こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

挨拶ってそんなに正義?

一般に挨拶をするのは、良いこととされていますよね?
でも、これは一種の押し付けのような気がするんです。

私は子どもの頃、かなりの人見知りでした。
親しい友人や、先生にしか挨拶をしませんでした。
それ以外の人間に挨拶をすると、
「なんで自分は親しくもない相手に挨拶してるんだろう…」
と感じてしまいます。
私にとって挨拶とは「親しさの確認」であって、
面識も接点もない相手にするのは、不自然だとしか思えません。
生理的な気持ち悪さがこみ上げてきます。

もう社会人なので、挨拶が礼儀の一種だというのは理解できます。
ですが…挨拶をさせたがる人って、なんでああも
「オレが正義だ!」みたいな態度が多いんでしょうか?
あちこちの相談サイトを見ても
「挨拶が返ってきません。相手はいったい何を考えてるんでしょう?」
「親に躾られなかったのよ。育ちが知れるわ」
「挨拶もできないで、仕事ができるか!」
「はぁ?挨拶なんて当たり前じゃん。根暗キモっ!」
こういう、相手を見下したような返事が多くないですか?

特に「大きな声で挨拶すると、気持ちがいい!」と主張する方がいますが、
私は「そんなの人によるだろ。押し付けるなよ」と思います。
アンタは気持ちいいかもしれないが、人見知りとか、
苛められて人間不信とか、親しくない相手にするのは変じゃないかとか、
挨拶を「気持ちいい」と感じない人間もいるのに。
そういった相手の心理を、なんで誰も配慮しないのでしょう。

仕事などで、相手への心象が大事だということは分かります。
ただ、あまりにも挨拶を主張する人たちが、
「挨拶は気持ちいいに決まってる!」
「そう思わない人間は変だ!」
みたいな、カルト宗教並みの信仰を持っている気がしたので。
なんで「挨拶は気持ちいい!」と思う人は、
そうでない人も自分に合わせて当然だと思うんでしょうか?

投稿日時 - 2009-05-18 00:18:05

QNo.4968074

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(19)

ANo.19

yamsaruさんは、親しい人には挨拶しているのですよね。
別に誰にも挨拶しないわけではない。
だったら、それで良いじゃないですか。

見知らぬ人に、無理に作り笑顔で挨拶する必要はないでしょう。

ただ、挨拶はコミュニケーションの始まりですから、必要なときには上手に使えるようにしておいた方が良いと思います。
例えば道に迷ってしまったとき、誰かに道を尋ねるとします。
尋ねる前に、「すみません」とか、「こんにちは。ちょっと教えてください」とかつけませんか。突然「○○駅はどっち?」はないでしょう。

仕事で初めて出会った人に対しても、「はじめまして」は必要でしょう。

「おはようございます」や「さようなら」は、親しい人だけで良いじゃないですか。

>相手の心理を、なんで誰も配慮しないのでしょう。
これはみんなに言えることです。
仏頂面で「おはようございます」と言われても、言われた方は嬉しくない。
相手を良い気持ちにしてあげられるように配慮し合う。これは、社会生活をする者のたしなみというものでしょう。

投稿日時 - 2009-05-18 15:35:35

お礼

たった一日で多数のレスが付き、驚いております。
ですが私の文章が不完全で、
どうも誤った印象を与えてしまったようです。
挨拶をしないのは『私』ではないのです。
職場で、少し思うところがあって質問したのですが…

申し訳ありませんが、いったん締め切らせていただき、
新たに質問を立てたいと思います。
回答してくださった皆さん、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-05-18 18:29:55

ANo.18

はじめまして、こんにちわ。

挨拶は気持ち良いのか?ということですが。
私は、気持ち良いかはともかく、ビジネスルールであると認識して
います。
実際多くの方がまじわる場合に、はじめて会った人には大小なりとも
警戒してしまうんですよね。。それよりは、普段から顔を合わせた際
に、「このひと、会ったことがある」と思う方の方が、相手の事が
多少なりとわかる分、安心して話せます。
仕事の場合は、必ず周囲の人間と関わらずにはいられません。
そのときに無用な軋轢を感じずに仕事をしようと思うと、日頃から
挨拶をしておくのが無難ではないか?と思います。

投稿日時 - 2009-05-18 15:27:19

ANo.17

簡単に言うと、挨拶とは社会生活における「基本」です。

気持ちいいから、等の自己満足のためではありません。
無論、礼儀以前の話です。

投稿日時 - 2009-05-18 14:15:36

ANo.16

挨拶を嫌で相手も望んでいなければ挨拶しなくて良いと思います。
それは本人たちが判断すればOKです。

私は挨拶を相手にして欲しいので、
自分から挨拶をします。
他人に殺されたくないので、人殺しはしません。

質問者殿が今まで挨拶を省略して生きてきたか知りませんが、
それで今は幸せでしょうか。
残念ながら今の世の中は、挨拶をしている人の方が楽しく暮らせそうな気がします。

現在の自分の情況は今までの積み重ねです。
自分の行動は他人や社会が答えを返してくれます。
挨拶が正義でないのと信じるのであれば、
そのまま突き通してそれで幸せをつかんで下さい。

ご検討を祈ります。

投稿日時 - 2009-05-18 13:06:17

ANo.15

>「なんで自分は親しくもない相手に挨拶してるんだろう…」

これも見下した態度だと思います。関係無いヤツだから、存在を無視しても良いだろうと・・・。そういう意味ですよね。なんか損得だけで動いているように私には見えます。(もちろん貴方はそうではないと考えていての行動だとは思いますけど。)

一度きりの人生ですから、ご自身の思うように生きれば良いと思います。ただ、就職しておいて騒ぐのって、貴方の例を借りると、カルト教壇に入信しておいて、この宗教はおかしい!って騒いでいる様なもんでは?

投稿日時 - 2009-05-18 12:42:18

ANo.14

プライベートならその考えでもいいでしょう。
しかし会社の中ではそうはいきません。
自分はその人を知らなくても相手の人が会社を知っていれば、会社を代表して挨拶をすることになります。
その時には相手に良く思ってもらえる挨拶をしないといけません。

仕事ではそういう挨拶がしっかり出来ているのなら、プライベートでは出来なくてもいいかもしれません。
しかし、多くのプライベートでそういうことができてない人は仕事でも出来ていないですね。
だからプライベートでもやれと言われます。

挨拶が嫌なら、挨拶がなくても問題ない仕事をするしかないと思いますよ。

投稿日時 - 2009-05-18 12:39:25

ANo.13

質問者さんの書かれていることはよく理解できます。
ですからそれはそれでかまわないと思いますよ。
挨拶を押付けられる必要はないし、挨拶が当り前というのも勝手な話だと思います。
だからそう思う間は、思うような形で過ごせばいいと思います。

私の場合は、挨拶できるならします。親しかろうが親しくなかろうが区別はありません。
挨拶する意味合いも様々です。相手に近寄る切っ掛けのときもあれば、相手に何らかの事を依頼しようと考えている時は、相手の気持ちに迎合するようなところもあるのかもしれません。
極論すれば、人と人との関係における潤滑剤の一つに過ぎないとも言えるかもしれません。
私の場合はそう考えるので、挨拶する事にこだわる要素が無いわけですね。
結局その程度のものといえるのかもしれません。

投稿日時 - 2009-05-18 12:07:32

ANo.12

正義と言うより、常識でしょうね。

やりたくなければやらなければ良いんじゃないかな?
ただ、これ伝えたら、まず面接は受かりませんから、就職は諦めたほうが良いでしょうね。親のすねかじるか、バイトで生きていくなら問題ないんじゃないかな?

どの社会にも常識があり、60キロ道路はやはり60キロなんですよね。60キロは誰が決めたんだ、その常識が間違っている、60キロまでが安全だとは限らないじゃないか!と言われても、「じゃあ乗るな!」と警察に一括されてしまいます。

出来る出来ないは別として、相手にしっかり伝わる挨拶が「良い挨拶」なのだと思います。それを「人見知りだったら」とか、「人間不信だったら」とか、「親しくない相手にするのは変」とか、屁理屈言ってるほうが余程カルト宗教並みと思いますよ。普通は・・・・。

投稿日時 - 2009-05-18 11:56:03

ANo.11

基本的に質問者さんと同感なのかも知れませんが、ある意味真逆でもあるような気がします。

> 面識も接点もない相手にするのは、不自然だとしか思えません
私は時々「山登り」をしますが(たぶん)全国どこでもすれ違う時に挨拶をするのが当然となっています。

でも、それは義務としてやっているのではありません。
大抵、私は自分から声を掛けるようにしていますが、いつもではありません。
ですから、無言ですれ違うこともあります。
また、こちらから声を掛けても何も返さない人も普通にいます。

本来、挨拶とはそんなものなのではないでしょうか。

つまり、潤滑油を差すようなもので、挨拶だけがすべてでもなく、また挨拶がないからと、いちいち仕事に支障をきたすようではプロとは言えないでしょう。

投稿日時 - 2009-05-18 09:25:30

ANo.10

どうもはじめまして。

挨拶が礼儀とか、気持ちよさとか、正義とかどうでもいいじゃないですか
もっと単純に考えて、
人見知りするならいきなりそばに知らない人がいたりする方が嫌じゃないですか?
それならば前もって何かしら言ってくれた方が良くないですか?!
私も人見知りで挨拶は苦手ですが、
パーソナルスペースを守るために挨拶をしておくと良いと感じてます。
んで
なにか言ってくれた事に対して、何か応えるってのは普通だと思うんです
それが挨拶だと思えばなんら問題ないと思うんですが・・・・

挨拶できないから協調性に欠けるとは思いません。
実際挨拶できる人でも協調性ない人はたくさんいるし、
挨拶できても社会人として駄目な人もたくさんいます。
何が大事かってのは、
挨拶よりも人に何かしゃべりかけられたらそれに応えるってことだと思います。

まぁ目上の人に対してとか、取引先の人とかには先にこっちから
しゃべりかけないと失礼だと思うので、こちらから挨拶しますが、
それもいきなり、会った瞬間に仕事の話等をされると
ビックリしてしまうと思おうので、
前置きとして挨拶をするって考えれば良いのではないでしょうか


なんか支離滅裂な文章で申し訳ございませんでした。

追記
実際このyamsaruさんの質問に回答してる人で、挨拶は当たり前とか
大人の常識って言ってるにもかかわらず、
挨拶無しで書き込んでるしね・・・
言ってることとやってること違います。。。
ちゃんとした対応、回答しているのはStiltzkinさんだけですね。

すみません
批判等するつもりはなかったのですが、
気になってしまったので・・・。

失礼しました。

投稿日時 - 2009-05-18 03:30:31

ANo.9

 えー、あいさつというのは自分と相手の双方が同じ集団の一員であることを確認するための一番最初の合図なんです。
 ですから、集団の一員としてふるまわねばならない立場にあってもなお、あいさつがちゃんとできない、もしくはしない、というのは集団の一員ではない、もしくは集団に属することを拒否している、と表明しているのとおんなじことなんです。
 つまり、いいとか悪いとかではなく、そうした手順を踏むことによって人(以外もなんですが)は初めて集団の一員として認められるんです。逆にそれを否定しときながら集団の一員としてふるまうとしたら、集団から排斥されるのは極々当然のことなんです。
 そういったものですから、仕事のパートナーと挨拶をしないのであれば協力関係を軽視している人物であって当然仕事が上手くゆくとは思われないことでしょうし、集団の一員としてふるまうための最初のステップをちゃんとした形で教えない親であればそれもまた問題ありと判断される訳なんです。
 で──もちろんのこと、合図なんですから、互いに分かりやすいに越したことはありませんよね。ですから、(秘密結社の類いでない限りは)身振りはある程度の距離があっても分かりやすいもので、声もそれなりの大きさでなくてはならないのは分かりますよね。
 しかし、他者を集団の枠の中で管理したいという欲求を過剰に持った人物(体育会的な人なんかに結構多いですよね)などは、その人物が合図としての機能を超えて過剰に分かりやすい挨拶を返すことによって集団に対する帰属であったり、自分に対する服従を表明していることを確認したい訳なんです。逆にいえば、裏切られることに対する恐怖の表明ともとれなくもありませんが。
 ──っていうかそういう空気を感じさせる人物に反発を感じて、あいさつってなに? なんて疑問を抱かれたんでしょうか。そんな感じがするんですけど。あからさまに服従の証としてあいさつを求められれば、そりゃ、嫌なのは分かりますよ。わたしだってそういう御仁は嫌ですもん。

投稿日時 - 2009-05-18 01:56:44

ANo.8

挨拶が慣習化されているのは、やはり挨拶が人々の日常において
“人間関係を円滑にする要素”として暗黙の機能を果たしているからだと思います。

よって大半の方が挨拶を行いますし、本文の「オレが正義」の意味合いこそ掴めませんが、挨拶はすべきと思う方が多いのは当然の流れです。

彼方の挨拶に対する捉え方は社会において少数派の意見と考えられます。

実際のところ、挨拶を「気持ちいい」と感じない人間がいるというのは
日常において想像すら及ばないことが多いので、配慮に至ることもなかなかないでしょう。

投稿日時 - 2009-05-18 01:47:38

ANo.7

「人それぞれ」の緩衝材として「挨拶」はあるのかもしれないですね。
貴方は、そういう考えかもしれないけれど、他人も他人で様々な考えを持つ人が居る訳です。
人は、自分の主観でしか相手を推し量る事はできないものです。
自分は正しいと思いたい、または信じているわけですし
自分の理解と食い違う事象があるとストレスを感じ不快に思うのです。
そういった、複雑な問題を一応の決まりごとを作ることで緩和しているのです。
それが「礼儀作法」といった文化なのです。

ただし、「当たり前」とは当然論理的整合性のある理由が必要な訳ですが、「常識信仰」は厄介なもので「常識だから」「当たり前だから」としか理由が見つけられない場合も多いものです。
それが、文化として根付くと肥大化して貴方のような考えを否定、弾劾しようとするのです。
それは、異教徒を排除しようとする宗教と変わらないこともないのでしょう。

ですから、一度思考をめぐらせて「どうしてだろう?」と疑問を抱き、「なるほど、こういう考え方もあるのか」と”互いに”理解しあうことが大事なのです。
貴方は、貴方自身を理解してもらいたいとお考えかと存じますが、相手も自身を理解して欲しいと思っているはずです。
相手が「挨拶は常識」と信じてやまないのであれば、貴方はそれを理解して、余計な軋轢を生まないよう相手に合わせることも必要だと思います。

しかしながら、どう考えても貴方が精神的に苦しむ結果になるだろうことは明白ですね。
現代では、人間の内面・精神面はいくらか理解されるようになってきてはいても、やはり誤解や齟齬が多く悩み多き時代だと思います。
貴方に、特別アドバイスできるほど私も他人を理解できている訳ではありませんので解決策などを提示できないことは大変残念に思います。

私自身が「挨拶」に対して思うことは、
相手が「挨拶」でよろこんで頂けるのならば気持ちよく挨拶いたしますし
相手が気持ちよく「挨拶」してこられたのなら、私は喜んでお受けしたいと考えています。
私自身は、日常会話など必要とは思いませんし、必要な会話では導入も社交辞令も挨拶も要らないと考え
できれば、端的に本題だけの効率的な会話を望みます。
勝手ですが、押し付けようとは思いませんし、相手のことも理解したいと願っているわけです。

参考にならないかもしれませんが
一つ、肯定的な意見として聞いていただければ幸いです。
人が、より大勢の違った人たちを理解し融和できる時代が来ることを望んでおります。

投稿日時 - 2009-05-18 01:23:20

ANo.6

挨拶というのは面倒だから価値があるのです。
他人のために余計な動作をするという行為によって、「この人は自分に敵意が無いんだ」ということを示し、また自分でも相手に敵意がないこと、コミュニケーションを取る意志があることを示します。
だから厳密に言えば挨拶は「嫌なもの」な筈なのです。
「挨拶が気持ちいい」と言っている人は、あくまで挨拶に挨拶を返して貰った時の「繋がった」感じが気持ちいいのです。
まあ時には挨拶の動作そのものが楽しくて仕方無い人も居るかも知れませんが、そういう人は得してるんだと思いましょう。
挨拶が面倒だからこそ、それを他人のためにすることに価値が生まれるわけです。

ですからあなたが挨拶を嫌がったり面倒臭く思ったりしたら、それはあなたが挨拶の価値を重く理解している証拠です。
ですがその上で、出来るだけ挨拶をするようにしましょう。「見知らぬ他人に」「親しくない人に」と思うかも知れません。ですが、そういう人、自分を理解していない相手にこそ、自分が敵意を持っていないということを見せるべきです。そうすることで、相手の気持ちがある程度測れます。つまり挨拶は相手を測る手段でもあるわけです。

挨拶が気持ち良いから、お互いに挨拶してお互い幸せになる、というのは嘘です。挨拶という行為そのものは面倒な行為なのです。でも、面倒だからこそそれによってお互いに善意、好意を確認出来るのです。
挨拶は正義ではありません。
「皆面倒だけど、相手に気を遣ってやってるんだな」
そういう風に考えてやって見てください。

投稿日時 - 2009-05-18 01:19:33

ANo.5

私は、森羅万象に対する挨拶として俳句をつくっているのですが、
挨拶は、元々が悟りの深さを示す禅用語で、
《挨拶したけど無視された》
《挨拶したけど挨拶が返って来なかった》といった感覚とは
無縁というか、そのとき、そのときの気持ち・気分など
内面の事情に左右されず、普遍的に、いつもコンスタントに
に挨拶できることが悟りだとおもいます。

まぁしかし、たとえば、
両親が交通事故で、一瞬にして死んでしまい、これから
どうしようかという考えに沈みながら学校に来て、
(何も知らない人たちが知らないがゆえに)明るい笑顔で
挨拶してきたら(悟りは、ともかく)よほどの心的レヴェルにある人でないと、
同じような明るい笑顔で挨拶を返すことはできないと思うのです。
それが自然な人間だとおもいます。

但し、営業・飲食業etc.の接客のミッションに従事するプロであれば、
心の切り替えが必須というか基本じゃないかと思われます。
《両親が一瞬にして亡くなった状況では「いらっしゃいませ」
「ありがとうございました」なんてとてもじゃないが言えっこないよ》という
感覚にある間は、お店に出たり、
営業活動に行かずに、自宅で喪に服しているべきなんだとおもいます。

挨拶は悟りの流れにあるので、押し付けではないと(私は)認識しております。
禅の言葉である挨拶が、宗教の言葉で、挨拶行為も含めて、不快で
嫌悪感があるのであれば、
アナタさまが新しい言葉とマナーをつくって広め、
受け入れられれば、一件落着となるでしょう。

投稿日時 - 2009-05-18 01:05:54

ANo.4

普通の人が普通に無意識にやってることの理由を聞かれたって、変な答えしかできないでしょう。夏休みの子供電話相談室みたいなものです。なので、相手が言った理由なんてどうでもいいし、拘るところではない。要は、あなたが偏向的で、社会的協調性がないってだけです。まあ、そうやって世間に背を向けて生きるのもいいでしょう。それはあなたの自由。ただし、普通のことや、社会で人を束ねる立場にはなれない可能性は高くなりますが。

投稿日時 - 2009-05-18 00:54:21

ANo.3

はじめまして。
質問者さんがおっしゃっていることは概ね理解はできるのですが、やっぱり人が社会で生きていくためには挨拶は必要なものだと思いますよ。
まあ、ご指摘のとおり程度の問題はあって、確かに「この人初対面なのになれなれしいなあ」という印象を与えるような人もいますから、そういうのまでも正当化するつもりはないんですけど、でもそれありきで「普通の挨拶」までもを議論するのはおかしいですよ。例外は例外。
でも、せめて人に会えば「おはようございます」「こんにちは」は言うのが当然だと思いますし、お世話になれば「ありがとうございました」「お世話になりました」、帰るときには「失礼します」「さようなら」、その程度は親しくてもそうでなくても当たり前なのではないでしょうか。そういう挨拶すらも鬱陶しい、不快だと感じる人がいてもおかしくはないというのは理解できますが、その人たちのために「じゃあみんな挨拶はしないことにしよう」という世の中にはなりませんよ、きっと。
私は別に挨拶をすることが正義だとも気持ちいいとも思いません。日常の普通の行動、普通の会話ですよ。

投稿日時 - 2009-05-18 00:44:32

ANo.2

あのね、挨拶はたとえ大っきらいな相手にでもするのが大人の常識です。
正義でもなんでもありません。変なサイトの読み過ぎですよ。

投稿日時 - 2009-05-18 00:37:40

ANo.1

電話でいきなり、用件をしゃべるとか、トイレにノックせずに入るとか・・・・・・・ううん、変でしょ?
それを変だと思うのなら、挨拶の声の大小くらいなら気にすることもないでしょ。

投稿日時 - 2009-05-18 00:31:31

あなたにオススメの質問