こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

傷害事件の被害にあいました…更に酷い仕打ちをされています…助けてください…

4月末に傷害事件の被害にあいました。
事件は自分が駅のホームで階段を上る為に並んで待っていたところ、向かいから人並みをかき分けて歩いてきた加害者がぶつかってきて、言葉のやりとりすらない段階で一方的に投げる、蹴る等の暴行を加えてきました。自分は病院に搬送され、初診では全治2週間の診断で診断書をもらいました(実際完治したのは3~4週間)。自分はそのまま警察で被害届を出しました。
その後医療費の請求を加害者にしたかったので連絡を取り会ってみると「医療費&慰謝料はちゃんと支払う」との回答でした。
しかし加害者は「現在お金がないので、病院の支払期限までには払えないが給料が出たら払う」との事でした。
慰謝料に関しては自分が50万円の提示をしたところ「高いので少し考えさせて欲しい」と言われました。
ところがその後夜中に突然電話が着て、出てみると態度が一変。
病院からの請求書を確認してもらったにも関わらず「おまえは信用出来ねえ!病院に確認したら払う!慰謝料も50万円は高すぎる!ふざけんな!警察に相談したからな!」と逆上されました。しかも第三者を名乗る男が電話を変わり「てめえ頭おかしいんじゃねえか!」と凄んできました。
加害者は自分と共に病院に行って医療費金額等の確認が取れた上で支払うとの事で、後日一緒に病院に行く事になりました。
加害者は自分に対して謝罪の言葉は一度もなく「誠意をもって対応してんだろ!てめえふざけんじゃねえぞ!」といったとても信じられない態度です。(何故か加害者と被害者の立場が逆の状態です)
検察に相談すると「送検されたらこのような酷い対応を担当検事に伝えてあげる」と言われました。
自分は慰謝料どうこうより加害者が許せません。この場合自分は今後どういった行動をとるのがベストでしょうか?

問題点をまとめると
・医療費を払うと言ってはいるが、本当に払ってくれるか心配。
・加害者のとても反省しているとは思えない対応が許せない。
・電話を変わった第三者の男も許せない。
・示談するなら慰謝料50万円だが、もはや示談交渉でも怖い思いをさせられたので、それも踏まえてとにかく重い罰を求めたい。
・事件後にも酷い事をされている現状を、どこにどう訴えるべきか。
・加害者に対してどう接するべきか(現在自分は腰の低い態度で接しています)

弁護士さんに依頼するお金もないので、どなた様か八方塞の自分を助けてください。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2009-05-19 07:27:08

QNo.4971187

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

先ず示談を止めることです。

本人と警察に、
「示談できる状況にないので、示談は留保する。」
と伝えなさい。
警察には合わせて、脅迫状況を話してください。

本来、示談は加害者側から被害者に申し入れて、罪を軽くしてもらう
行為です。
傷害罪ですから示談できなければ有罪です。
放っておいても向こうから示談申し入れてきます。

あいてが「払わせてください」という状況に追い込むことです。

投稿日時 - 2009-05-20 09:40:19

言いづらいですが法的には○○であっても現実的にはどうにもならないでしょう。相手が普段はまともなサラリーマンで酔った時につい事件を起こしてしまったというなら話はうまくまとまるでしょうが相手が反省もしない、友人を使って脅す(多分、友人はハンパ者だと思うので喜んでその話に乗ったとおもいます)、法的に解決してもそのような人間が支払う、支払うものを持ってるとも思いません。警察に逮捕されそれで気が済むならその程度だと思います。残念ですが。

投稿日時 - 2009-05-20 07:51:40

ANo.3

何の解決方法も言えませんが、ここで相談するよりも、「法テラス」で相談した方がより有意義だと思います。
相談は無料ですし、条件付きですが、弁護士・司法書士の費用を立て替えてくれますから。

法テラス
http://www.houterasu.or.jp/

弁護士・司法書士の費用を立て替え
http://www.houterasu.or.jp/service/hiyoutatekae/

また、刑事と民事は別物ですが、「損害賠償命令制度」というのが昨年12月に被害者参加制度と同時に施行されました。
簡略にお話すると、これは、

(1)殺人、傷害、危険運転致死傷などの故意の犯罪行為により人を死傷させた犯罪
(2)強制わいせつ、強姦、準強制わいせつ及び準強姦の性犯罪
(3)逮捕及び監禁罪
(4)未成年者略取及び誘拐、営利目的等略取及び誘拐、身の代金目的略取等、所在国外移送目的略取及び誘拐、人身売買、被略取者等所在国外移送、被略取者引渡し等の罪

上記の犯罪における刑事裁判で、有罪判決後すぐに、その犯罪に対する損害賠償に関する裁判を行ってくれます。
被告の起訴後に、その刑事裁判が行われる地方裁判所に対して申し立てを行います。
有罪判決が出るまでは審理は一切行われず、訴訟費用は一律2000円と低額に抑えられています。

なので、質問者さんは、傷害罪の被害者ですので、相手が起訴された場合、この申し立てをする事で、相手側へ損害賠償を求める事が出来ます。
ただ、ちゃんと払ってくれるかどうかは分かりませんし、この判決に対して、相手側が異議申し立てをして、通常の民事裁判に移行する事もあります。
なので、詳しいことは、法テラスに相談する時にお聞きするのがいいと思います。

お辛いでしょうが、めげずに頑張って下さい。

投稿日時 - 2009-05-19 14:00:43

ANo.2

これは想像ですが、加害者は医療費と慰謝料の支払いだけで済むと思っていたところ、質問者さんが警察に傷害事件の被害届を出した為、警察から出頭命令が来たのでしょう。だから夜中に凄むような電話がかかってきたのだと思います。

そう仮定した上で今後の対応としては、暴行を加えた事に対して治療費全額と相応の慰謝料を支払うという念書を書いてもらうのがまず第一だと思います。
その際、質問者さんが警察や検察に対して加害者に寛大な処置を求めることにしても構わないでしょう。
もちろん、支払いが約束通りに行われなかったり、また脅迫まがいの電話がかかってくるようなら寛大な処置はなしです。

ところで、生命保険とか傷害保険とかには入っていませんか?
もし加入しているなら、場合によっては保険金が出たり無料で弁護士に相談できるサービスなどが付いている場合もあるので、確認してみてください。

それにしても、災難でしたね。

投稿日時 - 2009-05-19 08:02:08

補足

ご返答ありがとうございます。
事件直後に警官が駆けつけ、加害者はそのまま警察署へ、自分は病院で治療後に警察へ行きました。
その場で被害届を出しましたので加害者は事件当日に被害届が出ている事は知っています。
念書や損害賠償支払契約書を作成したいのですが、本文でもありますように示談交渉が決裂しかけています。(何故か加害者が自分の立場を全く理解していない行動ばかり…)

投稿日時 - 2009-05-19 08:04:58

ANo.1

警察に被害届けは出しましたか?
刑事と民事は別物ですのでその辺は考えて置いてください
この状態だと加害者側は支払いには応じないでしょう

投稿日時 - 2009-05-19 07:51:42

補足

ご返答ありがとうございます。
被害届は事件当日に出しています。
本文にあるような加害者の不良行為から厳格な刑事判決を望んでいます。
このような事件の二次被害にはどうすればいいのでしょう?

投稿日時 - 2009-05-19 08:15:18

あなたにオススメの質問