こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の戦意高揚作戦?

今回のミサイル発射の誤認騒動。
見る限りでは、官邸の判断は介入していないと報道されています。

そうであれば、ある特定の人(担当官と言ってますね)が判断すれば、すぐに警戒情報を流せたことになります。
(まぁ理由は後付けで何とでもできますから)

前回の日本海、日本のはるか遠くのロシア沖にミサイルが着弾した際も「日本海にミサイルが落ちた」と無駄に騒いでいましたが、何か意図的なものを感じます。

これは日本(自衛隊)の戦意高揚作戦ではないかと思うのですが、いかがでしょう。

真面目、不真面目、いろんな人の意見を求めています。
(書ける範囲で)お礼は書きます。

さぁ国民のみなさん「戦争」は悪いのかも知れませんが「戦(いくさ)」ならば構いません。
「侍ジャパン」として北朝鮮へ行き、憎き北朝鮮を成敗してあげましょう。
あとは「勝てば官軍」です。

P.S
もうこの質問コーナーにも、今回の誤報騒動を「そもそも北朝鮮が悪い」とバカ騒ぎする人も出ています。
(まぁそう言えなくもないですが、まともな人間ならばこの程度のことで簡単に誤報を出してしまう日本の対応に不安を覚えるべきでしょう)

投稿日時 - 2009-04-04 20:57:02

QNo.4852811

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

戦争となると、情報が錯綜するのは当たり前の話です。

無敵ともいわれたナチス・ドイツ軍ですが、その初陣はポーランド侵攻作戦でした。そのときはもう大騒ぎになったそうです。ドイツ軍の若い兵士たちは「はじめてのせんそう」だったので狼狽しまくったのですが、指揮官たちは第一次大戦で戦争を経験していたのでそれで落ち着いた行動がすることができました。あるとき、突然前線の部隊が「撤退の許可を乞う」と連絡してきたので何事かと思ったら、「ポーランド軍の騎兵部隊が進出してきていると情報がきた」からだそうです。
真珠湾攻撃のとき、「敵機はドイツ機だった」という噂が立ちました。多くの水兵が「私は確かに翼にドイツのマークがあったのをこの目ではっきり見ました」と証言したのです。あまりにみんなが「確かにあれはドイツ機だった」というので提督たちまで信じちゃったくらいです。
あの湾岸戦争のときもやれイラク軍が反撃してきたとか、多国籍軍に被害が出ているとかやたら情報が錯綜しました。多国籍軍の司令官であったシュワルツコフ将軍はベトナム戦争で実戦を経験していたので、落ち着いた指揮をとることができました。

しかし、今回は全自衛官にとって「はじめてのじっせん(訓練ではない、という意味)」なので動揺するのも当然なことです。だいたい、誤報ひとつでここまで大騒ぎするマスコミも「実戦不足」が明らかです。だいたい「レーダーになんだかよくわからないものが映った」ら、こういうときなんですからとにかく上官に報告するのはレーダー員として当然です。
まあ私は、実は発射台から双眼鏡で見える距離に自衛隊の秘密部隊オメガ7がミサイルをリアルタイムで監視している・・・といいな、と思っています。

投稿日時 - 2009-04-05 11:01:28

補足

済みません、チョットどうしても書きたいことがうまくまとまらなくて、こんなに時間が経ってしまいました。

まず「ミス」については、大きく2つのことを考慮しなければなりません。
1つは「ミスをしない方策」、そしてもう1つは「ミスを犯した場合の方策」です。

まず「ミスをしない方策」も日本では大きな考え違いがあり「単純ミス」ならば、それを防ぐ方策も「単純」と考えてしまいますが、実は論理的でないミスほど防止策が難しく、またミスした場合の重要度に影響されにくいものです。(つまり、絶対にミスが許されない場面では単純ミスの方が起きやすい)
論理的なものであれば、その防止策も論理的に防止ができます。
しかし、単純ミスは単なる精神論だけでは心許なく、かといって論理的に防ぐのは非常に難しいものなのです。

そして何より重要なのは「ミスを犯した場合の方策」です。
よく言われることに、ライオンや虎なども狩りでミス(つまり逃げられたり)しますし、すべての生き物は必ずミスをすると言っても過言ではありません。
(知能が高くなるほど、やるべきことも難易度が増し、ミスは必然的に多くなります)
ですから、こそ「ミスを犯した場合の方策」をいろいろな場面で想定することは必須でもあり当然でもあるのです。

しかし、日本の場合は「そんなの簡単なこと、ミスをしなければいいだけ。ミスをしたら何をしても同じこと」などと安易に考えがちで、今回の件も図らずも「国防」に関する重要な事項であったにもかかわらず、実はこの「ミスを犯した場合の方策」がまったく考えられていなかったことを全世界に露呈してしまいました。
(これは国のどんな重要な機密事項の漏洩よりも重大と言っても過言ではないでしょう)
ほとんどの報道では「気づかなかったのではなく、(誤報とは言え)気づいたのだからそれでいい」との意見がほとんどですが、実は逆なのです。

この「ミスを犯した場合の方策」を考える場合「フェイルセーフ」という考え方が重要となります。
これを簡単に言えば「安全側に倒す」というもので、より良くなる方へ、またはより悪くならないようにすると言うことです。

今回の場合、もし誤報をしなければ、情報を発信していないのですから、後付けの理論で好きなように言い訳をすることができます。
つまり私だったら、1回目の誤報がもし本当に北朝鮮のミサイル打ち上げだったとしても「すべて正確に情報を収集できていたが、日本に直接の影響がないと判断し、国民への通報は混乱を避けるため故意に遅らせた」と言います。
もちろん、裏では当然次にミサイル発射された場合に備えた「ミスをしない方策」をします。
これにより、日本は「事前通告があり、またたかがミサイル1基なのに判断ミスをした」という重大な事実を全世界に対し露呈する必要はなくなります。

また、もし日本が戦争になった場合にはすぐにパニックを起こし、ただ「ミスするな、ミスするな」とだけ連呼するしかないことを全世界に通報してしまいました。(回答者さんも言われているように戦争にミス(情報が錯綜すること)が付きものですからね)

海外であれば、国防にかかわらず企業などでも「フェイルセーフ」を考えるなど当たり前のことですから、たぶんオバマ大統領もこの日本の対応に腹を抱えて笑ったのではないでしょうか。
まぁ、それは冗談としても、そのくらい日本の考え方はレベルが低いということになります。

投稿日時 - 2009-04-21 10:06:49

お礼

わかりやすく、また具体的な記述をして頂き、ありがとうございました。

また、何かありましたらよろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-04-06 16:14:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

誤報もさることながら

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090405-567-OYT1T00454.html

落ちた場所すら分からない

で、何で、迎撃出来るの?
ホッとしてるんじゃない、現場は(まあ、外れるって予測した高官も居たくらいだから、そんなモンだとは思っていたけど)

あいつら全員、ごっこ で 遊んでる給料どろぼう

投稿日時 - 2009-04-05 16:12:14

お礼

どうも、書き込みありがとうございました。

どうやら、迎撃はポーズだけだったようですね。
まぁ、このくらいやらないと治まらない国民も多くいましたからね。

投稿日時 - 2009-04-06 15:57:18

ANo.5

否定的な意見を書かれたので、ちょっと補足を。。

そもそも、あの国が本気で戦争をしかけることなど、ありえません。
石油がなくて、訓練の為の飛行機も飛ばせないんですよ。。
まったく旨みのないあの国に味方をする国など、1つもなく、(便宜的にとはいえ、)超大国をバックにつけた日本が負けるワケがありません。

もっと言ってしまえば、アメリカにお願いして、核を1発おみまいしてもらえば、それで終わりです。。

では、お聞きしますが、「それじゃあ、まず、言いだしっぺのアナタ方が、当然、イチバン先に鉄砲持って突っ込んでくれますよね。。」って、なりますが。。。

投稿日時 - 2009-04-05 01:18:17

補足

ご回答ありがとうございます、感謝いたします。

> イチバン先に鉄砲持って突っ込んでくれますよね
(以下はご回答者さんに対する批判ではありませんので、誤解しないでね)
「ハイ、喜んで」
実は同様のことを自分のブログにも書いたのですが、日本には「エセ平和主義者」が多いような気がします。
自国が戦争になり「自分は平和主義者だから自国のために戦わない」などと言うバカなど世界のどこにもいないでしょう。

戦争もあくまで自国が決めた決断ですから、自国を守り相手国を攻めるために戦うのは義務のようなものです。

戦争が起きないように努力することはいいことだと思いますが、いざ戦争となったら自国のために戦うのが真の平和主義者の行動です。(もちろん必要とあらばですが)

イラク戦争(後)でもアメリカ兵が数多く戦死している中で、日本にはアメリカが勝手に押しつけた平和憲法があるからと言い、アメリカに強制出動させられた自衛隊員が1人でも死のうものならば大騒ぎでしょう。
(もちろんイラク戦争は開戦前に日本も大絶賛しています)

所詮、日本人の平和観はこの程度で、自分が戦争で戦いたくないからという人がほとんどでしょう。
(ですから、戦争といえどマスコミは報道が使命ですから、安心して挑発できるのです(つまりマスコミは高みの見物ができるのです))

投稿日時 - 2009-04-05 08:55:36

お礼

> あの国が本気で戦争をしかけることなど
私もそうは思いますけど、その逆はありなのかなとは思います。

どうも、書き込みありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 16:17:13

ANo.4

自分は、どっちみち戦争すると思いますけど、
自己防衛の為に、予算を使うのに、勿体ないとか、無駄と言うような、異常な人がいる事に、驚きです。
自分としては、もっと早い段階で、北朝鮮に攻めるべきだと思ってました。
だけど、現状では、北朝鮮にも勝てるかどうか解らないですけど、だけど、このまま、馬鹿にされ続けたら、日本は国際的にも、落ちぶれてしまいます。だから、負けるの承知で、やらないといけないんだと思います。
だけど、このシュツエーション太平洋戦と一緒なんです。
ちょっと怖いけど、歴史は繰り返されるのを実感します。

投稿日時 - 2009-04-05 01:00:43

お礼

> 自分は、どっちみち戦争すると思いますけど
実際どうなるかわかりませんが、私としては日本人は平和主義者ばかりだから、絶対戦争などやるわけがないと、今回の件も安心してただ大騒ぎしているだけの人が大勢いるような気がします。

「誰も平和を望まない人などいない」くらいの考えで平和を維持などできないですけどね。
もちろん「戦争の悲惨さを語り継ぐ」くらいでも。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 16:12:37

ANo.3

そりゃあ、お灸は据えたいですが、なにしろこちとらも国民の老後のメンドウを見るのもアヤシイくらいの経済危機ですから、そんなムダな予算はないハズ。。(仮に、勝って相手国に賠償させるとなっても、、、カネ持ってないですよ。。あの国。。)大体、今回の一件で、イージス艦やら飛行機やらを稼動させるのだって、既にそうとうな金額を使っていると思います。もったいねぇ~。。と思います。
ワタシは、誤報については、作為的なモノは感じません。。
その、直接誤認した誰かに限らず、政府も、我々一般人も、こういうことに対して、慣れてないんですよ。。ってことじゃないですか??。。。慣れたくもないし。。

投稿日時 - 2009-04-05 00:41:28

お礼

私自身、何を言いたいのかうまくまとまりませんが、
> 経済危機ですから
アメリカなどは、戦争特需(軍事特需)などという言葉があるように戦争は一番大きな公共事業(?)ですから、もしアメリカの大不況がもう少し早ければ前ブッシュ大統領ならば、景気回復のための戦争をしたかも知れないと噂されていますしね。(それが大国の理論だそうです)

もちろん、それがそのまま日本に当てはまる訳でもなく、またそのような理由で安易に戦争をやっていいはずもなく、
・・・私の言いたいことは、ここまでです。(尻切れトンボでゴメンなさい)

どうも、書き込みありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-09 10:18:22

ANo.2

なんで誤報で戦意が高揚するのかよく分かりませんが、少なくとも今回は現場の判断ミスだと思って間違いなさそうです。

要するに北朝鮮と日本は距離がとても近いため、発射されたミサイルの機影をレーダーで探知して、現場で確認して、精査して関係各所に情報発信していたらミサイル通過までに間に合わないのです。
もちろん誤報であったら批判は免れないが、仮にミサイルが通過した後に警報発令しても遅すぎだと批判される。
そういったプレッシャーによって焦ってしまった現場の人間が、単純な判断ミスをしただけでしょう。

ちなみに、北朝鮮を成敗するのは僕も賛成ですが、その場合、北朝鮮から核弾頭や生物・化学兵器を搭載したミサイルが100発以上日本に発射されることをご存じでしょうか?
勝てば官軍は間違いないですが、1000万人以上の犠牲を払ってまでの進攻作戦は反対です。

投稿日時 - 2009-04-05 00:09:28

補足

回答、ありがとうございました。
(正式なお礼は、もうチョットよく考えてからしたいと思いますので、ご了承ください)

> なんで誤報で戦意が高揚するのか
ゴメンなさい。実はその説明を質問時にしようと思ってはいたのですが、ついつい忘れてしまいました。

つまり「挑発」です。ボクシングなどでも計測(検量?)の時などに相手に挑発的な言葉を発したりします。
これは、自分を奮い立たせる目的もありますし、自分を応援する人を高揚させてより試合を楽しませる効果もあります。(ビッグマウスなど)

日本の唯一の抑止方法(?)とも言える「平和を語り継ぐ」も日本の終戦時のことばかりです。
戦争で負けた方が悲惨な結果になったからこそ、負けなのですから、悲惨な結果になるのは当然です。
(理由はあったとしても)なぜ日本は戦争に踏み切ったかや、今起きている悲惨な戦争の現状などを伝えることも必要で、日本のことだけでは単に「こんなに悲惨になったのは、アメリカのせいだ」との憎しみに変わる可能性も大いにありますし、ならば「勝てば官軍」と思う人も大勢いるでしょう。
(戦艦大和の武勇伝は堂々と語り継がれていますし)

このように高揚とは違うのかも知れませんが、意図的に(戦争に)何か仕向けられているような気がします。

投稿日時 - 2009-04-05 08:54:41

お礼

どうも、書き込みありがとうございました。

> 核弾頭や生物・化学兵器を搭載したミサイルが100発以上日本に発射されること・・・
それは知りませんでした。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 16:03:52

ANo.1

誤報問題で何か言わせて見たいのかね?

この誤報。
考えようによっては、日本の国防上、強力かつ重要な抑止力になる。
日本の国防或いは安全保障にとって害ある行為をした国家は、日本側の勝手な誤判断・誤解釈・誤報により、国家存続権を失う。
これは日本に敵対意図を持つ諸国家にとっては、切実な緊迫感をもたらす脅威となりえる。

つまり、日本の安全保障上の強力な武器。

今時の日本に完全を求めてはいけない。いつでもアバウトな馬鹿国民が、政治やったり、軍隊やったりしていることを、忘れてもらっちゃ困る。
日本に敵対する諸国・国民はこの恐怖感を肝に銘ずるべきだな。

自分だけが馬鹿なのではなく、同じように日本も馬鹿だ。これを諸国・諸国民に恐れと共に知らしめる。


それで、誤報の原因だが、案外誤報ではないかもしれん。
レーダーに映ったのであれば、そこに何かがあったはずであり、誤報となったのは、その情報伝達経路で担当官の主観が少しずつ入り込み、いつのまにかホンボシの敵ミサイル発射、とこうなった。と。
だから、何かがレーダーに映ったのは間違いない。のかもしれんな。

アメリカはミサイル迎撃技術が進んでいるから、ロシアが困って、対応策としてロシアミサイルを迎撃しにくいように、オトリの物体をミサイル周辺に飛行させる。
北朝鮮も将来そういう技術を持つかもしれんが、現在北朝鮮がミサイル防衛をするとしたら、ミサイルとは別体として別ミサイルを発射したり、金属粉等をばらまいたり。

戦争時にも北朝鮮のオトリ作戦はあって、ゼロ戦などの太古機を沢山飛ばし、その後ろにミグ戦闘機などの近代機を飛ばす。ゼロ戦を撃ち落させている間に、近代機で目標撃破。戦線突破。
これが北朝鮮の実戦戦術。
こういうオトリの一種として、ミサイル迎撃を防止する戦術も有ってしかるべきだとは思っていた。

なにしろ、迎撃されれば北朝鮮の指導者は死ななければならない。命がけだからな。


まあだが、このスレ。ひょっとすると消されたり、別の場所に隔離されるかもしれんよ。


それから、もっと面白いシナリオはある。誤報について。
聞きたければその旨いってくれれば、言ってみてもいいよ。

投稿日時 - 2009-04-04 21:29:31

補足

まずは、書き込みありがとうございます。

> ひょっとすると消されたり
最近は消されることよりも、回答がないことの方がとても怖いです。

本当に書き込みありがとうございました。

また、あとでもっとましなお礼を書きたいと思います。

投稿日時 - 2009-04-04 22:04:57

お礼

単にコケ下ろすだけでなく、具体的なことまで書いて下さりありがとうございました。
それよりも、最初に書いて頂いたことに感謝いたします。

また、何かありましたらよろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-04-06 16:01:31

あなたにオススメの質問