こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

抗がん剤治療で、貧血?

私の母の友人が卵巣ガンを患っております。

去年の末にガンが発見されまして、今まで抗がん剤治療を4回したそうです。

今は一時退院されているのですが、毎週病院で血液検査をして、データを取っているそうです。

抗がん剤治療3回目まではなんとか耐えたようなのですが、4回目がとてもしんどかったらしく、そしてどんどん貧血がひどくなっているのだそうです。

私は素人なのでよくわからないのですが、その方の血液検査の結果を見せていただいて、ネットで少し調べましたところ、どうも赤血球を示す数値(RBC)、血小板を示す数値(PLT)ともにかなり低くなってきているようです。

2月13日と4月24日、5月1日の検査結果が今手元にあるのですが、
2月
RBC 3.66(基準値は3.78~4.99)
PLT 336(基準値は150~361)

4月
RBC 2.51
PLT 63

5月
RBC 2.40
PLT 51

となっております。

特に血小板の数値が激減しているようです。

これはやはり抗がん剤治療の副作用なのでしょうか?

他のガンを示す数値は低くなってきているようで嬉しい
のですが、今は貧血がとてもひどくてしんどいようです。

ガンに関する本を少し読みましたら、抗がん剤治療をすると
血や免疫細胞を作る脊髄に悪影響が出ると書いてありました。

もし仮にこの方の脊髄も抗がん剤治療によってダメージが
加えられたとしたら、それは抗がん剤治療をやめると回復
していくものなのでしょうか?
それとも回復しないのでしょうか?

また今現在貧血がひどいようなので、何か今出来る良い
対処法はないでしょうか?
また毎週の血液検査もその方がおっしゃられるには注射器
2本分くらいの血をとるらしいので、私はこれも貧血の原因に
なっているのではないかなと思うのですが・・・。

どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2009-05-09 00:47:47

QNo.4943022

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

卵巣癌の治療大変ですね。
私の母も卵巣癌でした。手術後の抗癌剤の治療は吐き気が強いものもありますが、効果には変えられない部分もあります。

さて、貧血の件ですが、結論から言うと多くの抗癌剤は貧血を来します。
RBC(赤血球)、WBC(白血球)、PLT(血小板)全て下がる可能性があります。
それは抗癌剤の多くが細胞分裂の活発な細胞を障害するからです。
細胞分裂が活発ということは細胞が増えやすいということです。
癌細胞は無秩序に増えていきますので細胞分裂が活発であることが多いです。
この活発さをターゲットとして抗癌剤は効果を来します。

しかし、細胞分裂が活発な細胞は癌細胞だけではありません。
人間の正常細胞にも存在します。
代表的な細胞が骨髄の細胞です。
骨髄の細胞は毎日血液を作っています。
この骨髄の細胞も抗癌剤によって障害をうけるため貧血になりやすいのです。
しかし、一般的に癌細胞と比べて正常細胞の方が抗癌剤からは立ち直りやすく、
抗癌剤中止すれば貧血は改善することが多いです。(完全に戻らない事もありますが)
また、連日の採血で貧血が進行しすぎることはないので心配されなくてもよいと思います。
貧血が進む時は進みます。しかし、抗癌剤の効果があるのなら輸血などで対処できます。
抗癌剤の代わりはありませんので治療中は輸血などでしのぐのがよいでしょう。

投稿日時 - 2009-05-10 20:30:43

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

父が癌でしたが、やはり貧血になっていましたね。
対処としては造血剤(増血剤?)を点滴していました。

抗がん剤というのは、一種類ではなく数種類の内で組み合わせて打ったりします。
体も慣れますし、4回目ともなると強い抗がん剤なのかもしれません。
もしくは4回目の薬が合わなかったか。

抗がん剤治療を辞めれば、血は増えるでしょうね。
が、癌細胞があれば増殖します。

出来る事は担当医に貧血がひどい事を伝え、造血剤を打ってもらうとかの対処を受ける事です。

投稿日時 - 2009-05-09 07:28:27

あなたにオススメの質問