こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

使われなくなった農地について

「使われなくなった(使うことが出来なくなった)農地」
いわゆる「耕作放棄地」について
今回この特設カテゴリーという部分を利用して幾つか伺いたく
投稿しました。
*下記に参考URLをつけました。
(放棄地について)http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/011.html
http://www.maff.go.jp/j/nousin/tikei/houkiti/pdf/leaf21h2.pdf
http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/einou/gallery/u/17pdf/08008.pdf
(合理化事業)
http://www.nouchi.or.jp/faq/faq.htm

いまこの対策として、国や地方、個人や企業がさまざまな取り組みをしています。
もちろん食料自給率も関係しています。

今回お聞きしたいのは3つあります。

(1)
日本の食糧自給率は先進国の中でも低い(約40%)
のは承知のとおりですが、
この食料自給率について
今くらいがちょうどよいのか、
低くても良いのか、高くてもよいのか、
どんなお考えでしょうか。

(2)
耕作放棄地について、国や地方、個人や企業が、
牛などを放牧したり、酪農家の方のために飼料を栽培したり、
分散する放棄地を集約し、
土地を整理して利用する方が使いやすくしたり、
または、活発な企業に使ってもらったり、
景観のため草花を栽培したり、市民農園など、
各地でいろいろな取り組みがされています。
耕作放棄地は、農家の高齢化や地域の状況など複雑に絡みあって
発生しています。

ただ今回はおおざっぱに伺います。

耕作放棄地についての取り組み。
増えるのは仕方がないから、こんなのに予算をかける必要はない。
農地は一度荒れたら元に戻すのは大変だし、回りにも迷惑がかかるから何とかしなければいけない。
各農地を持っている人に任せて、行政が進んですることではない。
など、
皆さんはどうおもいますか。

そしてもうひとつ、

(3)
農業についてこのような取り組みがされていることを
知っていましたか知りませんでしたか。

率直なお考えでかまいませんので、
これについてのご回答をお聞かせください。

PS 私は大都市生活と地方生活を両方経験があり、
   その存在はもちつもたれつだと思います。
   当然、人が生きるための作物作りも大事だと考えています。

この投稿は7日間くらい開けていますので、
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-06-14 01:26:41

QNo.5042094

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

(1)
100%である必要性は感じませんが、今の水準よりも高いレベルでは
あるべきとは思っています。
(2)
基本的に行政が主導しても、(本音は)無意味だとは思います。
なぜ、耕作放棄地が発生するのか国は理解してません。(判っていても一部の無理解な
国会議員の発案から無理無理という、うわさが流れていますが・・・)
儲からないからです。
無理無理復元しても・・・・元に戻ります。
(3)
知っているいうより、そのど真ん中に置かれています。

誤解が生まれるかと思いますが、耕作放棄地には3つの形態があります。
(1)元々耕作不適地
食料増産運動の兼ね合いで、農業に適さない中山間地の谷津田や水利の悪い土地も
農地になりました。これは自然に戻るべきです。
(2)資産としての農地
全体の面積としてはごくわずかですが、市街化区域など農業よりも他の用途に使用したほうが
良い土地もあります。NO.1さんの言われる部分かと思います。
(極論ですが)ここの耕作放棄地は農地の優遇措置等はなくすなど考えても良いと思います。
(3)耕作するメリットが見えない農地
一緒くたに括りますが、ほとんどの耕作放棄地が、作物を作っても儲からないから
というのがあるのではないかと思います。
水稲の例ですがほとんど農家が生産しても利益が得られません。
でも荒らしたくないから生産している農家が多数います。
また甘藷の例で10aの売り上げは15万、経費が10万かかれば利益は5万円
(労働時間を考慮しなければ)1haで50万、10haでも500万です。
一人では生産できませんので夫婦2人で作れば、一人250万の水準です。(通常の企業に勤めれば・・・)
国の視察でそれが判らなくて、条件が悪くないのに耕作放棄地になっている農地を見て
努力が足らないと言った人がいますが・・・あんたは手取りでいくらもらっているの?
この農地を復元していくらの収益が上がるのかわかっているの?

投稿日時 - 2009-06-16 22:08:44

お礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど。そうですね。

農家の現場と行政(もっぱら国)との考え方や理解度が、
違いすぎる部分。
なにやってもうまくいかない。
この差があるからこそ、
いろいろ政策はやっているけど、状況は変わらない。

耕作放棄地は、
農業を「業」としてなしえない痛みの現れのように感じます。

ある業であったことです。
放棄地に植えた牧草を刈り取っている時、
その酪農家は言っていました。
「耕作できなくなったもんから、俺んちも作ってもいいって
言ってくれるけど、俺はそんなにいらねえ。でも、
なんとかしてやんねえとねえ」
状況は本当に深刻です。

今回のご回答、参考になります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-21 00:27:34

ANo.2

あくまで個人としての考えですが。

(1)自給率は高いほうがいいと思います。いざというときに自国で賄う事が出来るのであればそれに越したことはないと思います。

(2)耕作放棄地については景観や農地を利用するという点ではいいとは思いますが実際はうまく進まないと思います。いくら補助が出るからといってもその為には時間とお金が当然掛かります。出来ないから放置しているのであって、そこに時間や費用をかける前に今栽培しているものだけで手一杯。
新規就農者が利用したり、オーナー制を導入、企業利用などももちろん一部では成功しているが失敗も多い。所詮氷山の一角。全体から見たら僅かな気がします。

(3)知っていました。

回答者No1さんの記述からすこし。
実際農地なんてほとんど二束三文にしかならないし(その前に買い手がいない)、宅地にしたくても役場からだめといわれる。売りたくても売れない。
農地は1年休耕できるならしたほうがよい。土地の栄養がなくなれば結局肥料にたよる。栄養がないから化学肥料をつかう。結局金が掛かる。助成金は申請すればでるが、それにもめんどくさい栽培基準がある為全員受け取れるわけではないし、小さく細々とやっているとなおさら基準を満たせない。
跡継ぎだって親にしてみれば赤字か、かろうじて黒字。肥料は値上がり作物は値下げ。お先真っ暗な状態。そんな苦労を一番知っている親は安定した会社員・公務員にでもなれと思っても不思議じゃないと思います。

小難しいことはわかりませんが自分が知っている現状はこうです。もちろんあくどい奴もいると思います。ですがそれがすべてだとご質問者様も思わないでほしいです。

お米に関して
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/205/genki205-01.html
こんなこともあるということで

投稿日時 - 2009-06-16 20:53:21

お礼

ご回答ありがとうございます。

農業に関しての問題は、
地域性も含めいろいろ複雑に絡みあって
発生していると思います。

考え方も農家や組合によって違う。
農家を継いでもらいたいが、薦められない現状。
どの方向へいったらいいのか見えてこない、
あきらめやいらだちがあるのもわかります。

なので、今回回答していただいた内容が全てだとは、
思っておりませんので、ご安心ください(^ ^)

投稿日時 - 2009-06-20 16:10:06

ANo.1

(1)自給率は高いほうが良いに決まってます。いつまでも中国その他の諸外国が今のペースと価格で輸出し続けてくれるとは思えません。北朝鮮の状況を見ていると、中国との関係が悪化するのも時間の問題のように思えます。

(2)行政の肥大化であって、行政が行うべきではないです。行政以前の立法(あるいは条例制定)によって、耕作放棄地には農地に対する固定資産税の軽減措置を一切止めて(あるいは高率課税をして)、維持コストの面から耕作放棄できない状態にして、耕作を行わせるか流動化させるかすべきです。
田舎育ちの私の実感として、農家の9割以上が土地は売るために持っているのであって、子供に継がせるつもりなどサラサラ無く、ただ税金が安いから農地のままにしておき、高く売り抜けるタイミングを見ているだけです。日本のこれまでの農業政策(生かさず殺さず政策)が、やる気がなくただ金にばかり執着する農家を育ててきたのです。
http://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/103300945.html
の8:(「農家は後継者不足と嘆いてるが、本音は~」のくだり)こそが農家の本質ですよ。その次の補助金の話も本当。農協の寄り合いではいつも「いかに補助金を引っ張り出すか」の話ばっかりだと大地主の友人が言ってます。

(3)ある程度知っていますが、前述のとおり本質的に行政のすることではないと思っています。農林水産省や国土交通省あたりが「対策」名目で自己権益にしがみついているだけでしょう。

投稿日時 - 2009-06-14 03:02:09

お礼

ご回答ありがとうございます。

回答していただいた内容を読ませていただき、
本音はそのとおりの部分もあると感じました。

私も「農地の流動化を含む選択性の促進」は必要だと考えています。
耕作しないのに金銭的優遇されること自体おかしなことです。
(ただ自然災害などの被害はちゃんと補償が必要)

これまでの農家気質なのでしょうか、
「誰かが何かやってくれるだろう」
という他人まかせの考えもあるのかなと思います。

参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-15 00:09:27

あなたにオススメの質問