こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生命保険加入で迷っています

生命保険の加入で迷っています
専門家の皆様のアドバイスをお伺いしたくて質問いたしました

当方、30歳会社員、妻32歳、娘0歳です
娘の誕生を機に生命保険を検討し始めました
すでに2人のFPの方にそれぞれ複数回話を聞き
必要な保障額を3000万円と試算しました
上記の金額になった簡単な理由は
1、自分に万一のことがあった場合、妻は実家(持ち家)に戻り賃貸の必要がない
2、子供が大きくなれば妻(現在は専業主婦)は働くつもりであり、看護師や保健師などの資格があることからおそらく働き口がある
3、実家が田舎のため、中学まではほぼ強制的に公立になる
4、現在の貯蓄や会社の遺族年金を勘案…
などです
上記試算は2人のFPにも伝え「妥当な金額だと思う」とコメントされました

そこで
1、ソニー生命の変額終身保険200万円(解約予定なし。葬式代の一助に)
2、(上記の特約として)家族収入保険月額6万円×25年
の2つに加入しました

さらに1000万円前後の保障を考えていますが
学資保険の意味合いも兼ね15年払込みで
あんしん生命の長割り、アクサのLTTPを検討しました
自分に万一のことがなければ貯蓄で学費を用意し
25~30年後に解約しようと思っています
上記2社では
若干返戻率が高く、契約時に一時払いができるため
さらにプラスになるとの考えからアクサに傾いていましたところ
FPからエジソンのドル建て保険を提案されました
理由としては
1、純粋に返戻率を考えるなら3.5%運用で上記2社より優位
2、10年後のようなスパンなら勧めないが、25~30年後の解約なら為替リスクも少ない(ドルコスト平均法という意味?)
このFPさんには2回お話をうかがったのですが、無理にこれを勧めるわけでもなく「アクサでも長割りでもいいが、あくまで運用を求めるならこういう商品もある」という勧め方でした
(少なくとも無理に変な商品を勧めているという感じはしませんでした)
保険に疎い身としては「ドル建て(しかもAIG)」ということで少し身構えています
(前置きが長くなり申し訳ありません)
そこで質問です
1、ドル建は保険料や解約返戻金が為替に左右されるという認識でいいのか
(たとえば月保険料が100ドルで固定され、為替によって9000円から1万4千円まで変わるのか)
2、左右される場合、返戻率が長割りやアクサを下回ることが(ひょっとして元本割れも?)あるのか
3、死亡保障が一定期間は必要で、その後は老後の資金にしたいとき、1000万円前後の保険加入を考えるとどの商品がお勧めか
の3点です

過去の質問を拝見すると「保険で貯蓄を考えないほうがいい。その分ほ貯金に回し、ほかの商品で運用を」というアドバイスが多いのは承知しております
ただ、金融商品に知識がないもので投資信託などの運用に手を出すのは控えようと思っています
保障がある分、保険での運用の利回りは低いのは承知していますが
「一定額の保障は必要、そして銀行に預けておくより少しでもたまったらいいな」という考えではこのタイプの商品は検討に値するかなと考えています

ご回答いただけると助かります
長々と駄文につきあっていただきありがとうございました

投稿日時 - 2009-04-18 01:37:55

QNo.4888150

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

生命保険契約者保護機構が本当にその機能を果たしているのなら、87%保険金減は起こらないはず。
ですが、実際には87%保険金減になるケースは起こりました。

保険金、最大80%削減 大和生命が更生計画要旨
大和生命は破綻した大正生命保険の契約を引き継いでいる。旧大正生命の契約者は2度目の保険金カットとなるため、当初の契約に比べると87%減るケースもある。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090410AT2C1000J10042009.html

>投資信託などの運用に手を出すのは控えようと思っています
変額保険も資産運用になりますので、趣旨に反します。
変額保険にするくらいなら下記の低コストの投資信託を検討すると良いです。
どうしても投資信託が嫌なら別ですが。
STAM グローバル株式インデックス・オープン
STAM TOPIXインデックス・オープン
STAM グローバル債券インデックス・オープン
STAM 国内債券インデックス・オープン

投稿日時 - 2009-04-21 06:12:57

補足

再度のご回答ありがとうございます

大和生命の件はもちろん存じています
しかし、大和生命は日本の保険会社であり
Quality1様から最初にご指摘いただいた「外資系であれば~」という条件に合致しないのではないでしょうか
保護機構に加入していようがいまいが
国内だろうが外資だろうが
破たんした場合は契約者にしわ寄せがいくのは当然だと考えています
そういう意味でのリスクは当然検討しています
ただ、それをもって外資系を排除するほど
国内と外資とに優位な差があるとは考えていません

なお、加入した変額保険は解約するつもりがありません
修身の保険額さえ変わらなければ返戻金は変額しても一向にかまわないと考えていますので
厳密な意味での資産運用に当たるとは認識しておりません

投稿日時 - 2009-04-21 21:49:21

ANo.5

外資系の保険会社は破産した場合保護されないのですが、その辺りは考えておられますか?

投稿日時 - 2009-04-19 19:12:03

補足

エジソン生命は生命保険契約者保護機構に加入していると認識していますが間違っているのでしょうか

投稿日時 - 2009-04-20 04:06:15

ANo.4

 No.2です。

>他には金利やAIGの与信能力等が変動要因になります。

 名目価値という意味では金利は直接的な関係は無いですね、訂正します。失礼しました。

投稿日時 - 2009-04-18 09:34:57

お礼

2度にわたり詳しいご回答をありがとうございます
やはり半端な知識ではリスクのほうが大きいかなと思い始めました
もう少しほかの商品も含めて勉強してみます
ご指摘ありがとうございました

投稿日時 - 2009-04-19 13:12:10

ANo.3

1、その通りです。
2、その通りです。
3、安い掛け金ならやっぱ、アリコかアクサになりますよ。

投稿日時 - 2009-04-18 09:24:54

お礼

シンプルにお答えいただきありがとうございます
アリコは事情があって避けています
(個人の好悪の問題です)
アクサも悪くないですよね
検討します
ありがとうございました

投稿日時 - 2009-04-19 13:10:53

ANo.2

収入や貯蓄に関しての具体的な言及がないのでどういう保険がいいとはっきりとは言えないのですが…

>1、ドル建は保険料や解約返戻金が為替に左右されるという認識でいいのか
 為替“にも”左右されます、影響力は大きいです。他には金利やAIGの与信能力等が変動要因になります。

>2、左右される場合、返戻率が長割りやアクサを下回ることが(ひょっとして元本割れも?)あるのか
 円建てでの最低補償額があるという記述はHPでは見られませんでした。で、あれば当然ありえます。

>3、死亡保障が一定期間は必要で、その後は老後の資金にしたいとき、1000万円前後の保険加入を考えるとどの商品がお勧めか
 シンプルな定期保険、その後は預金かMRFか個人向け国債で。保険は具体的にはライフネット生命、SBIアクサ生命、オリックス生命、ソニー生命あたりが割安です。質問者様がスモーカーでなければ非喫煙割引がある商品を探すのも良いでしょう。

>保障がある分、保険での運用の利回りは低いのは承知していますが
 利回りが保障分低い事は保障がコストに見合っていれば何の問題もありません。問題はコストが非公開な事です。
 
>投資信託などの運用に手を出すのは控えようと思っています
 であれば変額保険に手を出したのは間違いです。そもそも解約の必要がないという事はもっぱら死亡保障目当てという事ですが死亡保障額に変動を持たせる事自体賢明であると思いません。

>「一定額の保障は必要、そして銀行に預けておくより少しでもたまったらいいな」という考えではこのタイプの商品は検討に値するかなと考えています
 保険は現時点では概ね貯蓄よりは利率がマシですがそれは倒産リスクや換金リスク、それに伴う金利、インフレリスク、有利な税制が撤廃される制度改変リスクなどの全てを背負うことによって得られるものです。これらのリスクを負って安全資産以上の利益性を追求する行為は紛れも無い投資行為です。
 個人的には十分な税制優遇の恩恵を受けられるのでなければどのようなリスク許容度でも貯蓄性のある保険を検討する価値はないと考えます。理由は見えにくいが多種多様なリスクを背負うこと、投資パフォーマンスに致命的な影響を与えるコストが非公開である事、それらと比してリターンが低すぎる事です。

 

投稿日時 - 2009-04-18 02:36:14

ANo.1

ドル建保険はもちろんその時の為替に左右されます。
そのため、元本割れリスクもあるでしょう。
円建てで、例えば60才まで解約すると元本割れ、60才まで我慢して続けていると、およそ2~3%の金利で運用したものと同じだけ戻ってくる保険はあります。少なくとも住友生命ではありました。
また、ドル建はもしドルが暴落したら・・・を考えるとかなりギャンブルです。
保険は一度入ると途中で止めたら損というものが結構あります。私も預金の一部は保険で預金をしていますが、相当収入が減っても最低限続けられる範囲の金額にとどめています。
将来のお金を長期の視点で考えられているようですので、ぜひ金融商品のことを勉強されることをおすすめします。ドルのみに頼る、円のみに頼るというのは長期視点でみた場合、かなりのハイリスクであることも判ってくると思います。

投稿日時 - 2009-04-18 02:32:58

お礼

回答ありがとうございます
円建て、ドル建て、療法検討してみます
確かにリスクはつきものですが
準備(というか事前の知識)しだいで回避できるものは回避しようと思います
ありがとうございました

投稿日時 - 2009-04-19 13:09:46

あなたにオススメの質問