こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

気功治療について

今、気功をやっている治療院に通っています。
最初は肩こりと首のこりで行ったのですが、初診で
パニック障害で通院していると言うことを話したら
「ここで必ず治るから」と言われました。

2回目の通院が終わった後、今まで落ち着いていたパニック障害の
発作が急に起こるようになりました。

ここの所大分落ち着いていただけにショックでした。

今日、3回目の通院があったので行ったのですが、
「好転現象だからいいことです。ここで治療を辞めると
このままになりますよ」と言われて少しショックでした。

この治療院は毎週通うには料金が高く、保険がきかないので
困っています。

気功をやっていらっしゃる方、好転現象ってあるのでしょうか?

あと、ここで何度か骨をボキボキ鳴らす治療も行ったのですが、
保険がきかない所でこういう治療は違法だと友人にききました。
これも本当なのでしょうか?

アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2009-07-17 23:36:45

QNo.5134118

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

治せる自信があっても、治るかどうかは別問題です。
気功というアヤシイ治療法なのでこのカテでは毛嫌いされると思いますが
治った。改善された。という結果を数例知っています。

私は治療のためではなく修行の一環として、似たようなことをしてもらいました。
一時的に感情がコントロールしにくくなったことがあります。
私の場合は溜め込んだ怒りの感情が何度も噴出し、かなり心が乱れました。
周囲の人が気づかない程度で2日ぐらい。で、スッキリしました。
長期に渡って心の中を整理していかないといけないことを
短期間で済ましてしまったのが原因です。
パニック障害の人には少し負担が大きいかもしれません。

洗濯したら水がびっくりするくらい汚れていたことないですか?
今まで気にせず着ていたパジャマがこんなに汚れてたの!ぐらいの驚き。
今まで普通に暮らしていたのに、隠れてた感情、抑えてた感情、澱んでいた氣が
整理するために噴出してきたら、パニック障害の発作が出てきても不思議ではありません。
それを好転反応だからと後付の説明をするのは、治療家としてよくないことです。
先にきちんと説明すべきだったと思います。

お金のことで不安なら、正直に話すと良いと思います。
治療に何回ぐらかかるか。など。
不安を抱えたまま治療を続けるのなら、
今まで通りの治療に専念した方が良いように思います。

2回目の治療で好転反応なら3回目の治療でなんらかの変化はありましたでしょうか?
改善が見られないのでしたら、辞めてみてはどうでしょう。
信頼関係も薄れてきているようですし。

>「好転現象だからいいことです。ここで治療を辞めるとこのままになりますよ」
その先生はでしょ。
他の先生に治してもらいましょう。
一生このままでいつづける方が遥かに難しいです。

>保険がきかない所でこういう治療は違法だと友人にききました。
違法ではないです。
病気が必ず治る。言い方によっては違法性あるかもしれません。

投稿日時 - 2009-07-18 17:27:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

パニック障害と診断されているということは、どちらかの心療内科または精神科のほうで治療を受けられているのですね。もともとは不安神経症の一種です。薬物療法と認知行動療法で治療していくものです。そしてパニック発作を減らしていくのです。その件は専門医のほうにお任せしてください。専門外の方の意見をとりいれると自分も混乱するし、あまり良い結果を生まないと思います。この病気はどうしても長期間の治療が必要になるものですから。そしてカイロや気功だけでパニック発作がなおるというのは間違いだと思います。
それよりも実際に通い始めて発作が出始めたということは、裏を返せばその治療院に対する貴方様の潜在的な不安感(治療方針・治療費など)によって発作を誘発したのでは?と予測できます。その治療院のやり方が合っているとか間違っているということ以前に、貴方様の発作が出てしまったほうが問題だと思うのです。なお発作がでたことを「好転現象」などと説明するのはとんでもないことです。基本的にはその治療院はおやめになり、自分がきちんと納得できる別の治療院への早期転院をお勧めしたいと思います。

投稿日時 - 2009-07-18 02:25:50

ANo.2

本物の気功治療では骨を鳴らしたりしません。気功というものは腹式呼吸が基本にあるからです。未だ日本では正式に治療行為として認められてはいませんが、中国医学(以下、中医)では正式な治療法として確立されています。人間が持っている自ら治そうとする力を引き出すために気功を作り出したのです、2000年以上前から。多くの人の経験と治療効果により現在に至っています。本物の気功は空気(専門用語で気)を丹田(臍の下約10センチ下の奥)に取り入れ、その丹田に集めた気を身体の正中線に沿って回したり、経絡(ツボの流れ)に沿って全身に行き渡らせたりするのです。また頭頂部から気を取り入れ丹田に入れた気を、足の経絡を通して土踏まずにあるツボから悪い気を追い出す方法もあるのです。気功は決して激しい動きをすることはありません。質問者様の通われてる治療院は気功を語ったカイロプラクティックとしか思えません。質問者様がパニック障害を患っていらっしゃるなら、精神科もしくは心療内科で専門治療を受けられたほうが宜しいかと存じます。ちなみに私は気功を始めて15年以上になりますが、感情の高ぶり、面接時の落ち着きなども良い方向に出ております。一度、気功に関しての専門書、またはサイトなどで検索されてはいかがでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E5%8A%9F

投稿日時 - 2009-07-18 00:36:57

ANo.1

骨をボキボキ鳴らす治療…頭を押さえてクビを回してみたり、横にして上から押さえたり、背中を押して鳴らしたり…でしょうか。
これは初期のカイロプラクティック(以下カイロ)だと思います。現在日本ではカイロは治療法として認められていないので、別に違法ではありません。
しかし、カイロでも初期の療法で、新しい技術を勉強していれば最小限に留めているはずです。(ガクンと落ちる特殊なテーブルを使った場合には必要な場合にのみ行なわれます)
むしろ保険が使えるのは柔道整復師など限られており、保険でこの治療をする方が違法になる可能性があると思います。
実際の施術内容側から無いと判断できませんし、私は整体や鍼灸の専門家ではありませんので詳細は不明です。ただ、縁あって20年ほど前にカイロの勉強をした時には、既に古い治療法と言われていました。
それに、この療法はキチンと勉強をしていないと関節を壊して酷い目に遭います。
資格は不要ですし、必ずしも義務付けられてはいませんが、少なくともカイロプラクティックの全国的な団体か世界的な団体での研修を受けている必要があると、私は思います。

むしろ問題はパニック障害に対する説明でしょう。「絶対治る」とか「辞めると悪くなる」などの説明は違法性が高いと思われます。
確かに現代医学よりカイロ(これも西洋療法です)や鍼灸、漢方などが勝っている場合はあります。だから医療保険でも補助的療法として認められているのです。
中国では気功も治療法として認められていますし、私も実際に遠隔地治療の実験に立ち会った事がありますので、否定はしません。
しかし、日本で真に気功を行なえる人は少なく、多少の動きは認められていても、治療というレベルの人は知りません。
私は今のところ、日本での気功治療は認めてはいません。

カイロで言えば、強制的に変位を矯正するので、一時的にだるさや関節痛を引きこす事はありますが、症状が重くなることはありえません。それではしないほうがマシということになります。
まして今回はパニック障害であり、関節などの変位とは違います。神経伝達がスムースになれば、心因的症状は軽くなるはずです。

これはあくまでも私個人の見解なので、これを以ってどう解釈されるかは自由です。

投稿日時 - 2009-07-18 00:14:03

あなたにオススメの質問