こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自分の親の借金について【長文です】

こんにちは。
私は27歳(女)です。父・母・姉の4人で暮らしています。
私の父は事業に失敗して会社が倒産。銀行や消費者金融、業者などへ1億円ほど借金があります。今は知り合いの会社で雇ってもらっています。自己破産はしていません。

今は実家を売却し、借家で生活しています。以前は消費者金融の人間が何度も取り立てに来ましたが、ここ5~6年は来ていません。 現在母は年金を受給しており、パートをしています。(体調不良のため近々退職予定です。) 私と姉は月に5万円ずつ家にお金を入れています。
父は、会社を経営していたときに良くして頂いた業者数社へは毎月数千円~数万円ずつですが今でも返済を続けています。それらの業者に合わせて月10万円ほど返済しています。
母は会社が倒産したとき父に「子供たちに迷惑がかかるから自己破産をしてほしい」と言ったことがあるそうです。しかし父は「自己破産をするとその人たちに一銭も返済できなくなってしまう。お世話になった人たちだから、一生かけても返しきれない額だとは思うが自分が死ぬまでは払い続けていきたい」と言ったそうです。

昔は自己破産せず家族にお金のことで苦労をかける父を恨んだこともあります。しかし最近は、多額の借金を残したまま蒸発したり、自殺したりしなかった両親をすごいとさえ感じています。
倒産したばかりの頃は毎日借金取りにおびえ、何時間も真っ暗な家の中で息をひそめていました。私や母はうつ状態のようになって、母は毎日自殺することばかり考えていたそうです。
そのような状況の中でも、父は一生懸命に働いて私たちを守ってくれました。ギャンブル・女遊び・お酒・タバコなどは昔から一切しません。
そんな父だからこそ「お世話になった人へ誠意をみせたい」という気持ちが今なら理解できるのです。・・・説明が長くなってしまいましたが、今後のことで皆さんのご意見を聞かせてください。
※母は父の連帯保証人になっています。私と姉は連帯保証人・保証人にはなっていません。
※今現在、私たち家族は生活に困窮しているというわけではありませ ん。それなりに落ち着いた生活を送れており、少しですが貯金もできています。
私は今後このように考えています。↓
●業者への返済はこのまま続けていく。
●父が亡くなったら母親・自分・姉は相続放棄をする。
●父が亡くなっても連帯保証人の母には返済義務が生じてしまうので、母には自己破産をしてもらう。
●将来のために今から、自分と姉で親用の貯金をする。(これはすでに始めています。)

しかし将来への不安もあります。実際に私は一度、親の借金がきっかけで結婚の話が流れてしまったことがあります。借金だけが原因ではないのでここでは詳しくは書きません。(彼に対する意見はご遠慮ください。)
今後結婚したい相手ができた場合、親の借金のことは相手に隠さずに伝えていくつもりですが、相手や相手の家族に余計な心配をかけたくありません。過去の経験から、自分の家の借金が相手に与える影響はとても大きいと痛感しています。
私の両親は、借金のことは自分たちの問題なので相手家族(彼も含めて)に借金を何とかしてもらおうなんて気持ちは一切ありません。今までも第三者に対して金を無心するといった行動をとったことは一度もありません。
しかし自分が結婚をした場合、新しい戸籍に相手の実家の住所も記載されます。今の状況を考えると、相手の実家に取り立ての人間が行くことは99%ないと思うのですが、100%大丈夫!とは言い切れません。
今後、父が母よりも先に亡くなった・もしくは働けない状況になった場合、いま返済を続けている業者がどういう行動にでてくるのかは分かりません。これは本当にそのような状況にならない限り誰にも分からないと思います。
また、結婚をすれば自分の親のことだけではなく、旦那や子供、相手の親の生活も考えていかなくてはなりません。そうなると自分の親に仕送りをするなどといったことはしてあげられないかもしれません。
自分の両親は「私たちの生活のことは気にしないでいい」と言っていますが、そういうわけにもいきません。

私たち家族はこれからどのようにしていくべきでしょうか。
相手家族には借金のことで迷惑をかけるつもりはないことと将来の対応策を伝えていけば、私にも今後結婚できる可能性はあるでしょうか?
また借金のことでゴタゴタして自分も親も辛い想いをするくらいなら一生結婚しないほうがいいのではないか・・・と時々不安になります。
同じような家庭環境のかたはいらっしゃいますでしょうか。
上記の対応のほかにもっと良い方法があればぜひ教えて頂きたいです。(父に自己破産してもらうという考えは今のところありません。)
非常に長い文章になってしまい申し訳ありません・・・。宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-05-14 07:54:44

QNo.4957355

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

誰もが言い訳ばかりでやりたがらないけど簡単な方法があります。
あなた自身が猛勉強して、収入の高い仕事に就けば良いんですよ。

親のために貯金。立派ですが、これは親孝行ではありません。
子供に苦労をかけてしまったと思わせてしまった時点で、どちらかというと親不孝となるんですよ。
しかし、あなたたちのことを責められる人はいないでしょう。僕も必要だと思いますから。
ただ、本当の親孝行は子供自身が幸せになることだと思ってください。
「二人がこういう人間に育ててくれたから私は今幸せなんです」と言える実力をつけてください。
守るばかりで攻めることを忘れては、戦いに勝つことは出来ません。

未知の経験に気後れすると思いますが、やらない言い訳を探さないでください。ただやれば良いんです。
恵まれた環境ではなかったようですが、日本人に生まれただけで我々は運が良いんですよ。
この国ではゲリラに怯える必要もありませんし、弱者を助けるシステムもたくさんあります。
日本のように自分の成功だけを考えていればいい国なんて、そうそうないです。

あなたたちご姉妹が成功して、経済的や仕事的にもお父様に協力できた方が自己破産云々より全然良いでしょう?
年齢的な言い訳も思いつくかもしれませんが、結局このまま地味にいっても下に落ちることはあっても上がることはないことを、あなた自身が気づいているはずです。
もう「やるしかない」という気持ちでがんばってください。

お父様の事業が失敗したとき、「自分にこういう力があれば会社を潰さずに済んだかもしれない」というものを勉強してみてはいかがでしょうか?
それが法律関係だというなら司法試験を目指すのも良いですし、経営コンサルティング的なものでも良いでしょう。
あなた自身が事業を興すことを目指すのも良いかもしれません。
お父様は失敗したとはいえ、1億円の借金ができるということは1億円を動かせる事業家だったわけです。
あなたはその娘なんですよ。できないわけがありません。
むしろ失敗談も聞ける先生が目の前にいるわけですから、チャンスという点では恵まれています。
もっとお父様と話をしましょう。
慰めや心配の言葉ではなく、事業の話を聞かせて欲しいと頼んでみましょう。
自信をなくされて自分を責めるようなことをおっしゃるかもしれませんので、それは制止してあくまでお父様の話を参考にしたいんだという意志を伝えましょう。
ものすごく有意義な話が聞けると思いますよ。

非常識で無責任なことを言ってると思いますか?
でも、あったこともない男に幻想を抱いたり、そんな幻想相手に結婚を心配したり、それに慰めの言葉をもらったところで現状は変わらないと思いますよ。
現状を変えると言うことは自分を変えると言うことです。
世界は何も変わりません。事実がそこにあるだけです。
自分の実力にあった受け取り方しかできないだけです。

自分のレベルを上げる。
現実的だと言われるおとなしい方法よりも、よっぽど現実的ですよ。
これがご両親もあなた方ご姉妹も幸せになり、かつ結婚の心配もない方法だと思います。

あとはあなたがやるかやらないかだけです。
どんなアドバイスをもらっても、あなた自身が言い訳を受け入れてしまえばそこまでです。

投稿日時 - 2009-05-14 19:54:38

お礼

ご回答ありがとうございました。とても考えさせられる内容でした。

>本当の親孝行は子供自身が幸せになること
本当にその通りですね。私たち姉妹が毎日を生き生きと充実して過ごしている姿を両親に見せてあげることが一番の親孝行ですよね。
そのためには自分自身が物事に前向きに取り組んでいくことが必要ですね。

>非常識で無責任なことを言ってると思いますか?
いいえ、そんなことは全然思いませんでした。
yasurin_Zさんが私たち家族のことを真剣に考えてくださっているのが伝わってきました。
私たちは今まで、父と倒産した会社の話をすることを避けていました。正直もう忘れてしまいたい・・・という思いもありました。
でもここらへんでじっくりと腰を据えて話をしてみる時期がきたのかもしれません。

逃げていても始まりませんもんね。「やるしかない」ですね!
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-05-15 00:13:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

43歳、既婚13年、男、子供2人、会社経営18年目です。

私の家内の父親にも当時(10年前で4億円)の借金があり、60年続いた会社はタタミました。
最後は、融手発行なんでもござれの様でした。
持ち物だった、ビル・アパートが次々に競売されました。

事前に知っていたら結婚を躊躇していたか?
という問題ですが、躊躇しなかったと思いますよ。
結婚する時点で会社が困窮状態であることも知っていましたし、ベンツ600SELも売るとか言っていましたから。
むしろ、裸で嫁に来てくれて、帰るところが無い嫁の方が可愛いですよ。
覚悟も立派ですしね。
その分、私も覚悟しますけど・・・

そんな男、世の中に掃いて捨てるほど居ますよ。
まあ、じっくり腰を据えて、恋愛して下さい。

嫁の母親のサラ金23箇所、500万の借金の方が参りました。
両者共、死亡時には相続放棄をするように言ってありますが、それが一番の心配事です。

投稿日時 - 2009-05-14 15:26:30

お礼

実際の体験に基づいたお話ありがとうございました。
会社を経営されているということで、今までにいろいろと苦労されたんでしょうね。
そうですね。あせらずに恋愛を楽しんでいきたいと思います。
nolixさんも心配事がおありでしょうが、身体に気をつけて頑張ってください。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-05-14 23:55:09

ANo.1

借金については、契約者および連帯保証人に返済義務があるものであり、それに該当していない子供さんには返済義務はありません。
ですので、質問に書かれているとおりの対応でよろしいかと思います。

ただ自己破産をしていませんので、たとえば借金が残っている債権者が一括返済を迫ったらどうなるのか?などという心配があります。

一旦自己破産をしておいて、免責がおりた後に少し時間をいただいて生活再建していく過程でお世話になったので返済をしていきたい。と思っている方々にのみ返済をしていく約束をする。
(法的には返済義務はもうないが誠意という意味を示したいというお父様の考えを尊重するため)
ということも可能ではないかと思います。
その時に新たな借金をしたという契約書を書くことは避けてください。

rikujou800さんの結婚についてですが上記のとおり返済義務もありませんし嫁がれた先にまで返済についての義務や取り立てなどは全くありません。
万が一あった場合には違法行為です。しかるべき措置をとればよいことです。
結婚相手に、正直に事情を話せばそれを理解してくれる方は必ずいらっしゃると思います。
rikujou800さんが親の借金を恥じたり、それを結婚相手に対して申し訳なく思う必要は全くないのです。
ご自身で書かれているとおりご両親は立派に立ち直って対応をしていらっしゃいます。倒産という不幸な出来事はあったにせよ人間としての生き方は立派で尊敬できるものです。
自信をもってご両親を大切になされればよいことだと思います。

投稿日時 - 2009-05-14 08:13:49

お礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
専門家のかたのご意見ということでとても心強いです。

>一旦自己破産をしておいて、免責がおりた後に少し時間をいただいて生活再建していく過程でお世話になったので返済をしていきたい。と思っている方々にのみ返済をしていく約束をする。

なるほど。こういう方法もあるのですね。
一度父ときちんと話し合ってみたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-05-14 23:48:43

あなたにオススメの質問