様々ですよね。

>若者に誤った言葉を使わせているのは、私を含む年上の人間の責任です。
確かにその通りだと思います。
しっかりとした教育・躾を、親御さん達・大人達がしていれば非常識な大人は少なくなると思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 13:32:30

ANo.13

 本来の言葉の使い方としては、身分が上の人間から下の人間に対して労をねぎらうという意味で“お疲れ様”、“ご苦労様”と言うそうです(時代は江戸時代ぐらいの話だったかと)。当時は下から上には何も言わなかったそうです。埼玉のFM、79.5(通称:ナックファイブ)の番組で説明されていました。要は身分が下の人間が身分が上の人間の労をねぎらうのは失礼だということです。ねぎらう=上から目線だからでしょう。
 とは言え個人的には上司の帰りの挨拶“お先に”に対して“さようなら”とか“お休みなさい”はおかしいので“お疲れ様でした”と言います。“ご苦労様でした”は言わないですね。

投稿日時 - 2009-03-29 23:48:22

お礼

こんにちは。

>“ご苦労様でした”は言わないですね。
やはり、「ご苦労様」は上から目線の感覚の意識が強いみたいですね。
最近の日本での若者の遣っている言葉も、意味不明で解らない言葉が多いですよね。

あっ! 自分が年寄りなだけかもしれませんが^^;

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-30 13:16:10

ANo.12

何かのテレビ番組で観た記憶があるのですが
「お疲れ様」も上→下の言葉だったような気がします。
労をねぎらう、という言葉なのでそういう点で「ご苦労様」と同じような。

これを観て思ったのが、
「仮に間違っていても、
それを聞いた多くが違和感を覚えないなら正しいとされる」
でした。
人によっては「お疲れ様でした」ではなく「ご苦労様でした」
のほうが違和感ない人もいるのだろうけど
そうではない人のほうが多いから
○「お疲れ様でした」
×「ご苦労様でした」
なのかなと。

先に帰る場合だと「お先に失礼します」が無難だと思います。
そのほかにそういった言葉をかける・かけられる時は
「お疲れ様です」のほうが語感的には良いかな、と思います。
それを「間違いである」「不快」と思っている人が少ないだろうから。

個人的にはその会社にあわせるのが良いと思います。
周りをみて、みんなのやり方に倣います。
なので、もし後輩が「ご苦労様」といったら
それは使わないほうが安全、と教えると思います。理由を含め。

あと、指導とありますが、人によって言い方を気をつけないと
うまく伝わらない場合があります。
そういう言葉遣いをする人は、
叱られることに慣れずに育ってきている場合が多いからです。
なので、まず信頼関係と言うかちょっと仲良くなることでしょうか。
多少厳しいことをいっても「自分のことを思っていってくれている」
と思われるような。
面倒かもしれませんが、解決すべきは「場にふさわしくない言葉遣い」
なので、そのために最善を尽くすほうが結果的にめんどくさくないと思います。

あと、言葉はナマモノなので、あまり杓子定規に考えない事も
時には必要かなと思います。
若者だから、というのもあるかもしれないけど
若くなくても言葉変な人たくさんいるし、
若くてもきちんとしてる人はしてます。
「的を得た」と「的を射た」の間違いはもうこれでもかっていうほどみるし(笑)

このご質問の場合、大切なのは「会社的にどうか」だと思います。
ほかの人(同僚や取引先)が違和感を覚えて不快に思っていないなら
その会社ではアリ、kazu_1003様ほか「失礼だ」と思う人にはナシ
ということ。
でもどうかんがえてもそうである可能性は低いので
「そういう風にいうのはやめたほうがいいよ」と伝えることになるでしょうね(^_^;)

投稿日時 - 2009-03-29 19:38:11

お礼

こんばんは。

>指導とありますが、人によって言い方を気をつけないとうまく伝わらない場合があります。
そういう言葉遣いをする人は、叱られることに慣れずに育ってきている場合が多いからです。

そうです、現代社会でこれが1番の問題点だと自分は考えます。
小・中・高と昔、我々の時代は誰これ構わず、道義から外れれば他人が叱ってくれ教えてくれた時代でした。
しかし現代は事なかれ主義と言うか、過保護過ぎて叱る人が少ない上に親御さん達も子供に気を遣う始末、だから「叱られ慣れない」の表れではないかと思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 21:06:39

ANo.11

東京にいた時には「お疲れ様です」
仙台にいた時には「ご苦労様です」
を使っていたような気がします。

私は面倒なので、相手に会わせていましたけど。
もし自分が先に「お疲れ様です」
と言って相手が「ご苦労様です」と言ってきたらば
「はい、ご苦労様です」などと言い直していました。

そのような文法(?)的なことも重要でしょうが、相手がどのような気持ちで言っているかを見極めることも重要なのではないでしょうか。
(もちろん、自分も本心で言うことが重要ですし)

つまり「心に愛がなければ、どんなに美しい言葉も相手の胸へ響かない」です。

投稿日時 - 2009-03-29 19:21:26

お礼

こんばんは。

>東京にいた時には「お疲れ様です」
仙台にいた時には「ご苦労様です」
を使っていたような気がします。
日本全国で様々な方言があるように、言葉の遣い方も違ってくる事、大変勉強になりました。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-29 20:31:30

ANo.10

あなたの考えは正しいです。
ご苦労様:職位の下の人、目下の人へ使う言葉です。
お疲れ様:職位の上の人、目上の人へ使う言葉です。下の人に使っても構いません。

きちんとしっかり教育してください!!  私は使い分けています。

上司が帰社したとき「お帰りなさいませ」
   外出されるとき「行ってらっしゃいませ」
と言っています。

「○○さん、居りましたら~・・・」←これは厳禁です。
「    、いらっしゃいましたら~・・・」が適切です。

投稿日時 - 2009-03-29 18:46:57

お礼

こんばんは。

ご賛同頂きありがとうございます。
自分も全てが社会に通用する常識やマナーを持っているとは思っておりませんが、最近の若者は何か違うな~と感じています。

>上司が帰社したとき「お帰りなさいませ」
   外出されるとき「行ってらっしゃいませ」
そこまで丁寧にとは思っておりませんが、最低限の礼儀作法は学んで貰いたいと思います。

酷い時には、朝出社して来ての第一声が「おはよ~すっ」の時も、下を向きながらおまけに携帯を弄りながらです´`
朝から気分を悪くしては仕事に支障をきたすと思ったのですが、流石にその時は注意をしましたけどね。

>きちんとしっかり教育してください!!  
皆様のご回答を拝見して、自分の考えは間違っていないのかなと思います。
新入社員も入り若者が増えてきましたので、悩みの種が増えそうですが徐々に教えていこうと思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 19:49:12

ANo.9

QES

深くこだわりませんね。

少し前まで「ら」抜き言葉は非難の的でしたが今や市民権を得ています。

赤信号なら車の来なくても立ち止まる歩行者は外国では馬鹿にされているそうです。

前出の「全然」も夏目漱石の小説を含め戦前は肯定の意味で使われていたそうです。

総理大臣が漢字の読みを誤っていても国語学者には総理大臣は務まりません。
政治記者は政策についての記事を書くのであり、漢字の読み間違いを記事にしていたら政治記者ではありません。

終身雇用と年功序列が崩壊し、いつ若者と職場の地位が逆転するかも知れません。
その時、年下の上司に「ご苦労様」か「お疲れ様」か悩むことになりますよ。
もちろん若者のほうは下であっても上になっても「ご苦労様」で、そんなことで悩むのはナンセンスと考えているでしょう。

>>47年間生きてきた経験からそう思ってきたのですが。
そうですか。私は以前はそんなに使い分けがはっきりしていた記憶はありません。
こだわりだしたのはせいぜい二十数年くらい前からだと思っています。

投稿日時 - 2009-03-29 17:44:58

お礼

こんばんは。

>年下の上司に「ご苦労様」か「お疲れ様」か悩むことになりますよ。
これに対しては違和感は湧きません。
会社では年は下でも上司ですので、仕方の無い事だと思っております。
現に今の会社にも何人かは、年下で上司はおりますが、若くして上に立つ若者は言葉使いも弁えているらしく、自分に対して殆どの者は敬語を遣って来ます。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 18:53:39

ANo.8

完璧に「あなたが正しい」と思います。

ご苦労様は「上司が部下にかけるねぎらいの言葉」です。

間違っても部下が上司に、使うべき言葉ではありません。

言葉使いは「きちんと教えてあげないと」その人間ばかりでなく、会社の恥です。

私は、年下や部下から「ご苦労様でした」といわれたら
「ありがとう。」と前置きをしてから、それは上司が部下にかけるねぎらいの言葉だから、君が私に使うべき言葉ではないんだよ、と教えるようにしてます。

結構「あ、そういうものなんですか。知りませんでした。ありがとうございました」と感謝されますよ。

ご質問者は私と同じ感覚なら
「ぜんぜん、うまい」に違和感を感じられるのでしょう。
「自動車事故をしそこなった」という発言に、なんじゃそりゃ、お前はぐ事故を起こしたかったのかい、と突っ込みたい方ではないでしょうか。
「超うまい」「これ、やばいっす」でなく「すごくおいしい、と言え」とか。
「うざい」なんて言うあんたが本当に「うざい」よ、とか。

なお、お疲れ様でした、は上から下、下から上どちらでもかまわないと言うのが私の感覚です。

投稿日時 - 2009-03-29 15:02:55

お礼

こんにちは。

>言葉使いは「きちんと教えてあげないと」その人間ばかりでなく、会社の恥です。
そうですよね、それも少し気になっていた事でもあります。

>それは上司が部下にかけるねぎらいの言葉だから、君が私に使うべき言葉ではないんだよ
やはりrollan様の周りにも同じような若者が居るのですね。
今の若者と言っては、そうでない人も居るので申し訳ないのですが、注意の仕方1つで臍曲げたり、中には次の日から来なくなる者もいます。
こっちが気を遣ってしまいます。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 18:31:34

ANo.7

質問者様が正しいです。
例外として、芸能界では上の人に対しても「ご苦労様です」と言うローカルルール?があると聞いたことがあります。

「お疲れ様」「ご苦労様」に限らず、間違って使われている言葉は結構多いですね。
「役不足」と「力不足」、「煮詰まる」と「行き詰まる」など混同して使われていることがよくあります。

若い人は言葉の意味を深く考えず、適当に喋っているところがあるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-03-29 14:45:52

お礼

こんにちは。

芸能界は確かにあるみたいですね、お笑い界なんて上下関係が厳しいらしく芸暦で決まるから、自分より年が下でも芸暦が長いだけで敬語ですもんね。
まっ、実社会でも先に会社にいれば先輩ですが、自分はたとえ年上の方が後から入ってきても、敬語を使いますけどね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 18:14:22

明らかに間違ってますよね、お前は社長か、と突っ込みたくなりますね。
マナーとして教えといた方が良いのではないでしょうか。
若い方に限らず敬語、また職場、ビジネスの場において明らかに間違った使い方が横行しています。

私が気になるのは「お疲れ様でした」と言って帰る人たち、ここ10年くらい前から聞き始めて既に市民権を得ている感もあるのですが、お互い定時で帰る時はいいのですが明らかに居残り残業の人に対して言うべき言葉ではないですよね。
「お先に失礼しますだろ、俺はまだ終わってないよ」と心の中で突っ込んでいます。

投稿日時 - 2009-03-29 14:41:33

お礼

こんにちは。

>「お先に失礼しますだろ、俺はまだ終わってないよ」
同感です。
中には「おさき~すぅ」と言う時もあります。
生意気なのか、それとも自分に親しみを込めて言って来るのか分りません。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 18:03:58

ANo.5

私も同意見です。
 ご苦労さま ⇒ 上から目下への言葉
 お疲れさま ⇒ 目下から上への言葉

ただ言葉は時代と共に変化していきます。
例えば『全然○○』の○○の部分は否定文ですが、現在では肯定文でも使われています。
しかし文化を伝えていくことも大切だとは思います。
個人的には、言葉の意味を教える時の方法だと思います。(社会人としてのマナーとして知識を植えつける感じ)

世代のキャップかもしれませんが、指導ではなく伝授ぐらいのソフトな感じが良いのではないかと思います。(相手が聞き入れない状況では当人の吸収にもなりにくい感じがします)

投稿日時 - 2009-03-29 14:36:20

お礼

こんにちは。

>(社会人としてのマナーとして知識を植えつける感じ)
そんな大げさではないのですが、若者が今後社会で生きていく上での最低限のマナーではないのかなと思いまして。
多分自分が言わなくても今後誰かに言われるのではないかとは思いますが、早めに知っておけばその人間の為になるのではないかと思いここで質問してみました。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 17:26:06

ANo.4

No.2です。
質問者"さん"が抜けておりました。大変失礼をしました。私自身の言葉遣いにも十分気をつけなければと思っております。

投稿日時 - 2009-03-29 14:28:47

お礼

いいえとんでもありません。
ご丁寧にありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 17:11:49

ANo.3

今の若い人は、そういうことを誰にも教えて貰っていない(自分で学ぼうともしない)ので知らないだけです。
もっとも、教えても理解できない可能性はかなり高いです。
一応、言うだけは言ってみましょう。

投稿日時 - 2009-03-29 14:27:37

お礼

こんにちは。

>今の若い人は、そういうことを誰にも教えて貰っていない(自分で学ぼうともしない)

多分学ぼうとしない方ですね。
自分も誰からも教えては貰ってはいませんが、これくらいの事は自然と身に付いたものですがね。
それだけ、世間知らずが増えてきたって事ですかね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 16:12:49

ANo.2

はじめまして。
私は質問者さんより一回り若い世代ですが、質問者のおっしゃるとおりだと思いますよ。自分より上の人には「お疲れ様」、自分より下の人には「ご苦労様」が正しいと思います。私はきちんと使い分けています。
多分、質問者さんの周りの若い人はそのあたりのことがよく理解できずに言葉を使っているのではないでしょうか。職場の上司・先輩としては指導をするべきだと思います。

投稿日時 - 2009-03-29 14:26:54

お礼

こんにちは。

すみませんNO.3の方とお礼が前後してしまいました。
最後のお礼を投票する、ボタンを押し忘れました^^;

>多分、質問者さんの周りの若い人はそのあたりのことがよく理解できずに言葉を使っているのではないでしょうか。
確かにその様ですね、少しずつ教えていこうかと思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 17:08:52

ANo.1

至って正しいと思われます。
私なら、「それ、お疲れ様やろがー!」とか、酒の席で言ってやり
ますね。

投稿日時 - 2009-03-29 14:25:28

お礼

こんにちは。

>私なら、「それ、お疲れ様やろがー!」とか、酒の席で言ってやり
ますね。

そうですか、良かったです^^
酒の席では効き目なさそうなので、自分は「しらふ」で言おうと思います。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 15:52:48

あなたにオススメの質問