こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

築28年の中古木造一戸建ての購入について

こんばんは。
現在、家族で引っ越しを検討しています。
今までは賃貸だったのですが、この際、思い切って念願の戸建てを購入しようと検討中です。
両親が先日、一つの魅力的な物件を見つけたのですが、よく見ると築年数が28年経過、木造の2階建て、特に強度したリフォームも無し、という物件でした。
耐年数について、調べたところ、木造だと30年程度だという情報がありました。
この物件を両親は気に入っており、前向きに検討中のようです。
しかし、全財産かけて購入する事について、娘の自分はいずれ受け継ぐ身として不安が大きいのですが、実際のところ、どのくらい家そのものがもつものでしょうか?高い買い物なので、買ってから後悔したり、すぐに建て替えが必要では、困るなと思っています。
購入経験者や、今現在戸建てにお住まいの方の意見を伺いたく、質問させていただきました。

ご意見アドバイス等いただけると助かります。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-04-15 23:06:18

QNo.4882567

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

築年数がそのくらいですと色々と大変ですよ。

これは以前築30年の中古を購入した時の経験則なのですが・・・

まず、かならず数年以内に大掛かりなリフォームが必要になります。(間取りその他の生活改善のリフォームではなく住む上でどうしても必要なリフォームです)
逆にいえば、定期的にリフォームを行っていない場合、そろそろリフォームしないととても住めたものではありません。
まあ、下記の不具合を『ヨシ』とされるならリフォームは不要ですが・・・


屋根の張り替え(または再塗装)が絶対必要になります。
これを怠ると数年以内にかなりの確率で雨漏りします。

また、窓がサッシでもスキマ風がすごくて冬場寒いです。

それから水周りの大掛かりな補修が必要です。
朝一番で水道を使うときは必ず色が付いた水がでます。
これは水道管内部の錆のようで、数分間流し続けると改善しますが毎日のことなので結構大変です。

それから基礎部分にシロ蟻が巣くっている可能性がかなり高いです。

投稿日時 - 2009-04-15 23:37:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

経験者様の意見は貴重で助かります。
やはり、結構な確率で屋根や水周り等のリフォームが予想できるという事ですね。

住まいは、毎日の事なので、不具合が多いと健康にも響きそうですから、やはり購入前には今一度、よく調べる必要があると思いました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-16 18:35:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

造り次第ではないでしょうか。実家の1Fは築45年くらいですが、先日外壁の塗りなおしと補修に業者さんを呼んだら、手直しが不要かもと言われたそうです。むしろ、後で建て増しした部分や10年ほど前に改修した(有名メーカーのハウス部門なんですけどね)部分の方がダメだったそうです。ですので、一概に古いからダメ、ということもないと思います。水回りは一度大きく手を入れてあるので、実家の場合、建て替え考える必要は今のところないです。

また都度必要なメンテナンスがされていたか、ということもポイントではないかとも思います。外壁の塗り替えとか屋根の補修とかね。


購入される前に、リフォームの専門の人に見てもらうとかしてはどうでしょう?

投稿日時 - 2009-04-21 07:08:14

お礼

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

先日、家の購入無事に終了いたしました。
皆様のご意見が大変参考になり、助かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-02 14:27:06

昭和25年付くの家を18年前購入しました。気に入ったのは庭が広い家が昔のつくり。主人は建築設計してますので、リホーム・リホームで予算のある時に直しながら住んでいますが気に入っています。
 手入れしてもよい建物かどうかだけです。
 ちなみに128坪都心の癖に梅・柿・柘榴・木苺・すみれの絨毯
最高ですよ。家は水周りだけは新しくしました。

投稿日時 - 2009-04-16 10:25:14

お礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、素晴らしい家は長持ちするものなんですね。
身内に、建築関係者がいらっしゃると、心強い部分がありますね。
やはり、気になるのは土台と地盤の基礎部分ですね。
手を入れて、長持ちする家であればさほど不安もないのですが・・

一度調べてもらうべきでしょうね。
参考になりました。

投稿日時 - 2009-04-16 18:44:57

ANo.4

築28年は建物の価値は価格に含まれていないと思います。
半分おまけみたいなものです。

ただし、ちゃんとした家ならまだ10年20年は住み続けられます。
写真でもつけてもらえばアドバイスできるかもしれませんが・・

・日当たりの悪い家は劣化が早いです。
・見た感じ安普請の家はだいたい基礎、構造も安普請です。
・内装や設備はどうにでもなります。
 床がたわんでいる
 天井や押入れに沁みがある
 柱が腐っている

こういうのは避けたほうがいいと思います。

投稿日時 - 2009-04-16 00:24:03

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうかもしれないですね。価格はほぼ土地代だけかもしれません。

内覧した印象は決して悪いものではないのですが、サッシががたついて、全部開かない、ベランダ部分にきしみがある。壁にはしみがある。
等、気になる点も多々あります。

一番の不安は、家そのものの土台、地盤が大丈夫か?という点です。

やはり、専門家に診てもらうべきなのでしょうね。参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-16 18:40:15

ANo.2

多少のリフォームは必要かもしれませんが、まだまだ大丈夫だと思います。
しっかりした家は30年くらいでどうもなりません。
家によります。
私の家は50年以上たちますが元気で快適ですよ。
水周りは直していますが大した金額ではありません。
どの位お金をかけるのかは住む人が決めるのです。
最近の安く作った家はメンテナンスにお金が多くかかります。
30年も経つと痛み、住む人(状況)が変わり、生活様式も変わるため建てなおす人が多いのだと思います。
30年以上たった家はいくらでもありますよ。
28年前なら家は悪くないと思います。
固定資産税も安くいいと思います。

投稿日時 - 2009-04-15 23:28:08

お礼

ご回答ありがとうございます。

前向きな形のご意見で、参考になります。
たしかに、家の質によるのでしょうね。築年数だけでは計れないのでしょうけど、なにぶん初めての経験なので、不安もあげればキリもなく・・
ある程度の修繕費を想定しておけば、住むことはできると思っても良いのかもしれないですね。
検討してみます。

投稿日時 - 2009-04-16 18:32:42

ANo.1

こんばんは。
一戸建てを購入する場合直すかどうか判断するのは家の持ち主様です。
極論を言うとどんな状態になっても居住者が耐えられるorお金がなければそのまま住んでも問題はないわけです。
そのぐらいの築年数の住宅だとやはり「我慢できるか?」の一言に尽きると思います。特に台所と風呂の水周りは一度も直してないと相当な状態だと思われます。しかも、水周りが一番リフォームにお金がかかる部分でもありますし。
将来にわたって築30年程度の家に住む場合は購入価格+将来の修繕&リフォーム費用も計算して購入するのが計画的な購入ではないかと思います。

投稿日時 - 2009-04-15 23:13:42

お礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど・・やはり、修繕分の費用をかなり見積もった形での覚悟で購入する必要があるという事ですね。
もちろん、家によってかなりの差はあると思いますが、築年数だけ見ても、リフォーム費用を想定するべきなのでしょうね。
参考になります。

投稿日時 - 2009-04-16 18:29:09

あなたにオススメの質問