こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どんな用途に使えるロッド? 

「JACKSON Cheiron」というロッドを頂きました。
ずいぶん古いロッドのようですが、どんな釣りに使えますか?
7’11”
LURE 1/2-2oz
LINE 12-25lb
COASTSIDE
とロッドに記載されています。やけに竿先が硬いです。
ML表記のロッドでシーバスやフラットをやっている素人ですが、どんな釣りで使えるか?
このロッドがどんなものか分かるサイトなどもありましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-05-07 17:46:23

QNo.4939144

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

cherrytroutと申します。

現在ではPEライン全盛ですが、初期ケイロンの時代はナイロンラインが主流の時代のロッドです。
この時期のシーバスロッドは、柔らかいロッドが人気が有ると、固めのロッドが出て、こっちの方が感度がよいとか言って固めが流行り、固いロッドはばれ易くパワーが有りすぎて面白くないとか言って、柔らかいロッドがまた流行る、まーなんとも平和な時代でした・・・

この時期、最高に固いロッドの代名詞がケイロン。柔らか目がUFMのCAMシリーズでした。(後にプラッキングスペシャルCPSの原型)中間がスミス名作ブローショットGSシリーズですね・・

この後、「ケイロンインショアー」→現在オール・ニュー・ケイロンとなり、ケイロンブランドは持続しております。

素材は当時のルアーロッドで最適と言われたカーボン素材「IM6」を使用。

ロッドパワーからすると現在ではシイラ等ボート用の長さとパワーですが、当時はジャクソンホットスタッフがあり、長さも8.6辺りが主流でしたので、表記からすると、短いシーバスロッドで最強を目指したロッドだと思います。

PEよりナイロンラインの方が似合うロッドだと思いますyo

投稿日時 - 2009-05-07 22:22:22

お礼

回答ありがとうございます。
当時の状況やロッドの方向性が良くわかりました。
> 短いシーバスロッドで最強を目指したロッドだと思います。
穂先がとても硬く、胴は曲がるの?っていうくらい硬いロッドなのです。
パワーあり過ぎ、弾いてしまう…などでシーバスやフラットフィッシュには使えないなと思ってました。
> シイラ等ボート用の長さとパワーですが
なるほど、ナイロンラインでシイラですか。ライトジギングにも使えるかな?
どんな感じで使うロッドか何となく方向性が見えました。

投稿日時 - 2009-05-08 09:46:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ルアー釣りですね
http://www.jackson.jp/rods/cheiron.html

別に鯉のウキ釣りに使ってもいいですし、キスやカレイ狙いの投げ釣りに使っても構いません、チヌ釣ってもいいですし

ハゼでもいい(^_^;

投稿日時 - 2009-05-07 18:33:35

お礼

早速の回答ありがとうございます。
「LURE 1/2-2oz」という表現からルアー用のロッドということはわかってました。
確かに何に使っても良いと思います。(ツナでもメバルでも…)
ただロッドの長さや硬さ、ルアーの重さなどからどんな釣りに使えば最適か知りたかったのです。
> キスやカレイ狙いの投げ釣りに
ちょい投げは時々やるので使えるかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-05-08 09:26:19

あなたにオススメの質問