こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ADHDの薬の承認を検討して欲しい

 日本では、以前ADHD患者にオフラベルで塩酸メチルフェニデートが処方されていましたが、現在は処方されていません。

 規制した厚労省側が何の説明もないので、規制になった理由が明らかにされていません。

 ADHDの団体が塩酸メチルフェ二デートの除法剤の承認を申請していますが、その状況がどうなっているか情報が見えません。
 
 塩酸メチルフェニデートは副作用が大きく、わかっていないことがあるという危険性があることは確かであります。
 その一方で、学校、会社や車の運転等の日常生活に必要なもので、医療目的、人生設計や進学、患者の家族の将来に関わってくるもので、ADHDの治療に確実に必要な医療医薬品であります。

そして、塩酸メチルフェニデートだけでなく、ADHDの治療薬はまだあります。
・デキサメチルフェニデート(商品名フォカリン)
・デキストロアンフェタミン(商品名デキセドリン)
・混合アンフェタミン(商品名アデラル)

デキサメチルフェニデートはアメリカでしか認めら手いませんが、残りの2点はアメリカと欧州の両方で認められています。

これらの治療薬を日本で承認してもらえるよう、検討してもらえるにはどうしたらよいでしょうか?

投稿日時 - 2009-05-14 21:13:15

QNo.4959040

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

規制になった理由の一つに、「乱用」があったかと思います。覚醒作用が強いため、「ハイになる」ことを目的にドラッグとして使用されるケースが目立ちはじめ、また依存性もあるために、犯罪に関わる場面も増えてきてしまいました。加えて、そうした事を知りながら安易に「うつ病」の病名で大量に処方(横流し?)する医者が出て来て社会問題化していました。また、処方量の多いアメリカでは死亡事件なども問題となっていたため、製薬メーカーのほうが「適応症の削除を申請」して「うつ病」や「ADHD」での使用が不能になったと同時に、乱用防止のため、適応症をナルコレプシーのみとし、申請して認可された医療機関で、認可された医師のみが処方できる薬となりました。

このような経緯ですから、おそらく今後メチルフェニデートのADHDへの使用認可は徐放剤であってもほとんど無理かと思います。

他の新規薬剤については、認可するのは厚生労働省ですから、厚生労働省に要望書を出すなどの方法をとるほか無いものと思います。患者団体だけでなく、精神神経学会などの学会に働きかけて協力を得るのも一つの方法かとは思います。

投稿日時 - 2009-05-14 21:46:46

お礼

学会に働きかけることも検討してみます。
また、厚生労働省にも直接働きかけます

御意見ありがとうございます

投稿日時 - 2009-05-15 17:57:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問