こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電流源と電圧源が共存する回路

電子回路において、電流源(電圧E)と電圧源(電流I)が逆向きにつながっていて、両方の+側に抵抗(R)があるような回路では、抵抗に流れる電流はいくらなのでしょうか?

電流源があるので、抵抗に流れる電流はIだと考えたのですが、それだと電圧源が何も仕事をしていないように思います。どういう考え方をすればいいのでしょうか?わかる人がいれば詳しく教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-04-15 16:32:13

QNo.4881573

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「電流源(電流I)と電圧源(電圧E)」が正しいとします。
抵抗に流れる電流は電流源からのIだけです。というのは電圧源からみると電流源は断線しており(内部抵抗∞)電流は流せません。したがって、あなたの言うように「電圧源が何も仕事をしていない」と言えます。

投稿日時 - 2009-04-15 20:54:52

お礼

なるほど、電流源は断線していると考えればいいんですね。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-15 21:26:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

>電流源があるので、抵抗に流れる電流はIだと考えたのですが、それだと電圧源が何も仕事をしていないように思います。....

現物で実験したらどうなのでしょうか。
思考実験なら、電流源(電圧源)をヘタらせずに済みますので、やってみしょう。

内部抵抗(R)の定電圧源(I*R)を仮想すれば、R→∞の極限が定電流源(I)を与える。
これに定電圧源(E)を逆向きにつなぎ、抵抗(r)で終端。抵抗(r)を流れる電流を i としてみる。

  I*R - E = (R + r)*i
  i = (I*R - E)/(R + r) → I (R→∞)

なるほど、定電圧源(E)は無用ですね。
 

投稿日時 - 2009-04-15 20:54:03

お礼

考えは正しかったようですね。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-15 21:23:58

あなたにオススメの質問