こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社会福祉学部に通っていますが、司法書士の資格がほしくなりました。

はじめまして。私は、現在通信制の大学の社会福祉学部に通っています。(2年) そこで精神保健福祉士か養護教員の資格でも取ろうと思っていますが、前々から法律に興味があり、司法書士の資格がほしくなりました。調べたところ、専門の大学などに行ってなくても、司法書士の資格は取れるらしいのですが、すごい難関と聞きました。そこで質問ですが、社会福祉学部に通いながら、司法書士の資格をとるのは可能でしょうか?やはり専門の法律学部などに通ったほうが有利でしょうか?
行くなら夜学部ですが・・・。
自分で考えろとか言うのはなしでお願いします。

投稿日時 - 2009-06-26 03:18:31

QNo.5075317

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No2です
>精神福祉士は今飽和状態と聞いたのでまよっています。
それが事実かどうかは私はわかりませんが、

>裁判所などに行くのが趣味なので非常に迷っています。
私も傍聴行くので、その気持ちもわかります

>どっちが本当にやりたいのか、また大学を変えたほうがいいのかじっくり検討します。うーん、迷って司法書士選んじゃいそうな感じですね・・・笑

そこまで止めるつもりはありませんが・・・
世の中、法学部の学生なんて山ほどいるわけです
東大京大は元より、早稲田慶応中央とたくさん居ます

司法書士が凄い魅力的で、簡単に受かるなら、彼らが
卒業までにさっさと取得してしまうと思いませんか?

もちろんもっと難しい司法試験や国家公務員1種を受ける
人も居ますが、それでも多くの人は法律を学ぶことを意識して
難しい大学に入学したにも関わらず、司法書士を取りません

なぜか?難しいからです。それを知ってるからです
司法試験並みに専念する必要あります
それでも簡単に受かって卒業できるような試験ではありません

大学を変えて、法学部系に入ったからなんとかなるような試験ではないです

ご自身でも書かれているように、その大学に入った時の気持ちがあるはずです
それを思い出して、まずは当初決めた目標をクリアしましょう

飽和したからって仕事がないわけでもないと思います
まずは生活基盤の確保。その上で、独学なり専門学校に通うなりして
司法試験目指されてはいかがですか?
じっくり腰をすえて、それだけに専念しても3~5年かかるような試験ですよ

5年やって受からなければ、もうセンスないと諦めた方がいいです
やるなら腰をすえてがんばりましょう
繰り返しますが大学を法学部に変えたからってなんとかなるものではありません
ましてや大学は資格予備校ではないので、むしろ回り道です

投稿日時 - 2009-06-28 16:28:52

補足

回答ありがとうございます。
有名法学部でも、受からないのはただ単に大学で司法書士対策の勉強をしてないから、もしくは興味がないのでただ単にうけないだけじゃないんですかね。
逆に興味もないのに司法書士の資格をとってほしくないです。
それと、笑・・・とか書かれてますが、司法書士も精神保健も自分にとって魅力があり、一生私の人生にあった仕事だと思ったからです。3~5年であきらめろというのは意味がわかりません。新・司法試験は5年中で3回までときまってますが・・。
大学も資格以前に大学で法律を学びたいと思ったからです。生活基盤ととおっしゃいましたが、その基盤をつくるのでは精神保健では経済的にも難しいとおもいましたし、司法書士でつくろうかと今思っている次第です。
あとは自分のがんばり次第と信じてやるのみです。一発勝負の世界ではありませんし。回り道でも何度でもチャレンジできる試験ですので。
テレビとか見ていたら何の資格もなく、あったとしても飽和状態の資格では歳がいっていたら路上にさまよう。なんて人の特集も何度も見かけます。それなら、いばらの道でも今から安定した、そしてなるべくやりたい、そして自分に合っている仕事の資格、技能をみにつけないといけません。それで今悩んでどうしようかと思ったのです。二兎を追うもの一兎もえず。いう言葉身にしみました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-01 23:19:34

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

あなたの目には司法書士という資格はどのように写ってますか?
法律のスペシャリストだとか、難しい試験を合格した凄い法律家だとか・・・・、でも私に具体的に司法書士を説明してくださいと言われれば、たぶん2分も説明できないのではと思います。イメージ先行ってそんなものだと思います。

どうしても資格がとりたかったら、最初に司法書士制度や受験勉強のあり方を研究されてみるのもいいと思います。
たとえば受験資格は? 答えは司法書士の受験資格は他の資格と違って学歴制限も国籍制限も年齢制限も何もないんです。高校に行っていなくても大検をとっていなくても、またイスラム教の人だろうが、新外国人の阪神タイガースのブラゼルだって司法書士試験を受検できるんですよ。
このだれでも受験できるとういうのは、いかにも「差別反対、人権重視、平等」を掲げている法務省が管轄する試験だなと思います。

だれでも受験できるから、受験者数も多くなり、その結果合格率が少なくなるんです。  2~3%の合格率といっても実質的には受験者の半分はオリンピックと同じ参加するのみの人たちです。そういった人は最初から問題外です。合格レベルに達しているのは3000~4000人くらいだろうと言われているので実質的にその人数の人たちとの競争です。

それから難関国家試験は学部は関係ありません。学部よりもどの受験スクールに入るかで決まってきます(ですからあなたがどの学部とおっしゃっている段階で国家試験のありかたをわかっているのかなとちょっと心配になるのですが。学校はLECや日本司法学院や早稲田法科や東京法経学院とかが人気がありますが)

また合格者数は少ないのですが、別の世界から試験なしで司法書士になれる人たちがいることを知っていますか?それもおのずとわかってきます。まあこのように資格制度にもいろんな盲点があるんですよ。

そこで結論を申し上げますと
1.勉強はすきですか?根気はありますか?
2.実家はお金持ちですか?
3.5年で合格する気構えがありますか?負けず嫌いですか?
4.自分よりも頭のいい人をたくさん知っていますか?

この4点に自信があれば挑戦してみてください。特にアルバイトなんてやっている時間がないので実家からの援助が必要であり重要となります。スクールの費用は高いですから。(蛇足ですが税理士や司法書士を営む大手の事務所が跡をつがせるために、自分の子供に大学卒業後もずっと勉強させて合格させているところも多いですよ。あなたはそういう人達とも競争しなければなりません。  悲しいことですが、いまや大学受験も難関資格試験も家庭の経済力が合格のための大きな近道となってきているのは事実です。)  
 
私も上に記載の大手スクールのひとつで公務員試験の講師をしていたことがあります。そこでひとつ気づいたことは司法書士や税理士試験などで受験年数が長くなると、基本を忘れて無駄に高度の知識ばかりが多くなっている人をよくみかけます。司法書士試験の添削の手助けもしたことがありますが、受験歴が長くて実力のあると思われる人の答案練習の問題を採点してみると、意外(に簡単)なところでたくさん間違えているというケースが多かったものです。
たぶん、その人は自分がどこで間違えたかがわかっていないのだと思います。
まあ受験勉強が長くなると、このような悪循環に陥る人が多いのも事実です。

司法書士試験は司法試験に比べれば、頑張ればまだ合格できる試験です。(旧の司法試験は努力だけでは埋めれない・・・・という部分がありましたが)
しかし司法書士制度の今後の展望や収入面や仕事内容などを考えると
あなたが5年を犠牲にしてでも未来はばら色かというと、私は?をつけます。
もっと福祉の学問をして実績を重ね人脈などを広げていったほうがいいような気がします。とかく資格試験の勉強に陥る人は盲目的になる人が多いです。
資格などとらなくても成功している人も多いです(でも人並み以上に努力はしています)。

私は高校時代は自分のまわりには賢い人間がたくさんいました。
彼らは司法書士試験クラスなら1発で合格できる人たちです。(たとえばそのうちの一人は3年の夏まで野球部のレギュラーをやり、夏予選は参加校の多い中、予選ベスト16までいき、敗退するやいなや引退してすぐに受験勉強をはじめ、結果は東大文1合格、そして在学中に司法試験合格、国家公務員試験1種に合格して卒業後は財務省入りというとんでもない賢い人間もいました。)

このレベルでなくても、試験勉強をはじめれば、たくさんの大卒の賢い人たちと競争していかなければなりません。自分の能力に謙虚に向き合う人ほど基本を大切にして、勉強に工夫を重ねていくことになりますから。

以上、あんまりあなたが要望するような回答にならなっかたと思いますが、合格できなければ「タダ以下の人」、これが資格試験の宿命です。 でも努力すれば取れない試験ではありません。  一度 受験スクールに行って見学するのもいいと思います。 試験が7月のはずですからこの時期は毎週日曜日等は答案練習会(模擬試験)を開催していると思います。今年は受験できませんが試験会場くらいは見にいかれては?
ひしひしと緊張感が伝わってくるはずですよ。 

投稿日時 - 2009-06-30 02:10:45

補足

司法書士の説明が2分もできないとか、本当に国家試験のありかたがわかっているのか?とか、ものすごく失礼な方ですね。それぐらいちゃんと把握してますよ。法学部に興味があったから行ったほうがためになるかもしれないと思っただけです。本当に失礼な方ですね。こういう侮辱的な書き込みはやめてください。すごく腹が立ちます。またそれぐらいの覚悟は持ってますよ。

投稿日時 - 2009-07-01 23:09:52

ANo.3

とりあえず、放送大学の法律科目でも受講してみては?
講師は名門校の教授や若い講師でもその弟子筋が多いので、講義の質は高いです。
スカパーの受信機があれば、授業そのものは全国無料で視聴できます。

あとは、資格の予備校に通うことでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-27 01:49:12

補足

質問ありがとうございます。予備学校より大学のほうが、質は高そうですが・・・。

投稿日時 - 2009-06-28 03:51:54

ANo.2

こんにちは

気持ちはわからんでもないですが、「二兎追うもの一兎」も得ずです

司法書士は超難関です。税理士と並んで、資格取得&独立を意識した人が
資格の泥沼にはまるパターンです

まずはしっかり通信制の大学の社会福祉学部を卒業して
精神保健福祉士か養護教員の資格を取得し就職して生活の基盤を確立してから
行政書士の資格などを取得し、それでもまだ司法書士が忘れられなければ
挑戦してください

とにかくまずは目先の生活基盤の確立が最重要課題です

投稿日時 - 2009-06-26 11:02:11

お礼

回答ありがとうございます。精神福祉士は今飽和状態と聞いたのでまよっています。裁判所などに行くのが趣味なので非常に迷っています。一生ものなので、二兎を追うもの一兎もえずですか・・・。たしかにそうですね。どっちが本当にやりたいのか、また大学を変えたほうがいいのかじっくり検討します。

投稿日時 - 2009-06-28 04:06:35

ANo.1

正直なところ、司法書士は合格率2%ぐらいと超難関ですし、一流大学の出身者でも難しいですよね。
自分の時と状況が違うかも知れないのでなんとも言えませんが、上智の文学部などでは、社会福祉だけ極端に偏差値が落ちていて、興味がないのにそこを受験してると公言してる人まで試験会場で見かけましたよ。(当時は、新聞・歴史などの学科は試験会場が一緒だったので…)
正直、あまり偏差値的には高いところがあったように思えないので、どうかな?と思った訳です。もちろん、最後は本人の努力なんでしょうけど。

投稿日時 - 2009-06-26 09:22:12

補足

私は簡単だからという、あやふやな理由でこの学部にはいったのではありません。精神的とか障害で困っているという人を助けたいという理由からです。むしろ簡単なのでとりあえず入ったという人の話をきかされると非常に腹が立ちます。

投稿日時 - 2009-06-28 03:56:14

あなたにオススメの質問