こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プロ野球とプロゴルフ

野球とゴルフどちらがプロになって食べていける可能性が高いですか?野球はプロで生活を立てている人も多いですがその分、やってる人も多いです。ゴルフはお金がかかるのでその分、やってる人が少ないです。ゴルフですかね?

投稿日時 - 2009-03-30 16:13:16

QNo.4839096

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

スポーツを職業として扱い生計を立てるとしたら、文句なくゴルフでしょうね。

野球選手がプロとして収入を得る場合ですが、例えば大卒でプロ入りしてすぐに1軍で使われたとしても、20歳台前半から (ポジションによりますが) せいぜい40歳手前までが現役として活躍できる期間になると思います。

その間、15年から20年でしょうね。 野球の場合、引退した後の生活保障は一切ありません。 コーチや監督として生涯野球に携われる人はホンの一握りです。 それも年収はと言えば現役時代の華やかな時期と比べると実に寂しい限りと聞きます。 おまけにチームの成績が悪ければ翌年はあっさり解雇です。

ほとんどの選手の引退後の生活は実家の仕事に従事するとか、多いのは水商売です。 

私の知人にもある球団を引退後にスナックを開店し、暫くは客の入りが良かったようですが、もともと客扱いに慣れていない性格が災いして数年後、店を畳んでしまいました。 その後、どうしているのか噂にも聞きません。 たしか彼の奥さんはスチュワーデスだったはずですが、結婚して数年で引退したわけですから、野球選手の妻として脚光を浴びたのは数年しかありません。 その後は延々としてスナックのママとして店に立つわけです。

一方ゴルフですが、実に裾野が広いです。 無論、大きなトーナメントで活躍するのは、数千人いるプロの中でも頂点の限られた選手しかいませんが、アマチュアを相手に仕事は多くあります。

練習場のレッスンプロ、ゴルフ場の職員として採用後、希望者にラウンドレッスンをしているプロ、自分でショップを経営しているプロ、メーカーのアドバイザーとして新製品の開発に協力しているプロ ・・・ 野球と違って、試合に出なくても 「ゴルフでメシを食っている」 プロは実に多いです。

そもそも 「元プロ野球選手」 という人は多いですが、「元プロゴルファー」 という人はいません。 聞いた事がないはずです。 つまりゴルフの場合は形が変わっても、一生涯プロゴルファーとして活躍できるわけです。

野球とのこの差は極めて大きいです。

投稿日時 - 2009-03-30 16:52:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

私見ですが。

野球は誰かがやれば結果は出ます。
ゴルフは自分がミスればそれで終わりです。

一度の重みが全然違う競技ですから、一概には言えない気がします。

ただ、ゴルフは一人でも強くなれるという意味では安上がりにできて、特にシーズンなんて長期的な試合もないしうまくなれば食っていきやすいとは思います。

投稿日時 - 2009-03-30 16:24:10

ANo.1

ゴルフでしょうね。
野球のプロはテレビで見るプロ野球がほぼすべて(最近は地方リーグもありますが)で、厳しい生き残り競争が行われていますが、
ゴルフのプロはテレビに出るようなトーナメントプロのほか、レッスン場で始動を行う「レッスンプロ」もいますので。

投稿日時 - 2009-03-30 16:23:17

あなたにオススメの質問