こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エアコンの真空引き時は低圧側バルブは半開でいいのでしょうか。

引越しで取り外したエアコンをポンプを持っていたこともあって、取り付けようとしています。チャージングホースと漏れチェック用のゲージ(TASCO製)を購入して真空引きをやろうという段階です。

質問1.写真1枚目はチャージングホースなのですが、片方の口にピンが付いていました。このピンの役割と、このピン付き口をポンプ側につけるのか、低圧側のサービスポートにつけるのかを教えていただきたいとおもいます。

質問2.ピンを取り外してしまった場合、再度取り付けるときはどこまで入れるとか基準があるのでしょうか。それとも適当に何回かネジを回してはめておけばよいのでしょうか。

質問3.写真2枚目ですが、真空引きの時は高圧側のバルブは閉じておき、低圧側(下)のバルブを半開にするとあるメーカのカタログににあったのですが、それでよいのでしょうか。コンプレッサーの構造がよく分かってないのですが、低圧側を半開にしたら、室外機の中のコンプレッサー側から冷媒を吸い込むということにはならないのでしょうか。このバルブが完全閉の場合、室内機側配管とはつながっていないのでしょうか。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2009-06-21 14:04:26

QNo.5062229

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

バルブを開けてはいけません。
真空にして漏れのないことを確認後、開くのです。
開くと室外機内のガスが内機に流れます。
ピンの付いている方が室外機です。
ピンのない方がポンプです。
ピンでチャージ口のピンを押すのです。
ピンがなければ真空が引けません。

投稿日時 - 2009-06-21 14:18:20

お礼

ありがとうございます。ピンの役割がよくわかりました。

投稿日時 - 2009-06-24 04:32:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

前の手順省略
真空引きが終わってマニホールドのバルブ閉めて真空状態で数分保持確認して、低圧のバルブ少し緩め1気圧位で再度閉めてホース外しキャップをします、それから高圧低圧のバルブ全開にしてキャップします、


(ホース外す時ガス漏れの勢い抑えられ簡単にホース外せる。)

投稿日時 - 2009-06-21 17:45:31

お礼

ありがとうございます。なるほど。圧力差をできるだけなくしてから作業するということですね。やってみます。

投稿日時 - 2009-06-24 04:35:57

ANo.2

真空引きの最中は液側・ガス側のパックドバルブの弁は共に全閉です。私は半開して行ったことはないです。

バルブコアに虫ピンがある接続口は、エアコン室外機のガス側に接続します。
真空引きをする時にはゲージマニホールドのハンドルは、LO/Hiともに全部しめた状態で接続します。
真空ポンプとの接続も完了したら、ハンドルLoを全開にします。

真空引きを10分以上行ってください。

真空引きが終わって、ゲージマニホールドのLoハンドルを全閉して、真空計が-0.1MPaを2分以上保持出来ている(ガスモレが無い)事を確認してから、パックドバルブの液側の弁棒を全開、次にガス側を全開にして、チャージホースを外します。この時、バシュとガスが少し吹き出しますので、虫ピンが飛んでいかないように充分注意してください。

投稿日時 - 2009-06-21 14:29:46

お礼

ありがとうございます。ご回答を参考に真空引きいたします。

投稿日時 - 2009-06-24 04:34:26

あなたにオススメの質問