こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

オバマ大統領の医療改革

こんばんわ。

今現在、オバマ大統領の医療改革を含んだ米国の保険制度について勉強中の者です。

オバマさんの保険制度改革に対して、賛成勢力と反対勢力は職種や立場で、きれいに分かれているようです。

上院財政委員会が賛成するのはわかります(医療費削減が理由)。
共和党が反対するのもわかります(民間保険会社の経営への懸念が理由)。

しかし、
民間保険会社が賛成する理由と、
AMA(米国医師会)が反対する理由がいまいち自分の中で消化できません。

クリントンさんの時とは異なり、オバマさんの改革は国民全員に強制的に国民保険に入らせるというものではなく、民間保険会社などの選択肢も国民に与えるものです。とはいえ、競合することは変わらないのですから、民間保険会社が賛成する理由がわかりません。(ちなみに、私が見つけた資料だと、Aetna Incという保険会社が賛成の意を示していました)

さらに、米国医師会の反対。これもよくわかりません。漠然とつかんだ理由は、治療方法や収入に制約がでるということでしょうか?もし、この見解で正しければ、なぜそのような制約が生まれるのでしょう?

質問の内容に曖昧な点、もしくは誤った点などがありましたら、ご指摘ねがいます。お詳しい方解答をお待ちしております。

投稿日時 - 2009-06-20 23:34:31

QNo.5060965

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

アメリカの医療制度事情に詳しくないので的外れかもしれませんが、日本の公的保健医療では、レセプトで、1点あたり10円と決まっています。
これがいわゆる自由診療だと1点あたり15円から20円となります。

アメリカの医師会は、そういう「縛り」をされるのがイヤだなんてことなんじゃないでしょうか。なにしろ目標は「医療費削減」です。削減されるってことはつまり医者の収入が減るってことですからね。いわゆる「総論賛成、各論反対」ってやつなのでは?

投稿日時 - 2009-06-22 01:31:42

お礼

総論賛成、各論反対ですか。
ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2009-06-22 11:59:45

あなたにオススメの質問