こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

経済学に関する諸質問

経済について色々分からないことがあって困っています。あまり範囲に脈絡がないのですが答えてくれると嬉しいです。

(1)IS-LM分析において、「インフレ期待があるとLM曲線が下方シフトする」という事が書いてあります。これはIS-LM分析における「P一定の仮定」に反しませんでしょうか?(ただし、AD-AS曲線のように物価変動も考慮したという事ならさほど矛盾も感じませんが)

(2)私の教科書に「フリードマンは世界大恐慌の原因を、本来なら貨幣供給量を増加させるべきところを判断を誤って貨幣供給量を削減してしまったせいだと考えた」と書いてあります。(実際、1932年に貨幣供給量は前年比で17.8%減っています)

しかし、当時は固定相場制なので景気対策の為に貨幣供給量を増減する事は出来ないのではないでしょうか?中央銀行は「判断を誤った」というよりも「為替レートを守る為」に貨幣供給量を増減させたのではないか、と思ったのですがどうでしょうか。

(3)労働市場に関して。労働需要はP×MPL=Wによって導かれ、横軸は労働需要量(=人)になっています。一方、労働供給は無差別曲線から導かれ、横軸は労働供給量(=時間)になっています。これらは横軸が違うのにどうして同じ座標上にプロットされているのですか?同じ座標上にのせる手法があるのでしょうか?

以上の質問について回答頂けると嬉しいです。お願いします。

投稿日時 - 2009-06-17 01:39:40

QNo.5050474

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)IS-LMは物価一定なので、物価変動を考慮してはいません。貨幣市場と財市場がそれぞれ均衡する利子率と所得の組み合わせの軌跡にすぎません。Pという変数はIS、LMの双方の構成要素の関数にとって外生的に与えられるから、ISもLMもシフトするしか動きようがない、ということです。
(2)貨幣供給と為替の関係について、当時は今のようなマクロ経済学の考え方はありませんでした。景気の悪化→貨幣需要の低下→需要低下に伴う同調的な貨幣供給→さらなる景気悪化・・という関係にあったのではないかと思います。期待インフレ率を引き上げるという考え方もなかったし、流動性のワナという考え方もありませんでしたから。
(3)労働供給は、賃金が限界効用と等しいところで決まりますが、このときの賃金は「単位時間当たりの」賃金です(ケインズは一般理論で賃金率という単語を使っています)。ただし実際にAS曲線を求めるための生産関数を考えるときには、労働時間と資本稼働率を追加的に用います。

投稿日時 - 2009-06-17 23:44:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問