こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外国人の参政権

在日外国人の地方自治の参政権のことで民主党の鳩山代表の発言が問題になっているとか。

国を売る気かとの意見がある様ですが、よくわからない。

一定期間以上日本で働き税金を払っていてなぜ選挙権がないのかその方が不思議でなりません。

選挙権を与えないでよいという考え方をわかりやすく教えて下さい。
税金を払っているのに国民保険もありません。気の毒だと思いますが。

投稿日時 - 2009-06-02 12:23:59

QNo.5010510

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

〔前書き〕

この種の質問は、ネットウヨまでもがウヨウヨ押し寄せてきて、とんだ盛況を呈するようです……。三度の飯よりヘイトスピーチが好きな連中ですね。差し出がましいようですが、早めに回答受付を閉じたらいかがでしょうか。下記の、国立国会図書館が手際よくまとめた調査資料などをお読みになる方が、賢いと思いますよ。

外国人参政権をめぐる論点(佐藤令、政治議会課)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/document/2008/20080128.pdf
国立国会図書館 - 調査資料 - 平成20年刊行分
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/document2008.html

〔ご質問と回答〕

> 選挙権を与えないでよいという考え方をわかりやすく教えて下さい。

「性質説」という考え方が、斯界の通説になっています(上記資料174ページ)。ほぼ丸写ししておきますと、「国民の権利は、権利の性質によって外国人にも適用されるものと、そうでないものとがある」という説です。参政権は、外国人に保障されない権利の代表的なものに挙げられます。ただし、「保障されない」ということは「適用してはならない」ということを必ずしも意味しません。また、国政と地方とでは異なるという考え方が通説です。

〔資料からの引用と、私なりの通俗的な解説〕

(1) 171~172ページの「現在の学説の構図」にまとめられているように、外国人参政権と憲法との関係については、次の3説がある。

「禁止説」……憲法上禁止されており、選挙権の付与は違憲
「要請説」……憲法上要請されており、外国人を選挙から排除することは違憲
「許容説」……憲法はこの問題についての判断を立法府に委ねており、法律によって外国人を排除しても、また外国人に選挙権を付与しても合憲

かつては国政・地方ともに禁止説が大勢とされていたが、現在では国政について禁止説、地方について許容説を採るのが多数説となっている。というわけで、学説的にはほぼ結論が出ちゃいました。「外国人に地方参政権を与えても与えなくても合憲」、「判断は国会に委ねられている」ということになる。何つうか、あいだを採ったような説ですが……。
なお、この「許容説」は前出の「性質説」と矛盾しない。「国政参政権については、その性質上日本国民のみ。地方参政権については、その性質上外国人も」ということである。国政と地方とでは、権利の性質が異なると考えるわけだ。それについても上記資料で(異説とともに)説明されているので、お読みになってみてください。「外国人」の範囲や「被選挙権」などに関してもさまざまな議論があることが分かる。

(2) 保守派というか、(保守派を通り越した)ウヨウヨは「人権」を敵視することがある。「権利ばかり主張するな。権利は必然的に義務と引き換えになっている」などと、のたまう。しかし、これは原理的には誤りだ。
権利の中でも最も重要な「基本的人権」(の大半)は、生まれながらにして(何の義務も果たさなくても)付与される。また、もし引き換えだったら、「義務を果たしたから権利をくれ。税金は払ってるから参政権を寄越せ」という要求などに直面してしまう。「税金と参政権は引き換えじゃないって? 金だけ取る詐欺か?」と。ウヨ様はそこまで頭が回らないので、(ウヨの理屈を逆手に取った)ご質問者の問いに狼狽しているようだ。
原理的には、権利は義務と引き換えとは限らない。義務は義務だから(引き合う権利がなくても)義務なのである。

(3) 基本的人権以外にも多種類の権利があって、それらは義務と引き換えになっている。これは原理的ではなく実際上の話である。たとえば、国民年金を受け取る権利は、一定期間以上納付する義務と対になっている。
以前、外国人は国民年金に加入できなかったが、現在は義務である。この点は、ご質問者が勘違いしている部分もあるかも知れない。拙文ですが、下記の質問のNo.5回答も参考になさってみてください。ただし、これは参政権ではなく社会権に関するものである。なお、昔の制度のせいで無年金状態になった外国人に対しては、生活保護などで対応することもあるらしい。

外国人に対する生活保護は憲法違反?
http://okwave.jp/qa2830029.html

投稿日時 - 2009-06-05 15:30:02

お礼

ありがとうございました。
とても参考になりそうです。

投稿日時 - 2009-06-05 19:16:36

ANo.28

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(28)

ANo.27

国政への参政権はご理解いただけたと思います。
地方参政権ですが

 (1)教育委員や公安委員は自治体が選んでいます。
 (2)国会議員選挙は、地方議員と支援者の協力が大きく関わります。

この理由から地方であっても与えるべきでないと思います。

投稿日時 - 2009-06-05 10:42:28

補足

>(1)教育委員や公安委員は自治体が選んでいます。
 (2)国会議員選挙は、地方議員と支援者の協力が大きく関わります。

だから駄目だというのがわからない。多くの人の意見を聞かないというのはまるで相撲協会みたいですね。閉鎖的ですね。すでに何代にもわたって住んでいる人の意見は聞きたくないということですよね。

投稿日時 - 2009-06-05 12:06:33

ANo.26

>外交問題やら国の重要な法案を左右することになる

「影響を与える」とは書いたけど、それが「外交問題や重要法案を左右する」と書いた覚えは無いんですけどね(実際そうなのかどうかはともかくとして)。いったい誰を相手にしているのでしょうか?
「地方が国に影響を与える」という意味でなら、普天間飛行場の名護沖への移転や有事の際の下地島空港の利用が自治体の反対で頓挫してますね。岩国基地もかなり揉めてましたし、現在の普天間の移転も沖縄県知事が首を縦に振らないと進みません。


あと、平成7年2月28日に最高裁第三小法廷で以下のような判決が出ていますね。

「 憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわちわが国の国籍を有するものを意味する事は明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法一五条一項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、権利の保障は、わが国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。

 憲法九三条二項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、わが国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものとはいうことはできない。 」

要するに、参政権は国民主権に由来するものだから地方であっても参政権を与えないことは問題無し、ということのようです。

投稿日時 - 2009-06-04 23:16:42

補足

>「影響を与える」とは書いたけど、それが「外交問題や重要法案を左右する」と書いた覚えは無いんですけどね(実際そうなのかどうかはともかくとして)。いったい誰を相手にしているのでしょうか?

失礼しました。ごめんなさい。

>参政権は国民主権に由来するものだから地方であっても参政権を与えないことは問題無し

現行の法律も人が作ったわけで、法律は時代によって変えられるものと理解しています。法律は宇宙的法則ではないという前提で素朴な疑問を投げかけたわけです。

投稿日時 - 2009-06-05 12:19:12

ANo.25

とりあえず、質問者さんは私の出した

・現在、選挙権を得る条件に税金は含まれない
・地方参政権を認めると国のやることに外国人が干渉できるようになる

という点については疑問が無いようなので、あとはそれが許容できるかどうかじゃないですかね。
国を売るとか独立とかいうのは私の回答とは関係無いので答えようがありません。

それと、貴方がなぜ「与えるべきだと思ったのか」というのがよくわからないんで、それを説明したほうが回答も焦点が定まると思います。
今の状態だと、貴方がどこで納得できないのかいまひとつわかりません。

投稿日時 - 2009-06-04 02:55:00

補足

>・現在、選挙権を得る条件に税金は含まれない
・地方参政権を認めると国のやることに外国人が干渉できるようになる

1番目は現行がそうなっているのですから納得します。
2番目はわかりずらいです。
 確かに外国の人に地方参政権というのかな、いわゆる選挙権を与えると地方自治に影響が出ると思います。しかしそれがそんなに重大なことなのかがわからない。外交問題やら国の重要な法案を左右することになるというのがいまいちわかりません。ご教授願います。

投稿日時 - 2009-06-04 16:52:56

ANo.24

『聞くところによると在日韓国人の人は戦争中に無理矢理連れてこられたとか』
もし無理矢理連れてこられたというなら 祖国に帰せと帰還事業を請求することが普通だと思いますが
在日韓国人が祖国に帰ることを求めないのは 何故でしょうか

今日本に居る在日のほぼ全員が 自分の意思で日本に来た人か
朝鮮戦争で逃げてきた密入国者です

在日韓国人にも 韓国の国政選挙権が与えられるようになったと思いますが
もし韓国の選挙権が無いなら 韓国政府に選挙権を求めることが当然だと思います

在日韓国人に生活保護費を支給している自治体がありますが
在日韓国人を保護するのは 韓国政府に責任があると思いますが
何故韓国政府は 在日韓国人を保護しないのか
逆に在日韓国人は 韓国に保護を求めないのか
何故在日韓国人には 兵役が無いのか

矛盾していると思いませんか

『基本的に、外国人地方参政権は、地方自治体が外国人をより管理しやすくするためのものです。』
と回答している人もいますが
参政権を与えなければ 地方自治体は 外国人をより管理出来ないのでしょうか?
全く関係が無いように思いますが

投稿日時 - 2009-06-03 21:55:08

補足

>在日韓国人が祖国に帰ることを求めないのは 何故でしょうか
それはわかるような気がします。そこに生活の基盤、またその土地のつきあいなり愛着が生まれるからだと思いますよ。それはだれしもそうした思いはあると思います。

>今日本に居る在日のほぼ全員が 自分の意思で日本に来た人か
朝鮮戦争で逃げてきた密入国者です

そのように言い切れるのが凄い。見てきてもいないのによく言い切れますね。脱帽します。

>在日韓国人に生活保護費を支給している自治体がありますが
在日韓国人を保護するのは 韓国政府に責任があると思いますが
何故韓国政府は 在日韓国人を保護しないのか
逆に在日韓国人は 韓国に保護を求めないのか
何故在日韓国人には 兵役が無いのか

矛盾があるなら正せばいいことじゃないですか。日本の部分は自民党、公明党さんの怠慢かな?

>参政権を与えなければ 地方自治体は 外国人をより管理出来ないのでしょうか?
全く関係が無いように思いますが

それならばsoulfactoryさんはどうすればよいとお考えですか?

投稿日時 - 2009-06-04 16:59:03

ANo.23

日本に住んでいるだけで税金の恩恵を受けています。
逆に言えば、住んでいながら税金を払わないことがおかしいのであって、選挙権の問題にしてしまうことが間違っています。
「日本に住みたいのであれば税金を払いなさい」
当然のことです。

鳩山代表は「日本は日本人だけのものではない」と言いました。
はっきり言って日本は日本人のものです。
鳩山は韓国や北朝鮮に対しても「朝鮮半島は朝鮮人だけのものではない」と言うのでしょうか?
中国や北朝鮮に対しても同じことを言うと思いますか?
世界中の国に対してはどうですか?
また、どこの国の政治家が「自分の国は自国民だけのものではない」などと言うのでしょうか?
私の知る範囲では鳩山だけですよ。

外国人参政権を要求している国はどこだと思いますか?
主に韓国、中国、北朝鮮です。
この国に共通していることはなんでしょうか?
歴史を捏造して自分たちを被害者に仕立て上げて強請集りを繰り返している国ですよ。
在日朝鮮人も自ら望んで来たくせに、後になって強制連行だったと嘘つきまくりです。
従軍慰安婦も然り。
中国はいまだに侵略虐殺行為を行っている国ですし、日本上空にミサイルを飛ばす国です。
韓国は日韓条約を無視したあげくに日本の領土を実効支配。
北朝鮮は日本人の人権を無視した拉致事件を起こしています。
そして数万人とも言われる朝鮮人工作員の存在。
されに選挙権欲しさに人が流れ込んできますよ。
今度は国がバックアップして日本に人を送り込んでくることになります。

これだけでもまともな日本人が外国人参政権に賛成することはあり得ないでしょう。

日本は国民主権です。
その主権を外国人に与える必要も道理もありません。
世界的にみても外国人に参政権を与えている国の方が少数派だと言う事もお忘れなく。

選挙権が欲しければ日本国籍をとればいいだけです。

あなたのように無知でナイーブ(良く表現すればですが)な人が多すぎるのが日本の欠点ともいえます。

投稿日時 - 2009-06-03 20:53:55

補足

>鳩山代表は「日本は日本人だけのものではない」と言いました。
はっきり言って日本は日本人のものです。

狭義的には日本のものです。鳩山代表の本意はわかりませんが、広い意味で日本の国土は人類のものだということでしょう。自分の土地だからと言って汚染物質を垂れ流していた意識はもう古いということと理解しています。地球船地球号だったかな。鳩山代表の言葉はそんなに突飛とは思いません。

>歴史を捏造して
というという話しよく聞きますが、学識高い知識人であらされるryuichi118さんはおいくつか存じ上げませんが、歴史の事実をご自身の目で見てこられた訳じゃないですよね。まさかタイムマシンを密かにお持ちではないですよね。
無知の私にはよく言われる「歴史のねつ造」なるものあったのか、なかったのか判断できません。あなた様のような博識には断言できる根拠がおありなんだと思いますが。

無知と言われれば無知ですよね。過去のこと見てもいないこと「こうだ!」といわれても、「そうした考え方、見方もあるんですね。」としか答えようがありません。

博識の方がうらやましい。

投稿日時 - 2009-06-04 16:50:17

ANo.22

回答14の補足に
>現実的にそんなことあるんでしょうか?彼らにも生活があります。
>それらを手放して移動するなんてSFや映画の話に思えてしまいます。

と書いていますが、選挙権が与えられればありえることなのです。

被選挙権は、与えずに選挙権だけを与えればよい、という意見のようですが
帰化すれば被選挙権も与えられます。つまり誰かが帰化すれば
結局は外国人が立候補するのと同じになるのです。
こういう人達が国会で多数派になれば、たとえば某国に対し毎年1兆円規模の援助をする
なんていうことも可決されてしまうのです。

投稿日時 - 2009-06-03 12:16:38

補足

民主主義というのが多数決だとしたらしかたがないですね。僕は多数決が最善とは思いませんが。
長い歴史の中で外国人が日本に帰化し同化するのは自然のことだと思います。
かつて大陸の人が日本に多くの技術や文化をもたらしました。
天皇もルーツは大陸との説も有力と聞いています。
そうした外の血を入れて日本は独自の文化を作ってこられたと思います。
帰化した人が日本を悪くするというけれど、日本人の中に私利私欲に走る指導者をずいぶん見かけます。

はたして帰化した外国人がおかしなことするという意味にとれますが、それは大いなる偏見ではないでしょうか。

帰化し、日本人として生活している人々に失礼ではないのかなぁ。

投稿日時 - 2009-06-03 12:24:54

ANo.21

<参考>
 基本的に、外国人地方参政権は、地方自治体が外国人をより管理しやすくするためのものです。

<貧困外国人がスラムを作りその国の風俗・習慣・宗教に従わずその一帯が他民族の自治区のようになって、住民と衝突しているそうです。>
 
 日本の少子化で労働力不足となり、外国人労働者が増えたことによって、自治会がゴミの管理をしていても、自治会に入っていない外国人がゴミ出しで規則を破るなどの諸問題が発生し、これらの問題の解決として、外国人に地方参政権を与えて(権利を与えるということは、義務も発生します。選挙権の管理により住所や姓名の把握も一元化されます。)地方自治体の管理できる形にしたいというのが出発点でした。
 ですから、外国人地方参政権付与を求める議決をした地方自治体は、1000以上になります。(反対議決は、5自治体のみです。)

 そういう行政上の必要から出発したのですが、政治的な利害に直結する(地方議会議員選挙の当落を左右する)ために、牽強付会な理屈付けをしたり、謀略的なプロパガンダ(朝鮮総連系の反対。外国人地方参政権付与で朝鮮総連からの脱退者が増加することと、氏名の使い分けができなくなることが困る)も混じってわけのわからないものになっています。

<一定期間以上日本で働き税金を払っていてなぜ選挙権がないのかその方が不思議でなりません。
選挙権を与えないでよいという考え方をわかりやすく教えて下さい。
税金を払っているのに国民保険もありません。気の毒だと思いますが。>
 これについては、その国それぞれの考え方ということで、あなたの政治的主観としか言えません。

投稿日時 - 2009-06-03 10:50:53

お礼

いままでの中で一番わかりやすかったです。ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-06-03 11:51:23

ANo.20

ん?普通選挙を否定しないならどうして最初の質問文で「一定期間以上日本で働き税金を払っていてなぜ選挙権がないのか」と書いたのでしょうか?私にはこの文章は選挙権を得る条件の一つとして納税を挙げているように思えました。

>それが国を売ることになるのでしょうか?独立されて日本人が立ち入り出来なくなるのでしょうか?

反対の理由の一つとして「外国人が国防やエネルギー政策などの国家戦略に影響を与えることができる」というのがあるんですが、その実例として出しました。
あと、私は「国を売る」や「日本人が立ち入りできなくなる」という回答をこの質問で行っていませんので、そんなこと言われても答えようがありませんし、他人の回答に責任も持てません。

投稿日時 - 2009-06-02 23:01:31

補足

>ん?普通選挙を否定しないならどうして最初の質問文で「一定期間以上日本で働き税金を払っていてなぜ選挙権がないのか」と書いたのでしょうか?私にはこの文章は選挙権を得る条件の一つとして納税を挙げているように思えました。

何度も言いますが私は無知です。だから教えていただきたいのです。

>それが国を売ることになるのでしょうか?独立されて日本人が立ち入り出来なくなるのでしょうか?

ここのサイトのルールは詳しくありませんが、補足を通して皆さんに疑問を投げかけています。argueさんだけに答えて下さいと申し上げたつもりはありません。あしからず。

投稿日時 - 2009-06-03 10:02:14

ANo.19

またこのネタですか・・・
参政権は国民(その国の国籍を有する人間)の権利です。外国人に与えるには憲法の変更が必要です。

納税はその国の制度・インフラを使用する代償と考えられているので、期間も参政権とも関係ありません。その考えに拠るならば失業者の参政権は制限されるべきであり、逆に法人に参政権が認められることになります。

外国人は既に母国に対して参政権があります。彼らに更に日本の参政権を与えて、後でその国と日本とで問題が起こったらどうなるでしょう。彼はどちらの為にどのような投票をそれぞれ行うでしょうか。(例:竹島)

現在外国人に参政権を与えている国はごく少数です。そしてその国は問題を抱えています。貧困外国人がスラムを作りその国の風俗・習慣・宗教に従わずその一帯が他民族の自治区のようになって、住民と衝突しているそうです。


シンガポール首相 リー・シェンロン氏 「外国人は雇用の調整弁」
「はっきり申し上げます。外国人労働者はバッファー(調整弁)です」
NHKスペシャル~沸騰都市 2009/02/15放送

「ハッキリ言って、外国人は雇用のバッファー(調整弁)にしかすぎません。シンガポール人に選ばれた私が、シンガポール人の利益を後回しにしてまで外国人労働者の利益を保証したり、促進したりすることは断じてありません。この国で外国人が働けるのは、あくまで国家からの恩恵であって、彼ら外国人の権利などでは決してないのです」

どこの国でも外国人の扱いはこういったものです。

所詮お金を稼ぐために来た人たちですから。ここより良い国があって移住が可能ならそっちに行くでしょう。金で動くのを悪いとは言いません。しかし、そんな人に国の運命を決める参政権など与えられません。

在日韓国朝鮮人に関しては、日本に住むことになった理由が彼らの一方的な都合であり、日本には何の責任もありません。彼らに与えられている永住許可は権利ではなく、日本の温情によるものに過ぎません。他の外国人より気化条件も緩いのです。その上参政権など考えられません。

投稿日時 - 2009-06-02 22:16:23

補足

>外国人は既に母国に対して参政権があります。
在日韓国朝鮮人は皆韓国に行けば選挙権あるのでしょうか?
3世とかいう方もおられますよね。あの人達の祖国はどこなのでしょうか?
何度も言いますが僕はどちらの見方でもなく、わからないことを知りたいだけです。

>在日韓国朝鮮人に関しては、日本に住むことになった理由が彼らの一方的な都合であり、日本には何の責任もありません。

この点は全く逆の話を聞いた記憶があります。記憶違いなのかなぁ?本当に日本の関わりはなかったのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-03 09:54:12

ANo.18

外国人に参政権を与えることは 日本国憲法の日本国民主権に違反します
日本のことは 日本国籍を持つ日本人が決めます

外国人に人は 祖国で参政権などが認められているのでは ないですか
2カ国の参政権などが認められるのは 可笑しいと思いますが
祖国で参政権などが認められていなければ そちらを求めるべきです

税金を払っていることと 参政権は 関係がありません
税金は 公共サービスの対価であり参政権とは 関係ない

日本国籍を取得すれば 参政権も認められます

日本の憲法 法律 ルールが嫌なら祖国に帰ればいいだけのことです
祖国に帰ることも認められています

何故 民主党が外国人参政権を認めたいかといえば
支援団体に在日本大韓民国民団(民団)がある為ですね
公明党は支持母体の創価学会に在日外国人が多いからです

何故 在日外国人が参政権を求めるのかといえば
在日外国人に有利な政党を支持し 
在日外国人に有利な法律を作る為ですよね
ということは 日本に住んでいる日本人が不利になります

投稿日時 - 2009-06-02 21:37:05

補足

>外国人に人は 祖国で参政権などが認められているのでは ないですか

聞くところによると在日韓国人の人は戦争中に無理矢理連れてこられたとか。僕は見た訳じゃないので皆さんにお聞きしてるわけですが、彼らは韓国の選挙権はあるのでしょうか?

>日本の憲法 法律 ルールが嫌なら祖国に帰ればいいだけのことです
祖国に帰ることも認められています

聞くところによれば、無理矢理日本に連れてこられた方がいるとしたら、勝手な言い分と聞こえます。僕はどちらの見方でもないですが、歴史的事実としたら日本人として恥ずかしいと思います。

>民主党が外国人参政権を認めたいかといえば
支援団体に在日本大韓民国民団(民団)がある為ですね
公明党は支持母体の創価学会に在日外国人が多いからです

選挙というのはそんなものでしょう。自民党だって票が欲しいのでいろいろ策を練ると思います。政治家なら当然のことでしょうね。

投稿日時 - 2009-06-02 22:07:19

ANo.17

義務とは当たり前のことです
勤労し納税し政治権力は万人のために正しく使う

質問者の方は在日特権というものをご存知か
以下コピペで細かい説明をする前に、
いわゆる「在日(在日朝鮮人)」とは何かを整理しよう。

一般的なメディアの流す「在日」のイメージは、

『日本で生まれ、日本に帰化することもできずに、仮に本国に帰っても
 居場所がなく、日本にいれば“在日であること”を理由に迫害され、
 住居や就職もままならない、戦争が生んだ可哀想な差別の被害者』

といったところだろうか。

  実は 全 く 違う。

まず、彼らが日本で生まれたのは戦争のせいではなく、
彼らの祖先が「元日本人だった」か「密入国した」かのどちらかであって
中国残留孤児のようなイメージを持つのは間違いである。
(日本と朝鮮は戦争などしてないから当たり前である)

朝鮮人の捏造癖については散々見てきたのでここでは簡単な説明に
留めることにする。

【生活保護の異常な優遇】
──働かずに年600万円貰って優雅な生活。

在日は税金を払わないだけではない。
払わないどころか逆に国から金を貰っているのである。

日本人が生活保護を申請しても役所はなかなか認めないのに、
在日の場合は朝鮮総連や民潭の圧力によって特権的にあっさり認められる。
それゆえ在日の多くが簡単に給付認定され、在日の人口比給付率は
日本人の実に数倍にまで及ぶ。

しかも給付金額も『日本の主権者である日本人より多い』のである。

在日の40%の生活保護者所帯への援助は年間一所帯600万円。
年計2兆3千億円が「日本人ですらない在日朝鮮人の生活保護費」になっている。

これだけ与えられればおとなしく納得するだろうか。
いや、黙らない。なぜなら彼らは朝鮮人なのだから。

在日韓国、朝鮮人は日本人の税金によって賄われた「生活費」を
「貰って当たり前」だと思っている。税金を「払っていないのに」、である。
それどころか「足りないからもっとよこせ!」と圧力をかけてくるのである。
 

ここで少し具体的に都市部の30代の母親と小学生の子供2人を例にして
生活保護費の内訳をみてみよう。

まず、生活費として月に『15万円』ほど出る。そして母子家庭なら
それに母子加算と呼ばれる追加支給が月に『2万3千円』ほど出る。
また、教育費として、給食費・教材費なども『7千円』ほど出る。
住宅費は上限が決まっているが『5万円』ほどなら全額支給される。
ここまでで、合計『月に23万円』くらい。これが働かずにタダで貰える。

しかも、医療費は保険診療内なら全額タダ。
病院の通院費も必要と認められれば全額支給の対象になる。
上下水道も基本料金免除。NHKは全額免除。国民年金も全額免除。
都営交通も無料乗車券が与えられるし、なんとJRの定期券まで割引になる。
年金は支払い免除どころか“掛け金無しで”年金『受給』が可能である。

他にも名目を変えて様々な給付や免除が彼らを養っている。
税金を払わずこれだけ貰えば可処分所得(自由に使える金)は相当な水準になるだろう。

ちなみに民潭の統計調査によると在日朝鮮人約64万人中、約46万人が『無職』である。

割合でいうと、総数 636,548人中、無職 462,611人なので、
462611÷636548×100=72.67%

つまり4分の3が無職である。
そんな在日を日本国民が血税を支払って養っているのである。

在日は「そんな特権は存在しない!」などと嘘をつくが、騙されてはならない。
民潭が自ら「46万人が無職」と公言しているのである。
彼らがどうやって飯を食っているかを考えればそんな嘘が通じるわけがないのである。



在日朝鮮人は仕事もしないで生活保護で年間600万円も貰って優雅に生活し、
子供も朝鮮人学校に通わせて更に補助金を貰う。また、これは失業保険とは違うので
仕事をしても給付対象からはずれることはない。

生活の心配が無ければ子供もたくさん生めるので、日本国内で
在日をどんどん増やし、自由になる多くの時間を朝鮮総連の活動や
日本政府への執拗な抗議活動に積極的に参加して更に様々な特権を
次々に認めさせる。

これで、もし『外国人参政権』などが認められた日には
“文字通り”日本が朝鮮人のものになるのは時間の問題であろう。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/90.html

投稿日時 - 2009-06-02 21:08:03

補足

知らないことばかりで正直驚いています。
>まず、彼らが日本で生まれたのは戦争のせいではなく、
彼らの祖先が「元日本人だった」か「密入国した」かのどちらかであって
中国残留孤児のようなイメージを持つのは間違いである。
(日本と朝鮮は戦争などしてないから当たり前である)

朝鮮人の捏造癖については散々見てきたのでここでは簡単な説明に
留めることにする。

しかしねつ造というのは穏やかではないですね。私は歴史の真偽を判断する材料を持ち合わしません。snowplusさんは一般人とのことですが、ねつ造と言い切れる資料を手に入れるお立場なのでしょうか?また「散々見てきた」というのはどういう意味でしょうか?まさか在日韓国人が生まれる歴史を直に見てきたとおっしゃっているのではないですよね。

>働かずに年600万円貰って優雅な生活。
これは別の話で、自民党政治がしっかりとした法律をつくらなかったつけではないのかな。

投稿日時 - 2009-06-02 22:28:34

ANo.16

>というなら考え直した方がいいのではと申し上げています

えっと、つまり普通選挙の否定ですか?私は「一定の年齢を迎えた国民であれば原則として選挙権を得る」というシステムに賛成しているので、それを見直すことには強い抵抗を覚えますが。
別の意味があるなら補足をお願いします。

>選挙権を与えただけで国が動かすという想像力が沸かないのですが

文章の意味が分かりにくいです。
とりあえず、地方が国に対して口を出すことは実例が多々ありますよ。沖縄の地方選は在日米軍基地の建設許可が大きな争点になるし、北海道でも道議会が国に対して自衛隊の駐屯地などのことで決議を出したこともありますね。

投稿日時 - 2009-06-02 20:09:34

補足

>普通選挙の否定ですか?私は「一定の年齢を迎えた国民であれば原則として選挙権を得る」

この点を否定するつもりはありません。ただし在日の外国人にも限られてはいても選挙権を与えてもよいのではと思うだけです。

>とりあえず、地方が国に対して口を出すことは実例が多々ありますよ。沖縄の地方選は在日米軍基地の建設許可が大きな争点になるし、北海道でも道議会が国に対して自衛隊の駐屯地などのことで決議を出したこともありますね。

それが国を売ることになるのでしょうか?独立されて日本人が立ち入り出来なくなるのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-02 22:02:42

ANo.15

>なのにまじめに働いている外国人には選挙権はないのでしょうか?

まじめかどうかなんて参政権とは関係ないですよ。現代では「税金を払っている」というのが参政権の条件でないことを言っているだけです。

>地方自治体の知事に問題があれば市町村レベルでもいいから選挙権を与えた方がよくないのかな

周辺事態法などで国から施設(港湾とか病院とかその他色々)の利用を打診された場合、その許可を出すのは施設の持ち主である地方公共団体だから県とか市町村とかはあんまり関係ないと思いますよ。

国が関わる仕事に口を出す権限を地方から全部取り上げるなら地方参政権も付与の対象になるかもしれませんけど、明治時代も驚きの中央集権国家になりそうですね。


それと、住民票と実際の住所が違うなんてのは珍しくありません。すぐ思いつく理由として単身赴任とか遠隔地への通学があります。

投稿日時 - 2009-06-02 19:17:03

補足

>まじめかどうかなんて参政権とは関係ないですよ。
もちろん「まじめ…」云々は関係ないしょう。ただ義務とか権利とかかかれた方がおられましたので書きました。

>現代では「税金を払っている」というのが参政権の条件でない
というなら考え直した方がいいのではと申し上げています。

>国が関わる仕事に口を出す
というけれど、選挙権を与えただけで国が動かすという想像力が沸かないのですが。そんなに恐れるのなら鎖国するしかないのではないのかな。

外国人、日本人というけれどそこで暮らしているすべての人間に幸せに生きる権利があると思いますが、選挙権もその権利の一つと思ってしまいます。

投稿日時 - 2009-06-02 19:33:21

ANo.14

外国人参政権を要求しているのは主に在日朝鮮人ですが
在日の数は今や100万人にも達します
たとえば連中が集団移動してある地域に密集すれば
自治体レベルでは簡単に乗っ取ることが可能です

もし日本国のために働き納税し生きたいと思うなら
帰化という選択肢をとるはずです しかしそれをぜず
外国人のまま参政権をよこせというのは要は義務は果たさないけど
権利はよこせということです

しかも民主党は移民を一千万人入れる政策を持っています
もし一千万の外国人に参政権が与えられたら日本国の
十分の一は外国人のものになってしまいます

北海道や沖縄が外国人のものになり日本人は入れなくなります

この場合そんなことしたら政府が止めるだろうと思うかもしれません
がそれをいままでやってきたのは自民党の国益派の議員達なのです
政権交代させるということはそれらの議員がもう政府内にいなくなるということです

投稿日時 - 2009-06-02 18:25:59

補足

>集団移動してある地域に密集すれば

現実的にそんなことあるんでしょうか?彼らにも生活があります。それらを手放して移動するなんてSFや映画の話に思えてしまいます。

>自治体レベルでは簡単に乗っ取ることが可能
とありますが、議員に立候補もできないのに乗っ取りようがないのではないのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-02 18:36:10

お礼

補足なんですが、書き忘れたのでお礼に書かせていただきます。お許し下さい。
>義務は果たさないけど権利はよこせということです

義務ってなんでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-02 18:44:45

ANo.13

何年も働いて税金を納めている未成年にも選挙権は無いし、何もする気のない無職の人でも参政権は持ってますから、歴史的経緯はどうあれ現代では税金と参政権はあんまり関係ないと思いますが。

それに、地方と国は切り離せるものではありません。
一例として、発電所や自衛隊、米軍その他、国家戦略に影響を与える施設を建設する際にも地方自治体の知事などの許可が必要になります。
現状では地方選挙権を外国人に与えるというのはそういうことについての直接の影響力を外国人に与えることと同義です。

投稿日時 - 2009-06-02 18:16:00

補足

>何年も働いて税金を納めている未成年にも選挙権は無いし
いずれ二十歳になれば選挙権はもらえます。
>何もする気のない無職の人でも参政権は持ってます
なのにまじめに働いている外国人には選挙権はないのでしょうか?

一歩譲って、地方自治体の知事に問題があれば市町村レベルでもいいから選挙権を与えた方がよくないのかなと、素朴に思います。

市長、村長や市会議員、町会議員レベルでも拒絶する狭量さがまだ理解できません。

市長、村長や市会議員、町会議員に立候補出来るようにと言っているわけではないのですがね。

どなたか成る程と私にわかるように説明して下さい。なにしろ私は頭が悪いものでお願いいたします。

投稿日時 - 2009-06-02 18:25:55

ANo.12

外国人に仕事させてあげてるんです。
現在の日本人で、外国人に仕事を依頼した人はいません。

日本の政府や国民が、外国人に日本で働くように
依頼しているとすれば、その証拠があるはずです。
示してもらいませんか。その証拠を。

※これはアドバイスでも回答でもありません。
 補足要求です。

投稿日時 - 2009-06-02 15:53:30

補足

http://wiki.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%B3%B0%B9%F1%BF%CD%CF%AB%C6%AF%BC%D4%A4%CE%BF%CD%B8%A2
http://wiki.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%B8%B6%BB%D2%CE%CF%C8%AF%C5%C5%BD%EA

証拠と言われても無知な私に聞かれても困りますが…

いわゆる3Kという仕事を日本人がやりたがらない。結果的に外国人労働者の出番があります。そこまでおっしゃるなら外国人労働者をこの際一掃することできるのかなぁ?原発は困るのではないのかなぁ。

詳しい方教えて下さい。

投稿日時 - 2009-06-02 16:01:04

ANo.11

 外国人も国民健康保険に入れるんですよ。というか、入らないといけないことになってます。市町村・区役所の窓口で外国人登録をした人の内、不法滞在じゃない人は自動的に国民健康保険の加入手続きも行ないます。
 これで病気をしても安心です。人間誰でも病気になります。外資系企業で外人たちと働いていましたが、何人もの外人とその配偶者・子供たちが通院はもちろん、手術・入院もしました。出産をした人もいます。国保がなくて全額自己負担だったら大変でした。
 在日韓国人の知り合いがいますが、勤めていた会社をやめて次の会社に入るまでの間にぎっくり腰になって、会社の健康保険組合発行の保険証は会社へ返還したので当然、市役所で国民健康保険の手続きをして国民健康保険証を持って病院に行ってましたよ。奥さんも大カゼひいて、やはり国民健康保険証で行ってました。

 働いて税金を払っているから選挙権をもらえるのなら、働いていない専業主婦は選挙権が無いのが本当ということになるのではないかと思われますが。高齢者で働いていない人、障害者で施設で生活してる人も?税金と選挙権は関係がありません。

 例えば竹島があり、漁業関係者を中心に直接的に日々影響を受けている島根県の県知事を選ぶ地方選挙を考えてみるとわかりやすいかと思います。今、「竹島は韓国領(もしくは 北朝鮮領)」だという運動をしている外国人の団体が日本に複数ありますが、そういう国の人々が参政権を得たら、「帰って来い、竹島」演説をした知事候補に異議を唱えるでしょう。竹島の日の行事に知事が出席すること、県議会で竹島返還に言及すること、県のホームページに島根県の竹島として紹介ページがあること、竹島関連の県予算、・・・・・全てを問題視して発言をし始めるでしょう。有権者なんだから口を出す権利があります。
 有権者になったら、知事も知事候補者も無視出来なくなるのです。
 島根県だけのことではありません。地方分権の時代に、地方の首長の役割の重さはどんどん増しています。連邦制うんぬんも研究が進められているようですし、鳩山代表に到っては「地方主権」ともおっしゃっています。「地方主権」、どういう意味かわかりませんが。
 教科書検定制度、今は国が行なっていますが将来はどうなるかわかりません。地方別に教科書検定を行なう機関が出来て、県や道など各地方が独自に検定作業を行なうことになるかもしれません。いろいろな今ある仕組みが変わることが有り得るのです。
 地方だからいいじゃない、そういう問題ではありません。日本の政治の根本の問題です。

投稿日時 - 2009-06-02 15:16:51

補足

働いていない専業主婦の方からクレームが来そうですね。彼女たちのお金にはならないがその支えがあって夫は安心して働けるのです。国の基礎を支えています。と思いますが…というのはさておき。

島根県の知事を選ぶ選挙権を外国人に権与えたくないから、国外に出て行ってもらいますというのなら頭の悪い僕にも理解できます。
日本で働いて下さい、選挙権は与えませんというやり方が理解できないのです。

投稿日時 - 2009-06-02 15:19:27

お礼

外国人の国民健康保険の件は理解しました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-02 15:27:40

ANo.10

日本では、外国人による介護は2006年まで禁止されていました。
外国人が「介護の仕事をしたい」という要望を受けて
2006年に解禁されました。

私は、この解禁には反対です。
それ以外においても、小泉氏の改革は全て反対です。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20060420ik02.htm

投稿日時 - 2009-06-02 14:28:23

補足

実態は日本人になり手がいないから解禁したんだと思いますよ。

私も小泉氏の改革は全てとは言い切れませんが反対です。

投稿日時 - 2009-06-02 14:34:41

ANo.9

たとえばavalokitaさんが家政婦を雇ったとします。住み込みで働いていたとします。avalokitaの家に居住しているその家政婦さんは、avalokitaさんの家族の問題に口出しをしてもいいのですか?
参考意見ではなく、決定権のある口出しです。

たとえば家政婦を3人雇い、avalokitaさん夫婦と計5人の多数決でお子さんをどこの学校へ進学させるか決めますか?
5人の多数決で誰がどの部屋を使うかを決めますか?
5人の多数決で家計の予算配分(家政婦の給与も含む)を決めますか?
お子さんの結婚式に誰を招待するかを5人の多数決で決めますか?

在日外国人の参政権というのはそういうことなんです。

投稿日時 - 2009-06-02 14:19:58

補足

私は家政婦は雇いません。そんなお金もありませんが。というのはさておき。

aokisikaのおっしゃる例え話は納得できません。要は地方自治のレベルの日本人の政治家を選ぶ選挙権の話です。例えは国の方向を外国人に決められるようなニアンスに受け取れますが。

日本国憲法は個人の自由を尊重しているはず。たとえ話は絵空事の聞こえます。

投稿日時 - 2009-06-02 14:25:15

ANo.8

参政権というのは、被選挙権を含みます。
被選挙権というのは立候補をする権利のことです。

外国の方に介護の仕事を頼んだ覚えは私はありません。
今の日本は失業者であふれているのですから、
外国の方には祖国に帰ってもらいたいぐらいです。

http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/
ttp://bbs4.fc2.com//bbs/img/_322800/322701/full/322701_1241236957.jpg

投稿日時 - 2009-06-02 14:13:57

補足

>外国の方に介護の仕事を頼んだ覚えは私はありません

たしか国で決めたことですよね。私も頼むつもりはなかったのですが、国は頼んだのだと思っていましたが違うのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-02 14:19:59

お礼

>参政権というのは、被選挙権を含みます。

無学なもので失礼しました。僕のいいたいのは選挙権ですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-06-02 14:24:28

ANo.7

>外国人は国民保険の保険料を払っていません。
>払いたくても払う制度がないのでは払えません。

ウソは良くないと思います。

投稿日時 - 2009-06-02 13:58:53

お礼

「愛」のある言葉ありがとう。
無知でした。嘘つくつもりはありません。わからないのでお尋ねしています。

投稿日時 - 2009-06-02 14:12:04

ANo.6

日本に一年以上在留するすべての外国人は「国民健康保険」に
加入する義務があります。例えば、国民健康保険の加入者は、
病気や怪我で病院や診療所に行った場合、医療費総額の20~30%を
支払うだけでよいことになります。

ただし、健康保険には、かかった費用の全額を自己負担しなければ
ならない場合もあります。たとえば病院の個室などに入院した時の
「差額ベッド料」、健康保険では認められない高価で特殊な治療薬を
使った場合、金冠などの歯の特殊治療などです。出産・人工妊娠中絶も
全額自己負担となります。

国民健康保険への加入は、来日をした時点からが原則です。
したがって遅れて加入申し込みをすると、過去の分の保険料の
支払いを請求されることもありますので注意しましょう。

さて、外国人の参政権についてですが、
日本の政治に口をだしたかったら日本の国民になればいいのです。
日本の国民なら、税金を払ってなくても、生活保護の人でも
参政権があるのですから、日本の国民になればいいのです。
選挙権と税金はもともと全然関係ありません。

投稿日時 - 2009-06-02 13:57:25

補足

外国から来てもらった介護士のように日本人の為に働いています。他にも日本人がいやがる様な仕事を彼らにやらせています。

税金は払ってもらっていて、選挙に立候補したいというのならともかく選挙権は与えないのがなにか納得できない。

かりにある地域でA国の人ばかりが選挙権を持っていても選挙に立候補できるのは日本人だけなんですがね。

投稿日時 - 2009-06-02 14:03:25

お礼

「国民健康保険」の件は理解できました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-06-02 14:10:24

ANo.5

日本で働いているのはその人の都合です。

税金を払っているのは、日本という国に住んでいる以上当然です。
あなたがイギリスで働くためにイギリスに住むのなら、イギリスに税金を納めなければなりません。私がロシアで働くためにロシアに住むのなら、ロシアに税金を払わなければなりません。

税金と参政権は(現代の日本では)関係ありません。
かつては、「一定額以上の税金を納めたものに参政権を与える」というような規則でしたが、現在は違います。

また、日本国民の持つ参政権は、主権者としての権利です。
日本の主権者は日本国民です。在日外国人は主権者ではありません。

「税金を払っているのに国民保険もありません。」
外国人は国民保険の保険料を払っていません。

投稿日時 - 2009-06-02 13:20:31

補足

日本で働いているのはその人の都合です。
というのは身勝手な気がします。
現に日本は外国人労働者に支えられたいます。不況だからいらない、回復したら来て下さいというのも勝手です。

介護士を外国からいれるというニュースがありました。あれは国が来て欲しいと受け入れたはず。彼らは「その人の都合です」か?日本人の都合ではないのでしょうか?

外国人は国民保険の保険料を払っていません。
払いたくても払う制度がないのでは払えません。

投稿日時 - 2009-06-02 13:51:52

簡単に考えれば、対馬。
対馬に住んで税金を払えば選挙権が与えられるのであれば、韓国人が
大挙して対馬に住み、過半数を押さえることはそれほど難しくありません。
そして市議会で多数派を占めるようになって市の議決として対馬は
韓国の領土であるという宣言をしたら、対馬は韓国になってしまいます。
実際に対馬では韓国人による土地の取得が増えているようですし。
過去にはアメリカのロサンゼルスで中国系住民が団結して中国語を
ロス市の公用語にしようとして西洋系先住民との間でトラブルに発展するという
事件もありました。

投稿日時 - 2009-06-02 13:14:59

補足

ロス事件もまたロス事件のその後のことも知りませんが、仮に対馬が独立宣言したとして日本国憲法はそれを受け入れねばならないような法律なのでしょうか?もしそうだとしたら法律を一つつくれば済む問題ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-02 13:47:49

ANo.3

>選挙権を与えないでよいという考え方をわかりやすく教えて下さい。
・国に責任を持たない
  例えば戦争になっても逃げる事ができるので、国に責任を持ちません
 ・日本の中に独立国家ができる
  大阪や東京の一部では住民が既に在日外国人のほうが多い地域が存在します。そうなると日本人排他も可能になります

 ・在日外国人に参政権を与えた国家は例外なく、国内情勢が不安定になっている。
  移民政策を受け入れた国の暴動ってTVでみかことありません? フランスとか。その中でもオラダは特に参政権を認めたこともあって衝突がすごいです。
 

投稿日時 - 2009-06-02 13:10:27

補足

>・日本の中に独立国家ができる

独立国家は法的に可能なのでしょうか?
たとえば佐渡島は自給自足出来る島だと聞いたことがありますが、仮に島が独立宣言して独立できる法整備はあるのかお聞きしたいです。
なにしろ私は無知なので教えていただきたい。

投稿日時 - 2009-06-02 14:52:24

ANo.2

日本だけの問題じゃないですよ。
長年すんでいるだけでその国の参政権が与えられるのであれば、中国やインドのように無駄に国民が多ければ組織だって海外移住を推進させることで簡単に他国を牛耳ることができてしまいます。
そのため多くの国では日本同様、居住するだけで参政権を与えるようなことはしていません。
どうしても参政したいなら国籍取得して、その国の国民となって行うという手段も別に用意されてます。

投稿日時 - 2009-06-02 12:51:22

補足

外国人を受け入れたくなければ、法律で外国人を受け入れない。就業を禁止すると決めればいいのではないのでしょうか?その方がフェアーですよね。

投稿日時 - 2009-06-02 14:15:30

ANo.1

税金を払っているのは、税金を基にした公共事業などからの恩恵を受けているからなので参政権とは関係ないですね。恩恵だけ一方的に受けることは出来ません。

外国人に参政権を与えるのは変ですよね。日本は日本人のものであり、これは主権の問題です。

日本人になるなら別ですけど、単に自分の国が苦しいから、日本の方が儲かるからと出稼ぎに来てる人に、重要な決定の権利を持たせてもろくなことにはならないでしょう。

逆に参政権が欲しいという理由はなんでしょうか?
出稼ぎ労働者が本当に参政権が欲しいと言ってるのでしょうか? 立候補し、今の日本を変えると言ってるのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-02 12:46:57

補足

日本の方が儲かるからと出稼ぎに来てる人という言い方もありますが、外国人に寄って日本のGNPを支えているという言い方はできなにのでしょうか?

逆に参政権が欲しいという理由はなんでしょうか?

それは日本人も外国人も一緒じゃないでしょうか。

投稿日時 - 2009-06-02 13:45:56

あなたにオススメの質問