こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オーストラリアでのカジュアルスタッフの年金と所得税について

オーストラリアでのアルバイトで週に$600いただけることになりました。
年金(スーパー)は9%と聞いています。
また税金は恐らく30%になると思うのですが、以下について教えてください。

1.オーストラリアは週給$600といわれた場合、年金と所得税はこの中から支払われるのですか?
それとも年金と所得税は別に会社が支払い、$600は手取りという意味ですか?

2.$600から年金を差し引かれる場合、年金9%は非課税対象になるのですか?

3.$600から所得税を差し引かれる場合、年間52週働いたとして合計$31200の年収ですと、月額どれくらいの所得税が差し引かれるのですか?

ご存じのかたがいらっしゃいましたら、アドバイスください。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-06-30 23:36:51

QNo.5088305

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。
最新の税率情報はATOのサイトに載っています。
http://www.ato.gov.au/individuals/content.asp?doc=/content/12333.htm&pc=001/002/046/002/002&mnu=42570&mfp=001&st=tp&cy=1

これによると年収$6,001から$35,000の場合、居住者の所得税は「15c for each $1 over $6,000」となります。

トピ主さんの年収は$31,200ですから、まずここから無税の分の6000ドルを引き、残りの15%掛けが所得税の額になります。計算すると3780ドルとなり、年収の12.1%ということになります。

あと前回書き忘れましたが、居住者はMedicare(国民保険)が年収の1.5%取られます。なのでトータルすると、お給料から13.6%引かれることになります。

投稿日時 - 2009-07-02 21:23:31

お礼

たびたびのご回答をどうもありがとうございます。
とてもよく理解できました。
国民保険もやはり徴収されるのですね。
(でも日本に比べるとなんと小額。。。)

ご親切なアドバイスを本当にどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-03 02:22:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

そのお友達が言った金額は何処から出てきたんでしょうかねー。ATO(先の回答でリンクしたWeb)の表からいけば、年収31kとすれば$6000までは非課税になるので、$25000に対し$1につき¢15課税されるのでは?

会社にTax File Number知らせますよね?ステイタスもResidentにすると思いますので、税率も年収を見越した税率で天引きされるはずです。年度末にTax Returnをすることによって(Tax Returnはその年に収入があった場合は必須なので・・・ただし、$6000以下の収入であれば無税なのでしなくてもいいのかもしれません)還付金が発生すると思います。
私もここ数年Tax Returnをしていますが、必ず還付金が発生しています。個人事業主(自営業)などでWithholdingしていない人はTax Returnの時期に1年の所得を申告して税額が出るので、この時点で税金を納めることになりますが、給与ですでに天引きされている場合は言葉の通りReturnされるのがほとんどだと思います。

Tax Returnの季節にはCouncilやCommunity Centre、Neighbourfood CentreなどでTax Return無料相談などをやっていることがあります。トピ主さんの家の近くの施設に相談出来ないか、一度問い合わせてみてはいかがですか?

投稿日時 - 2009-07-02 21:16:40

お礼

詳しいご説明をどうもありがとうございました。

「トピ主」って何だろう。。。と考えてしまいましたが、これはトピック提供主などの意味ですよね、たぶん?

「おしえてBP!」は日本のサイトなのに、海外居住者の現地での悩みも相談でき、こうしてすぐにご回答をいただけるなんて
とても心強く感じました。
本当にどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-03 02:19:14

ANo.2

1.
所得税は600ドルから天引きされます。でも年金は別途、雇用主から支払われます。600ドルの9%ですから、毎週54ドルがスーパーに積み立てられます。

2.
600ドルから年金は差し引かれませんが、雇用主が払う9%以外にも、自分の給料から好きなだけスーパーへ積み立てる事も可能です。その分は非課税対象になりますので、貯蓄が好きな人にはかなりオイシイ話です。まぁ若い人は今の方が大事なのでほとんどしないでしょうけど、40代後半くらいになったらどんどんスーパーに回した方が老後助かるでしょうね。

3.
その年収ですと、所得税は居住者なら約12%、非居住者なら29%になります。月収2600ドルから12%、または29%引いた分が手取りになります。(ただし、源泉徴収は正確な税率よりもちょっとだけ多めに惹かれますが。その分は毎年タックスリターンの申請で返ってきます。)

投稿日時 - 2009-07-01 20:57:57

お礼

早速のご回答をどうもありがとうございます。
永住権保持者なので居住者扱いになります。
私の年収額の場合、年収から$2652と$21600を差し引いた金額の30%掛けという意見も友人から聞き、少し混乱しています。
もしご存じでしたら、さらに補足くださると助かります。

投稿日時 - 2009-07-02 00:40:32

ANo.1

会計士ではなく素人なので、知っていることだけですが書き込ませていただきます。

オーストラリアで求人情報を見る際には、給与について「50k+Super」などがあると思います。この場合、年収が5万ドルであって、さらに5万ドルのうちの9%($4,500)を別枠で会社がSuperとして積み立ててくれることになります。(まれに年収にSuperも込みで表示している場合もあるので、会社に確認してみて下さい。)

税率が30%とありますが、年収に対して税率が決まっていて、居住者なのか非居住者なのかによっても変わってきます。もし税率が予想より高かった場合や低かった場合はタックスリターン(日本で言えば確定申告ですね)で申告し、調整することになります。
天引きされる税金は余裕をみて引かれているので、たいてい戻ってくることが多いと思いますが、まれに会社側が税率を間違って計算していたり、まったく税金を納めていなかった場合は改めて税金を支払う必要が出てくるかもしれません。なのでこの点も何%の税率でWithholdingするのか会社に確認するしかないと思います。

給与は1回/月で貰うとしたら、素直に考えたとして年収は$600x52weeks=31Kとなるので12ヶ月で割ると月収$2600、その30%が引かれることになりますよね。

税率についてはATO(税務署)のWebに一覧があるので参照下さい。
http://www.ato.gov.au/individuals/content.asp?doc=/content/12333.htm&pc=001/002/046/002/002&mnu=42570&mfp=001&st=tp&cy=1

投稿日時 - 2009-07-01 12:54:35

お礼

早速のご回答をどうもありがとうございました。
日本は基本給から厚生年金や所得税、市民税、労働保険等々が支払われるので実際に手にするまでいまいち手取りがわかりませんが、オーストラリアはスーパーと所得税だけのようなので、少し分かりやすいですね。

投稿日時 - 2009-07-02 00:36:31

あなたにオススメの質問