こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

営業職とはこういうものなのでしょうか?

一般的に営業職とはこういうものなのでしょうか?
それとも、業界や店舗はたまたそれぞれの会社によるものなのでしょうか??

私は女性事務員です。
我店舗の営業マンは、自分の担当するお客様以外の接客に対し、極端に消極的です。
他店舗では、担当営業マンが不在の場合は、その場にいる営業マンが対応しています。そうして、私もそうあるべきだと思ってきました。
ですが、私のお店では、それらの業務がすべて事務員である私に振られます。そのため、多少の営業の知識や技術を勉強したらどうだろうか、とアドバイスを幾度となく受けてきました。そのたびに、「どうして私が??」「ほかの営業マンじゃダメなの??」「ただ単に私に仕事を丸投げしているだけでは??」と疑問に思ってきました。
入社当初は、色々な業務を覚えたいと積極的にそれらのサポート業務に取り組んでいました。ですが、最近では「フリーの営業マンが入るという状況でなぜ私が??」という疑問ばかりが浮かび、どうしても積極的になれません。
先日も、担当営業マンの不在時に、お客様からの問い合わせの電話を受け(必要書類の書式の質問だったのですが)、私の専門外だったため(それらの業務は本部のものが担当しており、私にはそれらの書類に触れる機会はほとんどありません)、そのまま別の営業マンにつないだところ、後にもっと勉強してこれぐらいは答えられるようにと、注意を受けました。
お店は営業マンの出入りが激しく、担当営業マンが対応でないことは珍しくありません。
そため、彼らのサポート業務をすべて自分で引き受けてしまうと、正直とんでもないことになります。
正直、引き受けたくないと言うのが、本音です。
昇進や昇給などのステップアップにもつながりませんし。

改めてお聞きします。
営業マンとは、そういうものなのでしょうか?事務スタッフとは、本来そうあるべきもの(担当営業マン不在時の場合、対応がそれなりにできるもの)なのでしょうか??

投稿日時 - 2009-06-07 20:50:17

QNo.5025119

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

金融で営業事務を経験していたものですが、最初の一年ぐらいは、営業マンに電話を取り次ぐ程度でよいかもしれませんが、何年も年数を重ねて在籍するなら、勉強して電話応対しなければならないと思います。その間にお給料やボーナスは増えていきますから。
特別に研修というものはないですが、自分で一冊マニュアルを作るつもりで、ノートを取ったり、伝票や書類の知識や種類を貼ったり書いたりしながら、体系化していくとよいと思います。私は最終的に、営業事務のマニュアルを引き継げるよう、一冊のルーズリーフにまとめて退職しました。本が書けるぐらい熟知していたと思います。
基本的に営業マン(セールス)というのは、お互い独立して、自己完結して仕事しているので、ほかのセールスの仕事やお客さんの業務をこなすということはありません。全部サポート業務の営業事務に仕事が振られます。
なるべく、営業がいれば電話を渡しますが、不在のときは、良くご用件をお聞きして、あなたができることは応対するのがよいと思います。
その書類の件は、あなたでもできることだったのではないですか。

最後に、お給料やボーナスにサポート業務をこなしても反映しないとありますが、そんなことはないですよ。営業事務のお店への貢献度というのは、目に見えて効果かが出るほど把握できます。上に立つものの評価として、人事考課で帰ってきます。一番良い評価がつけば、ものすごく感謝している証拠ですし、また周囲もあなたを大事にして、いろいろお菓子を買ってきてくれたり、下にも置かないぐらいに待遇を良くしてくれますよ。また、お店の業績もうなぎのぼりで、上に立つ人たちも感謝してくれますよ。
私は二十代のころ、この仕事で、目標の三倍の実績を部全体であげ、銀行から出向していた部長を本体に栄転で帰すことができました。そのころ結婚も決まったので、栄転した部長が、福岡から駆けつけてくださったことは言うまでもありません。目に見えて、感謝されることですよ。

投稿日時 - 2009-06-08 08:11:00

ANo.3

前職で営業事務をしていたことがありますが・・・
そちらの営業さんたちは甘えすぎなんじゃ?と思います。
いくらお客様第一、といったって、
会社そのものがそれをよく理解して、それを可能にできる社員教育、環境整備がなっていないと、
結局サポートする側がいいように使われて個人レベルで苦しむだけです。
あくまで営業とのお客さんの橋渡しとしてサポートするに留まるのが良いと思います。
お客様に精神的な苦痛を与えないようなサポートであり、直接&物質的なサービスには踏み込まない。
業種を飛び越えて何でもやる人が重宝がられる会社もありますが、
個人的には単に、業種の尊重がされていない、秩序のない会社、と思ってしまいますね。
その場その場では上手くいくことはあっても、
むやみに互いの業務を混同し続けては大きなトラブルの元になり、
何かあったその時、どこに責任があるのかを明確にし、迅速に適正な処置に移さなければいけない時に、
ゴチャゴチャ&ギスギスする原因にもなりますし、
広い視野でみれば会社としてもデメリットが大きいと思います。

私が前にいた会社も色々あり、営業マンとの信頼関係の上で引き受ける業務もありましたが、
「もっと勉強しろ」など言われたことはありませんよ。
みんな後で「無理言ってゴメンネ☆」と言ってくれていましたヨ。

投稿日時 - 2009-06-08 00:00:06

こんばんは、43歳の女性です。

<多少の営業の知識や技術を勉強したらどうだろうか、とアドバイスを幾度となく受けてきました。そのたびに、「どうして私が??」「ほかの営業マンじゃダメなの??」「ただ単に私に仕事を丸投げしているだけでは??」と疑問に思ってきました。>

お客様第一主義をご存知でしょうか?
上記のようなことを言っているようではまだお気付きではないですね。

確かに会社によってやり方や方針が違うかもしれないけど、営業と事務をくっきり分けてもそれはお客様とは関係ないことだしニーズに応えてもらえなければ向こうは困るし・・・。

でも積極的にやったほうが徳ですよ。

私も20代の頃、営業事務と営業の経験がありますが一体となってやっていました。

接客の対応をきちんと習得したために居酒屋に転勤になってから大いに生かされました。

投稿日時 - 2009-06-07 21:13:30

お礼

早速の回答、ありがとうございます。

お客様第一主義についは、もちろん知っています。
お客様の為と言う意味でも、私は事務と営業を多少は分けるべきなのでは、と考えています。
いいわけじみているかもしれませんが。私の付け焼刃の知識のせいで、ミスを招き、お客様にご迷惑をおかけしたり、二度手間をかけさせるような事態を起こしたくはありません。また、直接お客様にお詫びをしたりする機会も限られてくるため、問題が起きてしまった際に誠意を伝えにくいからと言う本音もあります。

知識を広げるのが一番の近道です。が、私は営業マンとは違いそのような研修の場も勉強の場も作ってもらえる立場でもありません。
また、それをはじめてしまったら、私は営業マンと同じ知識をを必要としなければならず、私の負担が増えるだけなのでは、と言う本音も正直あります。

投稿日時 - 2009-06-07 21:56:57

ANo.1

今の状況が続けば会社はつぶれます。

投稿日時 - 2009-06-07 21:09:49

お礼

早速の回答ありがとうございます。

それは、お店の体制に問題があると言うことでしょうか?
それとも、このような意識の事務員を雇っていることが問題なのでしょうか??

投稿日時 - 2009-06-07 21:45:31

あなたにオススメの質問