こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

実案から特許出願への変更

実用新案から特許出願への変更について、
実用新案が共同所有の場合、共有者全員での変更出願しないといけないのでしょうか。

実用新案出願から特許出願への変更は特許法14条に記載があるようですが。(特許の変更 と記載されているのが気になりますが)
また、特許法9条には実用新案から特許出願への変更が不利益行為に入っているのですが14条には記載がありません。

投稿日時 - 2009-07-09 21:30:25

QNo.5112449

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

実用新案登録出願から特許出願への変更(特許法46条1項)については、実用新案法第2条の5において特許法14条の規定が手続きに準用する旨が記載されていることと、及び特許法14条に列挙された不利益行為として特許出願の変更(実用新案登録出願と読み替える)が挙げられていることから共有者全員で手続きを行う必要があると解されます。

なお、蛇足かもしれませんが、同じく特許法14条に不利益行為として列挙されていない実用新案登録に基づく特許出願(特許法46条の2)についても特許出願に変わりないので共有者全員で出願をする必要があります(特許法38条)。
実用新案登録に基づく特許出願が14条に列挙されていない理由は、14条の冒頭に「二人以上が共同で手続きをしたときは、」とあることから、最初の手続きである「特許出願」が入るのはおかしいからです。

投稿日時 - 2009-07-09 23:06:55

お礼

的確な御回答ありがとうございました。
大変勉強になります。

投稿日時 - 2009-07-10 15:17:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問