こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「確定申告」に係る事業内容について

平成20年1月より、個人事業を開始し、本年3月に、青色申告を完了いたしました。 確定した税金の納付も完了いたしました。 
昨日、所轄の県税事務所より「確定申告」に係る事業内容についてという問い合わせが届きました。平成20年度確定申告書では、
その事業の内容や形態等が十分に把握できませんでした。という内容です。
質問は、事業内容について具体的に記入してください。とか、
仕入れがありましたか?、使用する作業用具はご自身のものですか?などの質問です。
私の事業内容がコンサルティングで、駆け出しのコンサルタントとしては、もらいすぎているからこのような質問書が来たのでしょうか? 
(勿論、年間1千万円を超えることはありません。 役務時間は、毎日8時間以上その会社に詰めています。)

この質問書が来れば引き続き、監査に来るのでしょうか?
この質問書の重要性をご存知の方が居られましたら、是非ご教示ください。 提出期限は、7月8日になってます。
どうか、よろしくお願い申し上げます。 ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-02 15:32:45

QNo.5092452

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>また、どの金額の5%なのですか…

その (某県の例) に載っているでしょう。

投稿日時 - 2009-07-03 13:56:24

お礼

適切なご回答、ありがとうございました。
助かりました。

投稿日時 - 2009-07-04 15:06:47

ANo.1

>駆け出しのコンサルタントとしては、もらいすぎているからこのような…

そういうことではありません。

>その事業の内容や形態等が十分に把握できませんでした。という内容…

個人事業税を算定するための業種が分からないと言うことです。
個人事業税は、業種によって税率等が異なりますので。

(某県の例)
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_c.htm

>この質問書が来れば引き続き、監査に来るのでしょうか…

そういうことでもありません。
事業税が課せられるかどうか、課せられるなら税額はいくらになるかが決まるだけです。

投稿日時 - 2009-07-02 15:47:20

補足

早速の、明解なご回答ありがとうございました。
安心いたしました。
それでは、私の場合は、第三種事業のコンサルタント業
5%が該当すると思われますが、今後、別途その個人事業税を
払うことになるのですか?
また、どの金額の5%なのですか?
お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-03 12:52:19

お礼

迅速で、明快な回答に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-04 15:10:46

あなたにオススメの質問