こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大家さんの身勝手さで人生が狂いました。

私はローカルで飲食店(ガールズバー)を営む30歳男です。
よろしくお願いします。

この度、隣町に二店舗目をオープンするというハズだったのですがビルのオーナーに理由も告げられず一方的に契約を断られ本当に困っています…
普通ならば本契約を交わしていなければ断られても当然で、なにもなかったことにできるのですが今回のはそれと違って事情が違うのです。

初めてオーナーさんとお会いしたのは3月上旬に目的のテナントで店の女の子と一緒でした。
先方はオーナー(女性)と夫の2人でした。
すごく優しそうな方達でお会いした時から先方も私達に好印象を持たれていたようでした。
その日は部屋を見させてもらっただけで帰りました。
その後も5月末のオープンを目標に順調に連絡を取り合いオーナー立会の元、業者の方達と一緒に約一ヵ月の間に6回程打ち合わせをしてきました。
新しい従業員も揃い始め、2店舗目の店長には見習期間といことで以前勤めていた職場を退職してもらってまで2ヵ月早めに来てもらっています。
銀行の方とも話がつき後はビルのオーナーとの契約を残すだけとなったとき、突然ビルのオーナーの夫から連絡があり契約はしないと宣告されました。
理由を問いただそうにも「それは言えません」の一点張りで打つ手がありません。
確かに契約書は交わしていないので何も言えないことは分かっているのですが、こちら側は借りられるものと思い込み準備をしてきていました。
人件費やチラシ代なども出てきています。
微々たるものですが職場を辞めてまで来てもらった従業員達はこの先露頭に迷うことになります。
ここで一つはっきりさせておきたいのですが私は賠償金目的ではありません。
ただ、人道的観点から観て非人道的な行動を取ってるのがどちらかは明らかです。
せめて理由だけでも知りたいのです。
そうすれば私含め従業員一同、納得して諦めがつきます。
弁護士を立てて理由を聞き出そうとも考えましたが、この場合どちらに非があるのでしょうか???

皆さんはこの話を聞いてどう思われますか
どうかお願いします・・・・

誰かアドバイスください(>_<)

投稿日時 - 2009-04-14 01:27:10

QNo.4877639

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

 大家しています。

 いよいよ危惧していたことが現実になってしまったようです。

 大家の側から言わせて頂けば、これまで散々『仮押さえ』とか、『仮契約』とか言って、酷い方になると初期費用を全額振込み、仲介業者には名前の入った契約書まで作らせながら、『契約前だから』で全額返金でキャンセルしてくる方が多くおられるのはここでの板をちょっとご覧になればお分かりでしょう。
 部屋の賃貸借契約ではどんな名目であっても契約前にお金を取って借主さんの行動を縛ってはいけないという『借主保護』の規則があって、その上に胡坐をかいて好き勝手している借主さんが多いのが現状ですから、大家の側も『申し込み』なんて信じられず、募集も停止できないのです。そうすれば、当然“もっと良い”借主さんも現れるでしょう。
 そうなれば、大家の側もいつかは『契約前だから』と、借主さん側の事情なんて全く考慮せずにキャンセルする酷いのが出てくるのを危惧していました。質問者様はそんな中で“一番酷い”大家に当たってしまったようです。
 この大家も、質問者様が契約直前になって突然『ノーペナルティーでキャンセルね!』ってなことを言い出す危険を感じていたわけではないでしょうが、そうされても文句も言えませんので募集を停止してはいなかったのでしょう。そこで、もっと良い条件で借りてくれる方が現われればそちらと契約したくなるのが当然ってもんです。
 この場合、質問者様から『なぜだ?』と聞かれても、口が裂けても『お宅よりしっかりした経営基盤で条件も良いお客が現われたから』なんて言えません。たぶん、こんなところじゃないかと思います。

> この場合どちらに非があるのでしょうか?

 大家の端くれですから大家の側からの見方になってしまいますが、やはり、No1の回答者様の言われるように『仮契約』とか言っていくらかお金を出して大家側にプレッシャーをかけておかなかった質問者様の失敗のように思います。元を辿れば、借主保護を良いことに、大家や仲介業者の時間的、経済的損失に一顧だにせず、気軽に『申し込み』や『仮押さえ』をして土壇場でノーペナルティーでキャンセルするような借主が多数いることや、それを無条件に許す『弱者?保護』に非があるのでしょう。
 これを好機に変えて、もっと良い大家さんのもっと良い物件に出会われることを祈っています。

投稿日時 - 2009-04-14 09:37:41

お礼

コメントありがとうございました!
素敵な大家さんに出会えることを私も願っています!

投稿日時 - 2009-04-14 13:55:54

ANo.4

ごめんなさい、質問者様のお考えとは、少し合わないかもしれませんが、私は質問者様のほうがうかつというか、先走りすぎだったように思います。

私も、事務所の開設や移転に何度か関わったことがありますが、やはり内装関係の業者を呼んだりするのは、仮契約もしくは契約が完了してからです。
そうでないと、実際に施工が始まらなくても、資材の手配などは始まってしまいますし、採寸や電源用量などを確認して正確に手配する必要からも、何らかの契約を行わなければ、会社としての手続き的に「まだ手配する必要のないものを手配している」状態になってしまうからです。

今回、契約前の段階で、6回も業者さんと打ち合わせをし、その際にオーナーも立ち会っていらっしゃったとのことで、そこまでしてるんだから、もう納得してるんだろうという印象は、私も受けますので、質問者様がそのまま進んでしまったお気持ちはわかります。
でも、ほかの方もおっしゃっている通り、やはりビジネスですので、何事も登記や契約、覚書など、きちんと手続きを押さえてから進めないと、その分のリスクは常について回っている状態な訳です。

今回は一方的なお断りだったわけですが、例えば今回の話の最中にオーナーが店自体を譲渡してしまったりしていたら、やはり契約がないので、白紙になってしまうはずです。
そういうことも可能性としてあり得るので、やはり質問者様は、善意を前提にするのではなく、ビジネスを行っていることを自覚して、またその意識が薄いと他の人にも迷惑をかけることになるということを意識なさるのがいいのではないでしょうか。

今回はずいぶん大変なことになってしまい、お疲れのことと思いますが、質問者様が従業員の方を心配なさったりして、何事も善意に取り計らおうとしていらっしゃる姿勢は、必ず実を結ぶと思いますので、気を取り直していただければと願っています。

投稿日時 - 2009-04-14 09:09:37

お礼

コメントありがとうございます!
お気遣いもありがたいです(^O^)
プラスに考えて頑張っていこうと思います!

投稿日時 - 2009-04-14 13:53:25

ANo.3

大家してます

別に貴方の大家の味方ではありませんが...

>この場合どちらに非があるのでしょうか???

速やかに契約をされなかった貴方でしょう
賃貸と言うより「事業家」としては不確定な物に頼って計画されたのが一番の原因でしょうね

・賃貸契約
・融資
・従業員の確保

これらは並行して間違いのないようにすべきだったでしょう

普通は速やかに契約し、その契約内容の中に「特約」として契約解除の条件を盛り込まれるべきでした

「融資が通らなければ契約は解除出来る」...
「契約後1ヶ月経過して開業できなければ3ヶ月分の違約金で解約できる」...

とか...

貴方の勇み足としか思えません

大家の立場でも考えられては?
1ヶ月以上何度も打ち合わせしてその契約が白紙になるとすれば...
まったく逆の立場に置かれてしまいますね

飛行機もホテルも押さえないで社員旅行を計画するような物でしょう

>人道的観点から観て非人道的な行動を取ってるのがどちらかは明らかです。

別に人道的にどうこうとかの話では無いと感じます
大げさすぎます
単に賃貸契約が成立しなかっただけの話です

投稿日時 - 2009-04-14 09:07:26

お礼

コメントありがとうございました!!
私があまりにも先走ってしまったようです・・・
今後こういうことのないようにしっかり知識をつけておこうと思います!

投稿日時 - 2009-04-14 13:50:56

ANo.2

確かに腹立たしいお話しだと、正直思います。

ただ、一見、優しそう、正直そう、と思っても、
内側に入れば、外面良くて、内面ぐちゃぐちゃ、なんて人は
結構、大勢います。

会社の経営者だったり、肩書きを持ってても、
そんなものは証拠にならず、
会社の経営をしていても、従業員に恨まれ、憎まれ・・・

確かに、損はされたとは思いますけれど、
そんな方と早めに縁が切れて、そっちの方が、お買い得。

向こうから縁を切ってくれた!!!ラッキー!!!

借りてしまえば、長いお付き合いが始まっちゃいますよ。
いい人、いい物件、探しましょう!!!
幸運の看板は目につきにくく、不幸の看板は目につきやすい。
更なる幸運をお祈りしてます。

投稿日時 - 2009-04-14 02:17:38

お礼

不幸の看板が目についてしまったようです(笑)
コメントありがとうございました!

投稿日時 - 2009-04-14 13:47:47

ANo.1

nrb

仮契約してないならな一般的にオーナー側には非がありません。
他に良い契約が出てきたのかもしれませんね

全ては民法の規定や不動産関係の法律に従うわけですが、特に不動産は手付金や仮契約などが無い時は本契約を断られることもあります。


仮契約などして確実に押さえをしてない貴方に落ち度があります
不動産では良くある話

人道的観点から観て非人道的な行動があるが不動産だよね
仮押さえっしても仮契約しないと終わりだしね

その為に契約して特約に銀行融資が受けられないときは無条件で解約できるなどの特約いれて契約するんですよね

投稿日時 - 2009-04-14 01:39:39

お礼

コメントありがとうございます。
いい勉強になりました!

投稿日時 - 2009-04-14 13:44:49

あなたにオススメの質問