こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

司法書士と行政書士

教えて下さい。
司法書士を取得したいと考えていますが、初めは行政書士に挑戦して力試しをしてからのほうがよいですか?行政書士は独学可能で司法書士は独学不可能とは本当ですか?行政書士の勉強は司法書士に全く関係ないのですか?ちなみに私は宅建はかろうじて取れた程度の実力です。宅建程度の資格だと参考にならないと思いますが将来の為に難関資格を取得しておきたいです自己満足したいが為の質問に聞こえるかもしれませが真剣に考えています。 行政書士は努力して取れない資格ではないが、司法書士は努力しても取れない人はいると聞いたのですがいかがでしょうか?ご教授下さい。

投稿日時 - 2009-07-07 09:56:41

QNo.5105245

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

行政書士試験合格者です。
私の考えは、将来司法書士に目指す為に行政書士試験に挑戦してから、司法書士試験に挑むという考え方は大反対です。

なぜなら、試験科目が違うからです。
重複する科目は憲法・民法・商法だけで、後は重複せずにまた一から基礎からしなければなりません。
しかも、民法・商法は重複しつつも、司法書士試験の方が奥深く勉強しなければなりません。

したがって、司法書士を目指されるのであれば、最初から司法書士の勉強をされた方が「時間」・「お金」も断然お得です。

勘違いされる方が多いのですが、司法書士試験は行政書士試験の上位資格試験ではありません。例えて言うと、司法書士試験=日商簿記1級、行政書士試験=日商簿記2級ではありません。しかも、実施団体が違うので出題傾向も違います。(司法書士試験は法務省で行政書士試験は総務省です。更にいうのであれば、宅建は国土交通省です。)
同じ法律試験と言えども、別モノとお考えになった方が良いでしょう。

行政書士試験を合格してから、司法書士試験に挑戦すれば理解がし易いとの声も聞きますが、全否定ではありませんが、少し疑問です。
確かに民法の基礎は行政書士でマスターできるかもしれませんが、前述した通り行政書士試験は司法書士試験では出題されない試験科目が多くでます。これらを勉強していったら、人間なので覚えたはずの民法のことを少なからず忘れていってしまいます。(実体験です)
そうなると、時間のロスですよね。
行政書士試験対策に約1年から2年位かかり、試験も年1回です。司法書士試験対策も「初心者レベル」からでも約1年半から2年位でしょう。
市販の本でも初学者向けの司法書士試験の本が数多くあります。一番良いのが、学校に通うのが一番良いのですが・・・

結論としては、司法書士が最終目標なら初めからヨソ見せずに、一点集中で司法書士試験の勉強に励んで下さい。

頑張って下さい。

投稿日時 - 2009-07-20 13:44:54

お礼

行政書士合格者様の大変説得力あるご回答ありごとうございました。
私はよく2チャンネルなる所で閲覧していた事がありますが、全然参考にならない事もわかりました。

投稿日時 - 2009-07-20 20:34:59

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

NO.6です。
2年間は、フルで専門学校に行ってました。その後は、土日の答練だけ受けてました。

思うに、こういう試験は、やる気、集中力を持ち続けることが、非常に重要だと思います。4年目くらいまでが、一番高いと思います。それ以降は、残念ながら、下がっていきました。恥ずかしいので、何年とかは書きません。

当然ながら、受かる人より、挫折する人の方が多い試験です。だから、何らかの形を残すために、行政書士試験を受けることは、いいと思います。

私は、司法書士に受かる努力と気力があるなら、現行制度の司法試験には受かるだろうと思います。

投稿日時 - 2009-07-22 04:04:05

ANo.6

私は、司法書士の勉強をしてましたが、挫折し、その途中に、行政書士だけ取りました。必要な勉強の量と質が全然違う感じです。本も10倍必要になります。

司法書士を勉強しつつ、7月から10月までは行政書士の勉強もする、くらいがいいと思います。司法書士が本命なら、行政書士を「取ってから」、司法書士というのは、止めた方がいいです。

投稿日時 - 2009-07-15 23:36:29

お礼

ご経験者様のご意見大変参考になりました。ありがとうございます。
本が10倍必要とは勉強し続けても取得できない可能性もかなり高いとゆう事ですね。挫折したとありますが何年ぐらい勉強されてですか?
もしよろしければ教えてください。

投稿日時 - 2009-07-16 01:15:14

ANo.5

□初めは行政書士に挑戦して力試しをしてからのほうがよいですか?

■先に行政書士試験に合格しておいたほうが、落ち着いて司法書士試験に臨めます。
そして、行政書士試験は短期合格を目指すことです。

投稿日時 - 2009-07-08 08:07:19

ANo.4

一般的な試験レベルでは、行政書士<司法書士かもしれませんが、実際の業務は重複する部分はあるかもしれませんが、基本的に異なります。
司法書士であっても行政書士業務は行うことは出来ません。
ただ、司法書士業務を行ううえで行政書士業務が必要となる場合もあるでしょう。司法書士を目指すのであれば、行政書士の受験をされることをお勧めします。

経験はありませんが、
司法書士の勉強をメインに、行政書士の過去問を学習する程度で受験してみるのも良いかもしれませんね。私は税理士試験元受験生(挫折者)ですが、まったく勉強しないで3割程度の点数を取ることが出来ましたね。税理士試験の法律は税法ばかりですが、いくらかは役に立ちましたね。

ちなみに知人は、法学部卒で司法書士として独立していますが、行政書士の試験は不合格であったようで、共同経営者が行政書士ということもあり、受験する予定はないようですね。

投稿日時 - 2009-07-08 00:02:50

お礼

司法書士を目指すのであれば、行政書士の受験をされることをお勧めします。↑↑↑↑↑
   ありがとうございます。勉強を始めればどちらとも大変な量の勉   強になると思いますので、今一度慎重に考えます。

投稿日時 - 2009-07-08 01:03:43

ANo.3

力試しなら、模擬試験を受ければ十分かと思います。

行政書士と司法書士では仕事の内容も違いますし、科目も違います。
s48s46h20さんが将来どんな仕事をしたいかによって、どちらか選んでください。
他の資格試験を学ぶ時間を倍次ぎ込みましょう。

不可能は自分で決めてしまうものでしかないです。
合格しないのでしたら、その理由が必ずあります。
それを見つけて克服していくか、ただの精神論で同じ方法で勉強していくかの違いで、結果は全く違ってきます。

あと、独立系の士業資格は独立のためのものですから、取得しているからといって雇用のためにはあまり役立たないと思います。
資格があっても、数年は収入は期待しないでください。取得後の勉強が一番大切だし、お金もかかります。
逆に、資格は無くても「実務力」を身に着けていれば、世の中なんとかなりますよ。

投稿日時 - 2009-07-07 10:53:37

お礼

自分にとって大変貴重なアドバイスでした本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2009-07-08 01:05:54

ANo.2

・行政書士は独学可能で司法書士は独学不可能とは本当ですか?

いいえ、どちらも本人の努力しだいです

・行政書士の勉強は司法書士に全く関係ないのですか?

同じ科目もあるので、初学者よりは、ましでしょう。ただ、司法書士は専門的問題多いので、司法書士落ちて、司法試験合格したなんてのも、いくらでもあります。

・行政書士は努力して取れない資格ではないが、司法書士は努力しても取れない人はいると聞いたのですがいかがでしょうか?

 行政書士も努力しても取れない人はいます。でも、行政書士も司法書士も、努力しないとなれません。

・初めは行政書士に挑戦して力試しをしてからのほうがよいですか

力試しには、なりませんが?????????
競艇選手のテスト受けて、競馬騎手試験の力試しには、なりませんね

あなたが行政書士試験に受験するのは、
絶対に行政書士資格取得するんだという理由でなくては、いけません。
その上で、将来、行政書士と司法書士兼業開業するなら、すばらしいことです。

 難易度では、すでに新司法試験より司法書士試験のほうが、難しいと言われています。また行政書士も、大学法学部卒なら無試験認定してくれた時代と違い、難しい資格です。ただし、どちらも、定員制でなく、合格点以上取れば認定されますから、自分との戦いです。がんばれ!(^-^)

投稿日時 - 2009-07-07 10:32:12

お礼

一つ一つの質問に対してご丁寧なご回答ありがとうございました。
がんばります!

投稿日時 - 2009-07-08 01:07:48

ANo.1

司法書士試験は難関資格の一つです。まず行政書士の資格に挑戦してください。

投稿日時 - 2009-07-07 10:03:48

お礼

行政書士からスタートのご回答もう一ついただきました。
慎重に考えて決めたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-08 01:10:00

あなたにオススメの質問