こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

経理事務の職に就こうと考えてます

只今、27歳のフリーターです。

なぜ経理事務の職に就きたいのかと申しますと、特別な理由や目標があるわけではありませんが、以前ハローワークで適職診断をしたところ、事務系の仕事が一番適しているのではないかとの指摘を受けました。そこで、事務系の仕事に就くためにはどんな資格があると有利かを聞いてみたところ、特に『簿記2級』を持っていれば就職の幅が広がるとのアドバイスを頂きました。そこで、今年の1月から大原で簿記の勉強をし、6月の検定試験でどうにか『簿記2級』の資格を取れました。ただ、自分には正社員の実務経験が無いため、月並み程度かもしれませんが、就職に有利に働くかもしれないと考えて『P検準2級』の資格も取りました。現在もパソコンでアクセス(データベース)の勉強をしています(『ITパスポート』の受験も検討しています)。

一応現在のところ、『簿記2級』『P検準2級』の資格があります。前述で記した通り、正社員の実務経験が無いため、資格を持っているだけで本当に就職が出来るか、不安はあります。経理事務の職に就く際、面接試験等で何をアピール出来たら試験官に好印象を持たれるでしょうか?


※自分のこれまでの経歴
・22歳で理系の大学を卒業
・しかし、対人援助職(いわゆるカウンセラー)の仕事をやりたいと考え、卒業後1年、派遣社員として勤務(仕事は事務系)
・派遣社員として1年働き、精神保健福祉士養成の専門学校に入学(3年制)
・卒業後、精神障害者の社会復帰施設に就職
・しかし、「君にはこの仕事を続けるのは厳しい」と指摘され、退職
・前述に記した通り、ハローワークに行って相談し、大原とパソコン教室に通って、今年6・7月に『簿記2級』『P検準2級』の資格をそれぞれ取得

投稿日時 - 2009-07-10 10:31:21

QNo.5113657

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

自分は、ITエンジニアの正社員ですが、自分がフリーターから正社員になれた経験がもしかしたら参考になると思い、回答したいと思いました。

面接は、資格を持っていても未経験だと27歳という年齢もあって僕自身落ち続けました。よほど人手の足りない業界か、本人に相当魅力がないと早期内定は難しいと当時思いました。不安というより、絶望を今の会社に拾われるまで味わいました。

自分が内定貰ったときのことを参考に回答しますと、自分がどうしても経理の専門家として働きたいという思いを伝えることと、その可能性をにおわせる実績を作るしかないと思います。僕は、27歳未経験、ITエンジニアの内定をいただいたときは、両方を満たしたと納得してくれた時でした。

僕個人の考えとしては、簿記2級の価値とは、あくまでも幅を広げるだけであって経験者とは見てくれる資格ではない。就職は、僕の働いている業界より過酷だろうということです。別の道に視野を広げることも状況によっては必要かもしれません。

最後に、ハローワークの診断は参考程度にした方が無難かもしれません。あまりこだわって仕事ができないことの方が問題だと思いました。
僕も、ハローワークや、JOBカフェなどでは、事務職が向いているとの診断でした。ですが、最初PC操作を学び、もっと楽したいと思っているうちにいつのまにかITエンジニアになっていました。

これから大変だとは思いますが、がんばってください。

投稿日時 - 2009-07-12 06:59:03

ANo.3

私も以前、簿記の資格取得の勉強していた時に気づきましたが、「これはあくまでも知識に過ぎない」と。
実践でできるかというと、まったくそうではないことは、自分でもわかりました。
特に「資格よりも経験」と言われる職種の筆頭に挙げられるのが、経理なんですよね。

さて、簿記の2級を取れば確かに、就職のチャンスは広がります。
ただ、経理というのは会社の言わば心臓部ですから、それを任せる人材の採用は、とても厳しいんです。
派遣やアルバイトには会社の経理は任せることはありません。
ですから正社員できちんと責任を持てる人しか求めないので、つまりそれは未経験で正社員の求人はほとんどないということを意味します。
まずはアルバイトで経験を積む・・・・・という方法もありますが、それは経理の補助的な、入力作業などになります。
会計事務所の求人は結構あるのですが、会計事務所こそ民間会社の経理をひととおり経験した人でないと難しいです。
ただ補佐的な仕事なら未経験でもアルバイトでできます。

事務職において、一番守備範囲が広いのはやはりパソコンスキルです。
パソコンなら独学でいくらでも勉強できるので、質問者さまも極めるところまで極められるとよいと思います。
その上で、簿記2級の資格は決して無駄にはなりません。
「簿記の知識がある」ことと、パソコンが自在に使えることは、事務職の王道であるからです。
「経理職」という狭い範囲にこだわらず、パソコン技能での求人を広く見てはいかがでしょうか。
事務職の中に「簿記2級程度の知識のある人」という応募資格が付記される場合は多いです。
そう書かれていなくても、事務職で応募する際に「簿記2級持ってます」とアピールすればそれはかなり有利になることは確かです。
そして事務職と経理職の補佐的な仕事を経験することで、職歴も濃くなっていきますから、将来的に経理職に就くことも、またその上を目指して公認会計士などの道も選ぶことも、可能になってくると思います。

まだ27歳ですから、今すぐどうこうというよりも、長い目で、3年後、5年後、10年後を視野に入れて就職を考えてみるとよいと思いますよ。

投稿日時 - 2009-07-10 19:46:30

お礼

色々なアドバイスありがとうございました。

ハローワークの求人で、『簿記2級』の資格を持っている人を求めている企業が多いのを見て、経理職でないと駄目だと思い込んでいたようでした。もっと広い視野を持って職を探してみようと思います。

投稿日時 - 2009-07-10 20:38:55

経理職にあったものです、現在は経理をベースにした財務分析など会社の経営管理事務をやっています。

努力のあとはうかがえます。派遣での社会人経験もあるので、このときにどんな仕事をしていたかによって影響が大きいと思います。直接経理職でなくても、経理につながるような仕事であればかなり強みになるでしょう。

経理職は簿記も必要ですが、それは事務を処理するための手続きの一つに過ぎません。日商2級があれば会社の簿記一通りの知識はあると見なされます。簿記で処理することの背景になる取引の内容や、経理と言えば銀行との取引も欠かせませんからその手続きの手順、手形や小切手の扱い、あるいは日常の税務処理の問題、会社によっては給与計算や固定資産の取扱など、資格では計りにくいことを実務経験という形で会得しているかということになります。経理職に実務が優遇されるのはそのためです。

また、経理職は営業ほどでないにしろ、担当によっては思ったよりも人と接する機会の多い仕事です。社内はもとより、社外に行けば銀行やら、取引先に電話を掛けたりと幅広く人と接する機会があります。
人当たりの良さなども考慮される可能性があります。

あとは信念でしょう。経理職は世の中の評価としては割と専門的な事務仕事です。会社のお金という大事なものを中心的に直接扱う職ですから、それなりの責任感なども必要になってきます。そして、いま経理に限らず総務系の仕事は全体的に減らす傾向にあり、業務経験豊富な限られた人間に任せようという向きが強いです。そのような仕事傾向にあなたが「プロとして仕事をやっていく」という信念・意気込みがないと、採用もその後の仕事も難しいと思います。
頑張って下さい。

投稿日時 - 2009-07-10 15:01:32

お礼

様々な情報を提供して頂いて、ありがとうございます。

そして、資格さえ取れば何とかなるといった、希望的観測に甘えていたことにも気がつきました。資格取得云々の前に、まず経理がどうゆう仕事であるのかも調べていませんでした。特に現代の様な就職難の時代、入念に情報を得て、その上で先を見通せなければ絶対に就職は不可能ですよね。このことに早く気がつかなかった自分が馬鹿だと思いました(話がそれてしまってすいません)。

過去を悔んでも仕方がありませんので、今からでも先を見通せる人間になれるよう努力します。そして、je3ifzさんのおっしゃる通り、信念を持って就活や、採用された後も仕事をしていきたいと思います。

投稿日時 - 2009-07-10 18:16:14

ANo.1

努力してますねぇ。すごい前向きですねぇ。読んでいて非常に好感を持ちました。たぶん苦労されることもあるかと思いますが、あなたのような人は必ず良い仕事先が見つかると思います。面接も慣れれば、自分の長所のアピールの仕方もわかってきます。当然、あなたの資格も有利な材料です。大丈夫です。頑張ってください。

投稿日時 - 2009-07-10 10:54:06

あなたにオススメの質問