こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自宅リビングを5.1ch化

自宅のリビングを5.1chにしたいと思っています。

PS3の性能をフルに生かしたいので、Blu-rayの最新オーディオフォーマットに対応するものを考えています。

アンプとスピーカーをそれぞれ買わないといけませんが、
ヤマハのAX-V465を購入し、スピーカーを別途購入の案と

フロントスピーカーとウーファー、アンプがセットになっている
ONKYOのHTX-22HDを購入する案の2つを考えました。

当面はリアスピーカーを設置する予定は無く、フロントのみで楽しんだ後にスピーカを追加しようと思っています。

コスト的にはONKYOのが良いのですが、トータルで見るとどちらがお勧めでしょうか? 
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-05-10 18:05:09

QNo.4947468

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>> トータルで見るとどちらがお勧めでしょうか? //

どちらかが他方に対して優れている、ということはなく、あなたがどんな結論を求めるかによって変わってきます。

端的にいって、AX-V465と単体スピーカーの方が発展性が高く、アンプだけ、一部のスピーカーだけ、サブウーファーだけ、といった形で買い替えたり、グレードアップしたりしていくことが可能です。また、当初はフロントスピーカーを小型のものにしておき、グレードアップする際にそれをリアに転用する、といった芸当も可能です。

また、D端子、コンポーネント映像端子があるほか、接続できる機器の数もAX-V465の方が多く、そういう意味でも発展性があります。PS3のほかに、たとえば、HDD/DVDレコーダーやビデオデッキなど、さまざまなAV機器を繋ぎたいのであれば、AX-V465の方が柔軟に対応できます。

対して、HTX-22HDの場合、アンプはサブウーファーに内蔵されているので、そういった細かな配慮はできません。価格からいっても、音質面で引けを取るといえます。しかし、コンパクトにまとまり、安くて手頃であるとはいえます。

以上の比較から、

AX-V465は、将来的にグレードアップを図っていき、音質を追求していく予定もあるが、当面は、予算の問題や、本当にそこまで拘るか不安があるので、とりあえずシアター入門用として買いそろえたい人向け、

HTX-22HDは、基本的に音質に対する極端な拘りはなく、将来グレードアップしていくつもりもないが、テレビの内蔵スピーカーではもの足りず、かといって、操作や設定が難しいとか、スピーカーの設置がどうとか、ケーブルを変えるとどうとかいったマニアックな世界は遠慮したいという人向け、

といえるでしょう。

あとは、あなたの希望がどちらに近いか、ということで決まるでしょう(私なら、家族が使うリビングに置くなら後者、自室に置くなら前者、でしょう)。

投稿日時 - 2009-05-10 21:40:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問