こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

お墓に墓誌を新設する

民間の霊園墓地にお墓を購入していました。今度新たに墓誌を設置しようと石材店を数ヵ所訪問しました。すると色々な不条理が判ってきました。(1)霊園の指定の石材店にしか依頼が出来ない。(2)指定の石材店は一般の石材店より大幅に価格が高い。(3)指定の複数の石材店は価格が横並びで、カルテル・価格協定を結んでいるとしか思えない。(4)公営の墓地はどこの石材店に依頼しても構わない・・・等等。
葬儀の時に戒名の問題(戒名不要)で不条理を感じましたが、お墓にまで引きずっているので情けなくなりました。石材でなく金属製の墓誌であればどうなるのでしょう。ご経験者の皆様のお知恵をお借りしたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-14 17:38:24

QNo.5043524

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

貴方は高いお金を出して墓地を買っておられます。
これであれば問題は無いのですが、
正確には『墓地を借りている』となっています。
墓地の管理者の自分の都合優先であって
施主宅の好都合なんてこれっぽちも考えておりません。
指定業者制のメリットに「(1)登録がなされているので悪い事をしない、(2)クレームがあっても直ぐに対処してくれる」と管理者は言います。
それがあるが故に、(1)高い金額で値引きもしてくれない、(2)競争相手が無いから横着にアグラをかいた業者、そんな業者に建墓を任さなければならないのか?。
そこには自由な競争原理が働かない独占体制が敷かれている。
施主側の何の利益も生まれない。
霊園と業者、寺院と業者の甘い蜜月契約の大きな犠牲を被っている現状を改善して欲しい。
しかし結果結論としては泣き寝入り。
「契約書に謳って有ります」と言う暖かき言葉で慈エンド。
「イヤなら出て行ってくれ」と合わせて頂く言葉、これで聖苑なのでしょうか?。

投稿日時 - 2009-06-24 09:08:40

お礼

御礼が遅くなりました。葬儀と言い、お墓と言い、宗教に関わる問題は不合理が多すぎます。宗教が葬式にのみ関わるのではなく、救済に関わる事であって欲しいと願います。私は四国巡礼をして後2回で満願成就出来ると思いますが僧行基と言い、僧空海と言い教育、社会奉仕、土木事業などを実践してこられました。これが宗教と思いますが。

投稿日時 - 2009-07-20 22:51:26

あなたにオススメの質問