こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

肩幅が広くて腰周りが細い体形をカバーする方法

皆さんこんにちは

今年ももうすぐ夏がやってきますが
この季節になるといつも困っていることが有ります
それは自分の体形のことなのですが、
自分は身長180cm痩せ型で肩幅が広めなのに腰周りが細く
(ウエストが引き締まっているとかそういう感じではなく骨盤自体が小さめ)
服(トップス)を買うときいつも肩幅に合わせるとウエストがダボダボで変にオーバーサイズに見えてしまったり
逆にウエストに合わせると肩が窮屈になったり長さが足りなかったりいつもなかなか上手くあわせることが出来ません
厚着の季節はそうでもないのですがシャツ一枚とかになるとどうもアンバランスになってしまいます
自分がもっと痩せてるなりにいい体をしていればピッタリ気味にTシャツでも着ていればいいかなと思うのですが
なにぶんボディラインを出すには貧相な身体でして・・・
周囲に似たような体形の人もいないので誰かをお手本にするというわけにもいきません

同じような体形の方、ボトムスの選び方も含めて上手くカバーしてらっしゃる方いらっしゃいましたらぜひご意見をお伺いしたいです
今のところ自分としては、あまりピッタリにならない程度にタイト気味で厚めで生地感があるTシャツを着てタイト気味なボトムスを合わせる
というのが定番なのですが、ちょうどいいものを探すのが大変ですしワンパターンなので別なバランスの取り方も開発したいと思っています。

投稿日時 - 2009-05-23 06:07:19

QNo.4982512

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 ニューヨークから失礼します。 暑い夏が近くなっていますが、
ひとつ提案があります。質問者さんがどのようなお立場の方なのか、
学生さんなのか社会人の方なのか全く存じませんが、カスタムメイド
の提案です。
 customカスタムとは注文服のことで、日本ではオーダーメイド
と言われているものです。(オーダーメイドは和製英語で、英語圏の
方に言っても通じません。)
 ”オーダーメイド”というと、なんとなくデザインにセンスがなく、
妙にイメージがオッサンで、値段も高い等と想像されるかもしれません
が、決してそんなことはありません。
 近年はコンピューターを使った型紙の作製等により、大幅にコスト
ダウンがされており、最近では既製服とほとんど変わらないお値段で、
デザインについても若い人向けの御店が随分と日本において多くなって
きており、繁盛しているようです。
 御店によっては、例えばチノパンツやジーンズさえもカスタムメイド
が可能なのです。
 私がお薦めしたいのは、カスタムメイドによる長袖のシャツ(襟は
ボタンダウンでも、スプレッドカラーでも何でもOK)ときちんとした
仕立てのスラックス(やはりサマーウールが一番涼しい。)とを
ベースにした組み合わせです。出来ればきちんとしたジャケットまで
用意されるとベストなのですが。理由は、T-シャツを無造作に着用されたりするよりは、御自身の身体に自然に沿うシャツやスラックスの
組合わせの方がはるかに知的でエレガントだからです。
 肩幅が広い、背が高い等、質問者さんの体型の良いところは生かし
つつ、逆にウエストが細みであることを気にされているのであれば、
シャツのウエスト廻りに少々ゆとり加減を持たせたカットとし、
スラックスを履かれた際に、わずかにブラウジングさせるなどして,
ウエスト廻りを肉付けさせて見せることも可能なのです。
 スラックスについても、今、日本においてはプレインフロント
(別名フラットフロント、ノータックも日本語で、品がないこと
この上ない単語なので使わないようにしましょう。)のスラックスが
”流行”しているようですが、ここはあえて一本プリーツ(タックの
こと)を取るようにして、しかも内側に向けてプリーツを取る(これ
をイングリッシュプリーツと言います。)ことをお薦めします。
 内側に向けてプリーツを取ることにより、腰廻り前面周辺に適度な
ボリューム感が生まれ、やはり”肉付け”の効果があるのです。
 いくら細いものが流行っていると言っても、例えばもしも質問者さん
がいわゆる”O脚”であったならば、細みのカットの既製のスラックス
をそのまま履いたならば、O脚丸出しとなってしまいます。
 カスタム(イージーオーダーであっても可)のスラックスであれば、
O脚のシルエットの補正が出来ますので、腰から地面に向かって
真っ直ぐな折り目のラインのスラックスとなることが期待されます。
 別に宣伝をするわけではありませんが、例えば麻布テーラーという
若い方にも人気のある御店においては、夏物のウール素材を使った
カスタムメイドのスラックスが1万7,8千円で作製可能なのです。また
シャツについても作製可能です。他にも似寄りの御店はたくさん
あります。
 このような”普段着”についてのカスタムメイド、一度お考え、
お試しになれらてみては如何でしょう。今後の人生のための経験
としても大切なことですし、何よりも御自分の身体のサイズについて、
より客観的な視野を持てるようにもなるかと思います。

投稿日時 - 2009-06-11 03:05:59

私も同様な体型です。私がしていることが参考になるかどうか判りませんが。
私の場合は、ボトムは自分のサイズに合った物を選びます。ウエスト部分に余りがあるとおかしいからです。
トップスは服種によります。
ニット系でわりとぴったりと着てもおかしくないものは肩幅にはあわせずにきてます。
逆にゆったりめに着るような、たとえばシャツ類等(素材に伸縮性の少ない素材のもの)は肩幅に合わせます。

投稿日時 - 2009-05-23 08:16:39

あなたにオススメの質問