こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

米国CMEの日経先物取引のドル建と円建の価格差の理由について

米国シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で日経平均先物を取扱っていますが、ドル建と円建の2通りあり、同日の価格で数十円の金額差があるのが通例のようです。なぜドル建と円建でこのような金額差がでるのでしょうか。取引の条件・内容などに異なる要素があるのでしょうか。

投稿日時 - 2009-07-14 14:46:55

QNo.5124834

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

別々の取引だからです。
同じ取引をドルベース、円ベースで換算しているのではなく、CMEではドルで取引される225先物と円で取引される225先物の2種類の日経225先物取引が行われています。
ドルで取引されているのがドル建て、円で取引されているのが円建てです。
当然取引が違うので出来高も違います。
昨晩でいえばドル建て出来高13,905枚
円建て出来高20,850枚
取引が違いますから当然4本値も変わってきます。

投稿日時 - 2009-07-14 19:52:54

お礼

早速のご回答有難うございます。
今まで色々の書物・資料など当たりましたが、判らずにいました。
疑問が解けてスッキリいたしました。厚く御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-07-15 07:39:41

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問