こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本人は平和ボケ?殺される覚悟はありますか?

朝鮮、中国、アメリカなどに比べると日本人は平和ボケしているとよく言われます。
北朝鮮からミサイルが飛んで来るという事件があっても、あまり実感がない人が多いのではないでしょうか。私も平和ボケです。

では、狭い視点だとどうでしょうか?
近年、自殺や殺人がとても増えました。
一昔前なら、殺人など暴力団のすることだという認識でした。
その時に比べれば、一般人が自殺や殺人をする割合は比較的に高くなったと思います。(報道に踊らされると言う方がいるでしょうが)ニュースでもそういう報道は毎日のように聞きますよね。

それにも関わらず、「殺されてもいいのかな?」と思うような人がたくさんいます。
例えば、学校で言えば「いじめ」です。面白半分で人をいじめる。自分より弱い者を非難する。悪い時は暴力で追い込む。

会社の例を言えば「パワハラ」です。愛のある罵倒ならいいでしょう。しかし、明らかに下の者に無理難題を押し付けたり、自分の欲を満足させるために叱る上司っていますよね。
コンビニでほとんど寝る間もなく、働かされて残業代も出ない管理職も似たようなものです。

普通の生活で言えば、「詐欺」や「盗難」
見つかっても「殺されはしない」とやはり思っているのでしょうか。
盗難なら程度によりますが、詐欺は下手をするとその人の生涯に傷を作ることになります。

人って簡単に死にます。
いくら、腕っ節の強い人でも、夜中に後ろから包丁を刺すだけで死にます。
いじめられて、自分が自殺に追い込まれるぐらいなら、そいつを殺してしまおうと思う気持ちは、私は理解出来ます。
パワハラをする上司も、簡単に殺せるんです。

誤解しないでほしいのですが、人を殺すのはどんな形であれ決して褒められたものではありません。
ですが、「いざとなったら殺せる」という覚悟を持つことは、自分の心に余裕を持たせることが出来ます。
殺すというのは、最終手段なので、その前に色々出来ることをやってみようという気持ちになります。

私も昔はいじめられっ子だったので、そういう気持ちは痛いほどわかります。
最近ふと思うのですが、その人達は私に「殺される」覚悟があったと思いますか?

その他にも、似たような感じ方をしている方、全く気持ちがわからない方などご意見頂けると幸いです。

投稿日時 - 2009-06-09 21:30:13

QNo.5030668

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

昔は「死」というのは非常に重いものでした。
それは、人間という存在に対しては尊厳を持って接していたからです。
ですから、いじめがあってもそこには「線引き」が存在していたし、陰湿な仕置きもなかったです。カラッとしてました。
今は、「死」はいとも簡単にやってきます。
それは病気や事故でなく、「人対人」という関係においてです。
それはゲームと似ています。
いじめにしても、相手の気持ちを思う時間を持ちません。考える時間を持ちません。
とりあえず実行して、目的を達成する。
目的も軽いものです。「うざいから・・・」それだけです。
やる方がそういう気持ちなら、やられる方の仕返しもそういう気持ちでしょう。
とりあえず今の状況を脱したい、それだけ。
軽いいじめが、重い結果となってしまうことを知らない加害者と、軽い仕返しが、重い結果となってしまうことを知らない被害者・・・
>その人達は私に「殺される」覚悟があったと思いますか
その人たちにとってはゲームですから、そんな覚悟はないでしょう。
>「いざとなったら殺せる」という覚悟を持つことは、自分の心に余裕を持たせることが出来ます
そういう世界では、心をリセットできる自制心が求められます。

投稿日時 - 2009-06-09 22:09:54

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね。時代が過ぎるに従って死というものが軽くなっている感じがありますね。

もちろん、自制心も必要になってきますね。

投稿日時 - 2009-06-09 22:58:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

なかったと思う。
もしあったら、殺し合う覚悟があったと思う。

投稿日時 - 2009-06-11 23:15:49

ANo.9

>常日頃から後ろから刺される覚悟をしたほうがいいってことではありません。

ご質問者さんご自身が「他人を殺す覚悟」を持つのであれば当然、「他人に殺される覚悟」も持たなければなりません。

世の中が全て自分中心に回っていると考えることは大変危険な思想で、それは自分は「されない」という勝手な前提でイジメをやっている方と同じものです。

投稿日時 - 2009-06-10 21:32:03

ANo.8

命が軽くなった?
そうですね。公害訴訟を見てると本当に人の命や自然の命さえなんだと思ってるんだ?というものばかりです。
もちろん、マスコミも公害の元凶の味方です。
本当にありがとうございました。

はい。昔は命は軽いものでした。

投稿日時 - 2009-06-10 03:14:39

お礼

いえ、こちらこそ回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-10 19:34:04

ANo.7

ん?日本国内の殺人事件はここ20年ぐらい横ばい状態で毎年1200~1300件なのですが・・・。

戦後すぐは更に多かったはずです。
昭和33年は平成19年の倍はあったと記憶しています。
「最近はキレやすい若者が」とか「ゲーム感覚で命の重さを考えない」、「日本も治安のいい国では無くなった」と言った方が視聴率が稼げると流すマスコミの思惑にすっかり乗っているようですね。

ご質問者さんを批難しているわけではありません、多くの方がそう感じている現状ではわざわざ疑問を持って警視庁発表データで確認する私の方が少数派のヒネクレ者です。

私はご質問者さんほど楽観的てはなくもっと「なんとなく」殺されたりする可能性は昔から日常にあると思っています。

イジメだとかパワハラといった面倒くさい動機は無くても人は人を簡単に殺します。

暴力団関係者と間違われて射殺された会社員の方がいましたし、「誰でも良かった」という犯人、「パチンコで勝っているのを見たから(たかが5万円くらい)」といった金銭目的等々、本人には殺される覚えは無くても死は突然訪れるものでしょう。

死んだ本人にとってはそのような突然の死は交通事故でも航空機事故でも極端に言えば心臓発作でも変わらないと考えます。

「いじめたから殺されるかも」ではなく「生きているから殺されるかも」ではないでしょうか。

勿論、私は死は怖いし毎日「覚悟」などと立派なものを持ち歩いてたりはしません。

頭の片隅に危険事項として残しておいて運悪く被害者となった時に家族が困ることを最小限に収めるように遺書の更新をマメに気にしているくらいです。

投稿日時 - 2009-06-10 00:01:24

お礼

「殺人は増えている」と書いたのが間違いでした。
「殺人はいつまで経ってもなくならない」と書いたほうがよかったですね。

>勿論、私は死は怖いし毎日「覚悟」などと立派なものを持ち歩いてたりはしません。

私が言いたいのは、「殺されるかもしれない」と思うと、相手をいじめたりしなくなりますよね。
そういうことです。常日頃から後ろから刺される覚悟をしたほうがいいってことではありません。

投稿日時 - 2009-06-10 19:33:05

>近年、自殺や殺人がとても増えました。
自殺はともかく、殺人はむしろ減っています。2007年の殺人件数は、戦後最低を更新しました。勝手に増やしてはいけません。
また、今も昔も、人を一番殺しているのは、家族・友人・恋人という、一般人が一般人を殺すケースです。

平和ボケ、とか言う前の問題として、まず、ちゃんと現実を見ることです。
実際には平和ではないではないのに、平和であるように皆が感じれば、それは弊害があるでしょう。しかし、質問者さんのように、増えても居ない犯罪を勝手に増えている、という風に認識し、それに踊らされるのも、これまた弊害だらけです。

昔は、「死」というのはとても軽いものでした。
それは、身近に死が溢れていたからです。高度成長時代に入るまで、貧しい農村などで、生まれた子供を「口減らし」のために殺害するなど日常茶飯事でした。
「乳母捨て山」なんて言葉があるように、そういう地域では、労働力にならなかった老人を山中に追い込んで殺害することも決して珍しくありませんでした。

パワハラなどが言われるようになったのは社会システムの変化というのが大きな理由です。
終戦後から1980年代末くらいまでは、何度かの経済低成長が会ったとは言え、右肩上がりで経済成長を続けていた時代です。そして、その中で終身雇用制度などが出来ました。
終身雇用制度とは、一度入った社員を定年まで身分を保障する代わりに、その会社のために従わせる制度です。日本は、その中で、会社を辞める、転職する、というのが極めてマイナス要素として捉えられました。
そして、その制度の中では、会社の中のローカルルールに従うことが求められ、無理難題などにも耐えるのが得であったのです。なので、問題があっても言い出せずに従わざるを得ない、ということで問題が表面化しませんでした。
昨今になって、表面化したのは、その制度が崩れたことが大きな理由です。社員の側が、そこまで義理立てする必要がなくなったのです。

とにかく、様々な面で、問題の認識の時点で間違いが多いと思います。
もう一度、しっかりとした資料などを見てから、考え直すことが重要だと思います。

投稿日時 - 2009-06-09 23:49:57

お礼

間違いの指摘ありがとうございます。

それで、あなたはどう考えているのでしょうか。

投稿日時 - 2009-06-10 19:28:03

ANo.5

 いじめ、ハラスメントを行う人は総じて自分が行っていることで相手が死ぬかも知れないと思いこそすれ、自分がその相手に殺されると危機感を感じていることはほとんど無いと思います。何故なら、こいつには殺される可能性がある思ったらやらないですし、自分が安全な相手を狙っているはずです。
 少なくとも私の世代、昭和30年代生まれのいじめっ子は「殺される」覚悟は無しでいじめをしていた(いる)と思います。

投稿日時 - 2009-06-09 23:12:13

お礼

回答ありがとうございます。

やはり覚悟は無かったのでしょうね。

私は、殺されるかもしれない・・と子供に教えたほうがいいと思うのです。教育に不適切なので難しいかもしれませんが。

投稿日時 - 2009-06-10 19:25:15

ANo.4

>(報道に踊らされると言う方がいるでしょうが)ニュースでもそういう報道は毎日のように聞きますよね。

 その通りです。報道に踊らされすぎです。
 最初の仮定が間違ったままで論理を進めるのは勿体無いです。

 「犯罪率 推移」などでググって見てください。
 モラルの低下など主観的なものを言い出せばキリがないけれど、犯罪率・犯罪件数という意味では日本はどんどん平和で良い国になってきているんですよ。加えて検挙率も上がってきているし。

 一番バカで危険な事は、マスコミに踊らされる事だと思います。
 文章の後半はあなたの経験や主観ですよね。「日本人は」「平和ボケ」「昔に比べると」とはこじつけのように思いますので、バラして考えた方が良いですよ。

投稿日時 - 2009-06-09 22:56:55

お礼

回答ありがとうございます。

報道に踊らされていると思いながら、みんなニュースを見てるのは、実際にそれ以外で情報の収集が困難だからです。
あなたは報道に踊らされず、いつも真実を見ぬけているのですか?または、踊らされないために努力していることがあれば教えてほしいです。

犯罪率 推移 でググった結果も、日本は平和だと思わせるための報道かもしれませんよね。

投稿日時 - 2009-06-10 19:22:07

ANo.3

若いですね。
「いざとなったら殺せる」なんてのは覚悟ではなく、単に相手を見下そうとしているだけです。

敵意や見下す気持ちは隠したつもりでも相手にいつかは伝わるので、真っ当な人ほどあなたから離れていきますよ。

あと、実際に他人を傷つける行為なんてのはよっぽど人の痛みがわからない人でないと難しい行為だと思ってます。

投稿日時 - 2009-06-09 22:12:28

お礼

>実際に他人を傷つける行為なんてのはよっぽど人の痛みがわからない人でないと難しい行為

回答ありがとうございます。

あなたはいじめられた経験がありますか・・?
結構、きついですよ。

投稿日時 - 2009-06-10 19:19:26

ANo.1

そこまで気合入れて書いてくれた文章に失礼な返事だけれど
「そんなに思いつめなくても良いんじゃないか」
と想うんだよね、この年になると(30代後半)わかるんだけど
親が言う「勉強しろ、勉強しろ」ってのと同じで言われる方は
それが大事な事だって分かっていても「うるせーなー」って思うもんなんだよ。
だからあなたの言うことが正論だったとしても言うタイミングや言い方、
伝え方によっては全く誰も相手をしないと思うんだよね。
それと勉強と同じで気が付いた時には大体手遅れ、もしくは何かが犠牲になっているって事だな。

例えで出たパワハラやいじめも誰かが自殺したりしてはじめて「おかしいな」って騒ぎ始めたわけで。
我々に出来るのは犠牲をゼロには出来ないけれど被害を最小限に食い止めるために「こんな事があったよ」って
いろんな人に話す位しかないと思う、間違っても「~するべきだ」って言わない事だね、
それは「勉強」の例えで言ったのと同じ、皆で考える事で誰かが思想を押し付けるべきじゃないって思う。

投稿日時 - 2009-06-09 21:51:47

お礼

回答ありがとうございます。

いじめられていたのは小学校、中学校までのことなので、思い出して書いてみました。
今は全く思いつめているわけではないです。
心配して頂いてありがとうございます。

難しい話ですよね。やっぱり個人がどう考えるかですね。
押しつけるのではなく、
「死ぬぐらい辛かったらこういう方法もあるよ」ってぐらいに思ってくれれば十分です。

投稿日時 - 2009-06-09 22:33:15

あなたにオススメの質問