こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国や中国における自国人の特許出願比率について

私のおおざっぱな理解では、日本特許庁に出願された特許のうち、日本人または日本企業によるものの占有率はだいだい9割ぐらいと認識してますが(すなわちPCTやパリ条約ルートなどによる外国企業のものが1割)、
一方、韓国特許庁における韓国人または韓国企業の割合、中国特許庁における中国人または中国企業の割合はどのくらいなものなんでしょう。
だいたいでかまいません(何割とか)。 ご存知の方、おられますか?

投稿日時 - 2003-02-27 12:25:42

QNo.484649

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

『特許行政年次報告書』の国際出願関係統計によると、
日中韓の外国人出願比率は、それぞれ82%、58%、18%ですから、
引き算して自国からの出願は中国18%、韓国42%、日本82%ということになりましょうか。
ざっと見ただけなので、読み違いもあるかもしれませんが。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/tousi/nenzi2002/nenpou2002_index.htm

投稿日時 - 2003-02-27 12:59:06

お礼

非常に有益なページのご紹介、ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-28 11:54:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問