こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅ローン返済について

こんにちは。先日、知人から住宅ローンの件で相談を受けたのですが
私自身、全く知識がなくて、ここで相談させて頂きました。

内容的には、複雑できちんと相談の意味を書いていなかったら
すみません・・。
まず、その知人は10年程前に、自己所有名義の住宅を2件
ローンで購入したそうです・・。
そして、現在に至ってもその2件のローンが残っているそうなんです。
ですが、不景気な上、仕事を失敗して現在は生活がとても
苦しい状態で、ローンすら払えない状態だそうです・・。

私には、相談というかお金を貸してくれという話でしたが、
こちらも、余裕がなく貸すことが出来ません。
それに、話を聞いていると、その2件のローンはまだ7~8年くらい
支払いが残っているそうです。
その、2件分を合わせて、毎月15万は支払いがあると言ってました。。

こんな、現状の中でその知人はどうしても一つの家だけでも
ローンを返して住み続けたいと言っています。
私も、全然知識がないのですが、2件分のローンのうち、
1件を競売か何かにして、住みたい方のもう1件のローンを
返済していくという形は可能なんですか?
やはり、両方支払えないという判断になり、住みたい方の住宅も
引き払わないといけないですか?

こうゆう、状態だとどうゆう手段が最適が全く分かりません。
お金は無理としても、少しでも知人の役に立てればと相談しました。
アドバイス、是非お願いします・・。

投稿日時 - 2009-06-14 10:43:37

QNo.5042648

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まずは銀行に相談するように勧めたほうがいいです。

残りが7年とかでしたら、返済期間の延長を勧められるかもしれませんし、売却を進められるかも知れません。
ただ売却は、ローン残責>売れた金額+手数料の場合、その不足分がないと売ることができません。
例えばÅの建物がローン残責1000万で、実際に売れそうな金額が800万だった場合、少なくとも200万の手持ちの現金がないと売りたくても売れません。

このため現実問題として返済期間の延長の方向で話を進めるのがいいと思います。



ただ、本来住宅ローンは実際住むのが前提で安い金利で借りることができるローンです。
今回の場合、少なくとも実際には片方の家には住んでいないということになります。
そうなると、銀行側は契約違反ということでヘタすると残責の全額一括返済を求めてくる可能性もあります。



銀行に相談する前にその辺を明確にしてからでないと藪蛇になりかねません。
このため、今回の相談に関して中途半端なアドバイスを相手にすると、現状より更に事態が悪化する可能性もあり、そうなると、逆にその相手から逆恨みを受けてしまいかねませんので、今回の相談は「私にはよくわからないので銀行に相談しては?」と遠まわしの回答をした方がいいと思います。

人間、お金が絡むと感情的になってしまいますので・・・・

投稿日時 - 2009-06-14 11:06:44

補足

ご回答、有難うございます。
正直、知人の詳しい現状もあまり知れていない状態なんです。
補足なのですが、ローンの住みたい方のマイホームは、
まだローンの支払いは25年弱あるらしいです・・。

ローン残責という言葉も、初めて知りました・・。
その方の、今の貯蓄だったり、その為に出せるお金だったり
色々な事が影響してくるんですね。

正直、お金ばかり貸してくれという知人に頭かかえてます。
お金を貸すという事だけで、
解決するという感じではなさそうですし・・。
本当に、人間お金が絡むと、感情がすごくなりますし、
なかなか理解する事は出来なさそうです。。

投稿日時 - 2009-06-14 19:54:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

10年ほど前に2軒の住宅を入手して、残り7~8年が残っていると言うのは、羽振りが良かった時期に繰上げでもして、短縮しているなら希望はあります。
まず、手放すほうの物件の流通価格の査定をして、ローン残高と比べて見ないと処分の見通しが立ちません。

残したいほうのローンは少なくとも返済ができる見込みがないと、2軒まとめて自爆する事になるでしょう。

客観的に見て、知人に借金の申込をしている状況は、はっきり言って末期的なところまで追い詰められています。おそらく金融機関との話もきちんとできてなく、これからの相談で元金割れの売却で「残債(ざんさいと言います。)」を分割弁済する事の承認が得られれば、今の多重ローンから何とか回復の光は見えますが、詰め切っていない状況で、周りに借入を広げようとするのは、踏み倒しを覚悟しなければなりません。

友情と金銭は別物だとアドバイス差し上げます。知人が本気で立ち直る協力がしたいのなら、銀行に同行して同席者に開示をしても良いと許可した上で、内容を一緒に聞いて見れば相談にも乗れるかも知れません。

投稿日時 - 2009-06-14 11:40:52

補足

ご回答、有難うございます。
♯1さん、同様詳しく教えて頂き参考になりました。

手放す、物件のほうは約400万くらいの価格にしかならないそうです。
残りの、ローン残高は、約800万なのでこの時点で手持ちのお金が
必要になりますよね・・。

こちらとしては、お金を貸すことが出来なので、
どうにか良い手段はないかと思い相談もしたのですが、
こちらが、聞いてもお金さえあれば何とかなると言った
言葉ばかり・・。正直そんな簡単な問題ではないと思うのです。

本当に、友情と金銭は別物だなと改めて思いました。

投稿日時 - 2009-06-14 20:12:38

あなたにオススメの質問