こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

張り出し梁の反力の作用点について。

以下のような図(といっても粗末だが)に力Fが加わっています。
▽や△は支持の箇所で、―――は梁です。(もちろん支持は梁に密着)

↓F                        ▽支持C
 ―――――――――――――――――
          △支持A            △支持B

このとき、反力が作用する点は支持Aはもちろんですが、右端は支持Cだけなのかな?と思います。
しかし、支持Bと支持Cがはさむ形となっているので、ここは固定端と考えて、片持ち梁と張り出し梁の複合問題かなとも思っています。
どなたかご教授願います。

投稿日時 - 2009-06-27 16:10:39

QNo.5078873

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

どの様な固定法を想定されているか次第です。図に使用されている△は通常ピン支持です。上手く描画出来ないとは思いますが、上下の三角先端が梁の端で一致していれば、ピン支持で回転許容の上下固定です。但し、回転許容なので固定端の様にモーメントが発生しません。その意味で固定端とは違います。

>>このとき、反力が作用する点は支持Aはもちろんですが、右端は支持Cだけなのかな?と思います。
もしBとCの△先端に隙間があれば、Bは何の働きもしません。Cのみで支持されます。上述のピン支持であれば、CとBで反力が発生します。

投稿日時 - 2009-06-27 16:38:13

お礼

固定端とは違うわけですね。
支持B.Cどちらにも反力がかかるとすれば、あとはせん断力、曲げモーメントが求められるわけですね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-06-27 17:48:55

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>支持B.Cどちらにも反力がかかるとすれば、あとはせん断力、曲げモーメントが求められるわけですね。
よくわかりませんが、支点Cだけでもせん断力は求まると思います。曲げモーメントはそのせん断力で発生します。既に記載したとおり、支持部では曲げモーメントは発生しませんから念のため。

投稿日時 - 2009-06-28 00:32:28

あなたにオススメの質問